ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

てんちょの独り言

301号バージョンアップ

来たる6/16THREEHUNDRED meeting TSUKUBAに向けて当店のデモカー301号のお色直しが完了です。
新発売のTHREEHUNDRED es-02 magという鍛造マグなホイールをインストール!
そしてこの更にやる気ホイールに変更した事で足回りの仕様も変更しました。
RE12Dというサーキットスペックのタイヤのおかげでコーナリングスピードの上がったマシンに合わせて前後キャンバーをセットし直しました。
フロントは未曾有の4度という領域。
これに合わせてリヤはTHREEHUNDREDアライメントシムセッティング2でキャンバー1度更にトーの適正化を測りました。

4度変更で更にホイールを外側に出すことが可能になりましてすこはスペーサーで更にワイドトレッド仕様になりました。

さっそくフジスピードウェイでテストを行ってきました。

今回はいつもこの車を開発している黒岩巧選手も急遽駆けつけてくれて評価してもらいました。

黒岩巧選手は今度のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAでもイントラクターとして一日会場におりますので是非参加される方はご自身のドライビングだったりカスタム、セットアップにと相談してみてくださいね。

ホイールの軽量化に伴う軽快感はもちろんのことですが、一番はやはり過度につけたキャンバーの方向性がどうなのか?
というところでしたがブレーキングからターンインまでも乗りやすく12Dの良いところが更に引き出せそうな予感であります。

THREEHUNDRED meeting TSUKUBAに参加のみなさま当日はTHREEHUNDRED現行デモカーだけでなく301号も是非みにきてくださいね。

またTHREEHUNDREDさんの方で告知させて頂いております。RE71RのプレゼントキャンペーンやesホイールとRE71Rの試し履き企画など行いますので当日はこちらも是非よろしくお願い致します。

耐久レースに参戦してみませんか?

急遽決まりました!耐久レースを一緒に走るお仲間を募集します!
今年ミスタータイヤマン三鷹店でチームを組んで耐久レースに参戦することが決定致しました!

参戦するレースはK4-GPという軽自動車の耐久レースになります。
(富士スピードウェイのグリッドに100台を超える軽自動車が並ぶ姿は圧巻ですよ)
耐久レースといえどもエコラン競技ですので、最初から最後まで目を三角にして全開で走るような競技ではございません。
是非この機会に競そうということだったりチーム一丸となってゴールを目指すという達成感を一緒に味わってみませんか?

(以前お世話になっていたチームのみなさまとの記念写真。レースもそうですがレース後のみなさまと打ち上げがとにかく楽しかったです)
私も縁あって約10年ほど前からほぼ毎年お盆の恒例イベントとして参加させていただいております。
今までは既存のチームに参加させて頂いている立場ではありましたが今回はチームを立ち上げての参戦という形になります。
いろんなチームさんでたくさんの経験をさせて頂いたことは仕事にそしてサーキットで自分の車を走らせる事にたいしても大いにプラスになっております。
最初の一歩の難しいレース競技ではありますが気になる方は店頭ないしは是非お問い合わせください。
このレースに出場するにはK4-GPのライセンス講習を受講することは必須となっております。
6/9と8/12日の二日間ございます。
詳細はレース公式ページよりご確認ください。

チームメイトを募集するにあたってサーキット走行の経験、未経験は問いません。
腕に自信がないからといって躊躇しているのであれば是非まずはご相談頂ければと思います。

まだ誰が乗るかも決まっていない状態で車だけ決まりました!
これからこちらのブログにて進捗状況をご報告出来ればと思います。

es-02 mag早速お取り付け

昨日入荷いたしましたマグホイールes-02mag
オーナー様大変お待たせいたしました!

新品POTENZA RE-71Rを組んでお取り付けさせて頂きました。

車両と同じグリジオカンポポーロで塗装されております。

ファーストロットはやはりその軽量さからもサーキットユースな方からのオーダーが多いです。

こちらのオーナー様のリム組み時にこのホイールの驚きのバランスを動画で納めましたので是非ご覧ください。

ホイール単品ゼロバランス!
品質、精度共にご安心してご使用頂けるマグホイールです。


本気タイヤRE12Dでサーキットアタックから街乗りまでガンガン履き倒して行きますのでマグホイールの気になるあれこれございましたらお気軽にお問い合わせまたご来店時お声がけください^ – ^

GW突入!タイヤのトラブルには十分お気をつけください。

先日お越しのお客様。
パンクしてパンク修理はしたんだけど心配だからとタイヤ交換でご来店。

いわゆるクイック修理というタイヤをホイールから外さず外からの修理だったようです。
今回当店には交換でご来店ですが外してみてビックリです。

中にはタイヤカスがたくさん。

なんでこんな状態になっているのか?
タイヤの空気圧が著しく低下している状態で、走行を続けるとこうなってしまうのです。

サイドウォール部を裏側からみた写真です。
空気圧が低い状況で走行を続けると一番負荷がかかるのはサイドウォール部です。

サイドウォールが車体の重さを支えきれずホイールリム部で攻撃してしまうのです。
タイヤを外さなくとも私たちのように常にタイヤと接している人間であれば外側からこのような状態になっていることが判別は可能です。
こういった場合は修理をお断りさせて頂きタイヤ交換を強く推奨しております。
ここを確認しないで安易にクイック修理を行って欲しくないのです。
またタイヤ交換と修理ではかかる金額が大きく変わるのでお客様のお気持ちもわかりますがタイヤ屋さんやガソリンスタンド、ディーラーさんで修理負荷といわれたタイヤを無理強いして修理してもうらう事をやめて欲しいのです。

ここまでひどい状況をご自身の目で見れば当然修理という選択肢は出てこないとは思いますが、タイヤの負荷能力はこれほど落ちてしまうのです。

うちのスタッフ70キロが座っただけでこの通りです。
これではいくらエアを入れても車は支えられませんし走行なんてもってのほかだということがおわかりかと思います。
これからのGWでの長距離ドライブ。
トラブルに見舞われることもあると思いますが、運転も車のメンテナンス安全最優先で楽しい休日にしてくださいね。
当店はゴールデンウィーク中は休まず営業しておりますので何かお困りごとご相談ごとございましたらお気軽にご来店くださいね。
ゴールデンウィーク明けの7.8日でお休み頂きます。

デモカーご来店

RAYSさんのデモカーが新作ホイールを引っさげて遊びにきてくれました。

海外で特に人気のあるHOMURAブランドの中でもスポーティーを売りにしたHYUGAブランドのホイールを装着しております。
ドレッシーでありスポーティーをコンセプトとしているのでどちらかというと輸入車よりのラインナップになるのかなと思います。
今回のデモカーもVW Golf
まさにこういったホイールにうってつけの車種選びですね。

HP10という新作ホイール

こういったありがちなデザインのホイールってどれも一緒に見えがちなんですけど細かい所の処理、例えばエッジだったり切削加工だったりのデザインでいかにも安っぽくみえたりして非常に難しいんですよね。
逆もまたしかりでそのあたりをしっかりしていると非常に車が上品に仕上がります。
このホイールそのあたりはさすがのRAYSといった仕上がりだと思います。

そして逆サイドはまた同ブランドHP07という7本スポークのホイールです。

このあたりのデザインはRAYSさんはお手の物ですね!

車高調とホイール選びだけでここまで車は変わります。
人とちょっと違う個性をアピールしたい方、是非是非お問い合わせください。

大変長らくお待たせしました!

ロングセラーホイールTHREEHUNDRED es-04
飽きの来ないデザインとカスタム性の高さでアバルトオーナー様からとても多くご支持を得ております。
ご遠方よりご来店頂きご相談しながら仕様を決めたes-04がやっとこさ入荷です。

カッパーの中でも明るいモナコカッパーをチョイス頂きました。

そしてインセットも攻め攻めの深リムディスクをお選び頂きました。

7.5-17 オフセット21は以前301号にも装着していたes-04と同じ仕様です。

ブレンボキャリパーが支流となっております昨今ではございますがオーナー様のお車はシリーズ4の限定車でしたツリーズモのマニュアルでしかもCというシャレオツ仕様

ツーリズモなのでノーマルキャリパーでより深リムが目指せました!

KW Ver1で落とした車高にベストマッチしました。

今回のホイール取り付けにあたって足回りも色々と調整しております。
まずはリヤ車高を目一杯まで下げました。

ノーマルキャンバーだと完全にはみ出してしまうフロントもKW車高調であればストラットボルトが長穴加工されておりますので比較的簡単にキャンバー調整が可能です。

現状のキャンバーからちょうど1度プラスさせて頂きました。
ここを変える変えないでは全然仕上がりがかわってしまいます。


おかげさまでたくさんのアバルトにたくさんの車高調、ホイールを取り付けさせて頂き色々なノウハウが出来ました。
シャコタン、ツライチから車検対応の範囲でのカスタムまで幅広くオーナー様のニーズにあったご提案させていただいておりますのでみなさま是非遊びに来てくださいね。
オーナー様ご遠方よりご来店誠にありがとうございました^ ^

夜です!

試験的に行われ始めているフジスピードウェイの夜間走行枠。
夜19時からサーキット走行なんて非現実!?
ということで人柱で調査してまいりました。

ライトアップされたフジはなんだかいつもと違う雰囲気。
緊張感が走ります。

初のNS4枠の一番最前をGETしました!

実際走る前はハイビーム使っていのかな?とか安全面はどうなんだろう?
色々なことを考えましたが、流石のフジスピードウェイ。どこのコーナーでもクリップが見えないということはなかったです。
もちろん走りやすいの昼ですが、プロの方々だと路面温度が低い分こっちの方がタイムがでてしまうんじゃないのかな?というぐらい比較的安心して走れました。

こちらが富士スピードウェイ夜間走行動画です。

これよりかは実際もう少し明るく見えます。
これを機会に是非草レース会でも24時間耐久レースとか開催されたらいいななんて思ってしまいました。
仕事が早く終わった日はフジ!なんてCMが流れちゃうような楽しい社会にならないかな^ – ^

サーキットデビュー!

私店長マツモトが鈴鹿から帰ってきたと思ったら今日お休みの当店スタッフが愛車ミニクーパーSでフラフラっと遊びに来ました。

明日の定休日に日光サーキットに走りに行くそうです。サーキットデビューとなる明日。自分がはじめてサーキットを走った時の事を思い出しました。

社会ではまったくもって必要のないスキルかもしれませんが、自分の車を思いのままに走らせられるようになる快感は走った人にしかわからないと思います。これを機会にもっともっと車にもタイヤにもドライビングにも興味をもって勉強してもらえたらなって思います。

明日は私は行きませんが当店の301号もプロドライバー黒岩巧君のドライブに参加します。事あるごとにドライブしてもらっているのですが、RE12Dというハイグリップタイヤ、新しいTHREE HUNDREDのブレーキパッド、なによりも新機軸のチューニングECUをプロの視点から評価してもらおうと思います。彼はたくさんのドライビングレッスンなどのインストラクターをこなしているのでいわゆる私たちのようなアマチュアサーキットユーザーさんの欲しているのをわかっています。速いセットと乗りやすいセットが違うようにその道具をどう使ったらいいかをこちら目線でフィードバックしてくれるので非常に助かっています(^ ^)

さてまた話は変わりまして、

こちら今週木曜日のフジスピードウェイの走行スケジュールです!

なんと19時10分からという走行枠があります!

サーキットナイター!なんだかスキーみたいでワクワクします!

ライセンス所持されてる皆様ご一緒にいかがですか?

ユーロスタイルクラフトさんを訪問しました。

昨日は岐阜に宿泊して本日は名古屋ドーム近くにあるユーロスタイルクラフトさんという同業とは恐れ多いですが東海地方を中心にたくさんの店舗を展開しているタイヤショップさんにお邪魔させて頂きました。
とても大きな店舗一番目立つ所にABARTHが止まっています。
実はこちらの店長さんがABARTH乗りでして、同じタイヤショップ店長でABARTH乗りということもあって一度色々とお話を伺いたく思っておりまして今回の鈴鹿遠征の機会にお邪魔しました。

店内には500も展示されております。

クラフト別注のホイールがビシっと決まっているデモカーさん

ちょうどアバルト乗りのお客様もいらしていて色々と情報交換出来ました。

こうして同業の方とじっくりお話する機会というのはなかなかなくて、非常に勉強になりました。
東海地方でアバルト乗りでこれからカスタムをお考えの方は気さくなアバルト乗りの店長さんがいるユーロスタイルクラフトさんに一度遊びに行ってみてはいかがでしょうか?


名古屋名物、山本屋本店の味噌煮込みうどんを頂きこれから東京に帰ります。

鈴鹿へ向けて

明日鈴鹿サーキットで行われるTHREE HUNDREDさんのイベントに参加すべくこれより三重県へ向かいます!

F1ではなんどもお邪魔している鈴鹿サーキットですが走るのは初めて。

天気が良いと1コーナーの先に海が見えるようです!

初めてのサーキット、事故なく楽しみたいのと、いつもはお会い出来ない関西東海地方のオーナー様とたくさん交流出来たらなと思っております。

鈴鹿のS字で絶大な威力を発揮するであろう6点シートベルト導入いたしました!

私店長マツモトは14.15とお休み頂きます。お店は通常通り営業しております。何卒よろしくお願いします!