ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

ホイール

シビックTYPE-R(FK8)にスタッドレス装着をお考えの方

ホンダの本気TYPE-R
現行といえばこちらシビックタイプR FK8

昨日お客様からお問い合わせを頂きまして、自分の不勉強さを反省する結果となりまして、またお乗りの方には色々とご提案出来るんだなと、これからスタッドレスタイヤをご検討中の方には少しでも有益な(お乗りの方からすると当たり前の事かもしれませんが)情報になるかなと思いましてブログにしておきます。

civic type-R FK8こちらのお車FFにして300馬力オーバーのモンスターマシン!
それだけにすべての装備がハイスペックな物が取り付けされております。
事タイヤ屋さん目線で言わせて頂くと大口径のタイヤ、ホイール。
そしてビッグキャリパーのブレーキシステムです。
装着されている純正装着タイヤのサイズは245/30-20!
もしこれでスタッドレスホイールセットで揃えようと思うと、、、、
タイヤ代だけでざっと40万円はかかります。(怖いのでホイールの値段は調べておりません)
また245/30-20というタイヤサイズですと選べるスタッドレスの銘柄もかなり限定されてしまいます。
方々調べた所(今まで知らなくてすみません)こちらのお車は色々と一般的な国産車と変わっている所があるのがわかりました。
国産車で主に使うPCDではないんです。
BMWなどで採用されている5H-120という国産車としてはちょっと特殊なPCDを採用しております。
これだけでホイールの選択肢が結構狭まってしまいます。

ただ調べていくとビックキャリパーではありますが18インチまではインチダウンが可能な事がわかりました。
ただここで問題が、、
実際業界的な話にはなるのですが、この手のスポーツカーや趣味性の高い車種の場合、アフターのホイールメーカーが設定するホイールってドレスアップの観点から純正ホイールのサイズかそれ以上に大口径の物になります。

なのでいくらインチダウン出来ても装着出来るホイールが無ければなんの意味もありません。
PCD-120という事を考えるとその他車種用設定の流用も中々難しい。
こりゃあ大変かなぁ~思っていると、なんとも走りにこだわったシビックタイプRだからこその答えがそこにありました。

ユーザー様の方から非常に18インチを求めるお声が多く比較的アフターホイールメーカー各社FK8用に18インチのホイールを設定している事が判明しました。
これは私の憶測の域ではありますが、ほぼ間違いないと思います。
なぜシビックユーザーさんが18インチを求めるか?
これはタイヤサイズによる銘柄の設定にあると思います。
18インチ化することでスポーツ走行を楽しまれる方には国産のハイグリップラジアルやSタイヤなど、よりサーキットを走る事に適したタイヤをチョイスすることが可能になるからです。
走りにこだわるユーザーさんが多いからこその設定だなと勝手に納得致しました。

アツく語っておりますがたぶん当たり前の事なんですよね汗
本当に自分の不勉強さを恥じるばかりであります(-_-)

現在ご検討中の方にいくつかそんなホイール達をご紹介したいなと思いまして今回記事にしております。(ここではあくまでスタッドレスタイヤへの装着を考えてデザイン性もありながら比較的安価な物をご紹介させて頂きます)

まずはスポーツカーにはおなじみRAYSから

gramLIGHTS 57Transcend
純正ホイールにも採用されている配色で違和感なく装着出来ます。
今回紹介する中ではちょっとお高め。

つづきまして

Weds Sport RN-55M
デザインと価格のバランスが素晴らしいなと思い個人的にはとってもおすすめです。
wedsらしいブルーのアクセントの塗装もカッコイイですよね。

ちょっとこっちは番外偏

HAWNER W07
コスト的に一番お安く出来るホイールならこちらになります。
デザインはありきたりにはなりますが、上二つに比べてグッとお求めやすい価格でご提案可能です。
メーカーにてマッチングも確認済みの商品です。

毎年毎年たくさんの新車が発表されてそのすべてのマッチングを把握しているのは非常に困難です。
お問い合わせを頂いたお車についてはしっかりお調べしてお客様にベストなご回答を出来るよう努力しておりますのでお困り事ございましたら是非お問い合わせください。

スペシャルオーダーTHREEHUNDRED es-04トランスカッパーをABARTH124Spiderに装着

ABARTH124SpiderにTHREEHUNDRED es-04のスペシャルオーダー
トランスカッパーを装着させて頂きました。

以前当店デモカーにも装着していたこのホイール。
非常に購入後の満足度の高い一品でございます。

明るい時間帯ももちろんですが暗い時間帯にはまた違った表情を見せてくれます。

このホイールは純正ホイール+スペーサーでの見た目に合わせてオフセットを決めて制作しました。
お客様のニーズによって前後異サイズも選べますし車検対応にすることもあればギリギリを攻めることも出来るのが3ピースの良いところ。

124Spiderのカスタムのご相談も是非当店にお任せください!
皆さまのご相談お待ちしております!

アバルトカスタム車高を下げてホイールをアップデートしました

ディーラーさんでは増税前の納車ラッシュなのでしょうか?
納車ほやほやのご来店が今月は本当に多いです。
先日はシリーズ4595のオーナー様ご来店
ベースグレードということで16インチだったホイールをインチアップ。
そして気になる車高もなんとかしたいということでご来店。

車高は当店でも定番のTHREEHUNDREDロワリングスプリングキットで下げました。
ダウンサスで乗り味も確保できなおかつしっかり落ちるのでこれは非常におすすめでございます。

ホイールはヨコハマタイヤの展開するADVAN RG-D2
こちらはリム部のポリッシュ加工にて2ピースっぽく見える1ピースのホイールです。

鋳造ではございますがフローフォーミングの為なかなかの軽量なホイールです。
デザイン的にクラシカルイメージにしたい方にはおすすめのホイールです。

車高が落ちてワイドになりました。

ベースグレードのストライプなしもこうなると一気に見た目が変わりますね。
また同時にTHREEHUNDRED チューニングECUも施工させて頂きました。
シリーズ4はコンペ、ツーリズモとベースグレードでタービンが違います。
もちろんアバルト専門ブランドであるTHREEHUNDREDはそんなベースグレード用のチューニングECUもラインナップされております。
チューニングという言葉から速さを求めてる人向けと勘違いをされている方もいらっしゃる方もいるかもしれませんがこれははっきりいってアバルトにお乗りの皆々様におすすめ出来る商品です。
日常使いで十二分にその違いがわかります。
もちろんぶっ飛ばせばそれはそれで最高の商品でもございます!
電スロからくる微妙なアクセルレスポンスにご不満をお持ちの方には是非おすすめでございます。

オーナー様ご来店誠にありがとうございます。

 

スッキリまとまりましたABARTH595ホイール サイドストライプ施工

ABARTH595がシリーズ4のイメージカラーと言えばやっぱりイエロー
この派手な車体色に合うカラーって色々あると思うんですが、今回ご紹介させて頂くオーナー様はホワイトをチョイス。
オーダー頂いた時からまず間違いなく似合うのはわかってはいましたが、これほどまでにかっこよく仕上がると私としてもうれしい限りです。

THREEHUNDRED es-02 コルサビアンコに同社のサイドストライプも同時施工です。

車高調で綺麗に落ちた車高に合わせて結構攻めたオフセットでのオーダーでの製作

ツラツラで決まりました!

カスタムってボディ色そしてホイールの色でガラっとイメージの変わります。

とても難しいですがビシっと決まった時はオーナー様もそうなんですが、作業させて頂いた私達も本当に嬉しい気持ちになります。
オーナー様ご来店お買い上げ誠にありがとうございました。

THREEHUNDRED 別注es-04 「Trance Coppe」(トランスカッパー)

THREEHUNDREDのアバルト用オリジナルホイールブランドesシリーズの当店別注の第3弾でございます。

THREEHUNDRED es-04
カラーTrance Coppe(トランスカッパー)

 

まずは改めてes-04のご説明からさせて頂きます。
鍛造ディスクの3ピースホイールです。
アバルトの為に設計されたデザインというだけあって4穴と組み合わせた時のデザインのおさまりがとても綺麗です。
大手メーカーの作る3ピースホイールももちろんカッコいいですが、そこはあくまで汎用性を持たせたデザイン。
現在の主流はもちろん5穴。
5穴にした際にマッチするデザインにするのは当然事でございます。

また見た目だけの物でない鍛造ディスクを採用することで軽量かつ高剛性。
そして加工精度にもこだわりバランスもとても素晴らしいホイールです。
(その精度につきましてはこちらの記事でご紹介させて頂きました)

そして3ピースというその特性を生かしたテーラーメイドな一品を仕上げる事が出来るのがなによりes-04の一番の特徴でございます。

オーナー様の個々の足回りに合わせたオフセットのチョイスにはじまりカラーオーダーも非常に細かくお受けすることが可能になっております。

さて改めて当店別注のトランスカッパーについてご説明させて頂きます。
鍛造ディスクを採用しているes-04。
当店の別注モデルすべてに共通していることは、鍛造でしか表現できない金属加工独特の表現です。
鍛造ホイールを磨きこんだes-02バフフィニッシュ
金属加工によって表現されたes-02ブラッシュドヘアーライン

そして今回のトランスカッパーは鍛造ディスク部分にカッパー色のアルマイト加工を施しクリアコーティング。

鍛造ディスクであり元々の金属加工が透けて見えるこの技法は元々の金属加工精度が高く加工面の綺麗なディスクでないと成立しない物です。すべてをメイドインジャパンにこだわり信頼のおける職人さんとの関係があるからこそ提案そして実現できるカラーリングです。

3ピースならではの自由度の高さを生かしオンリーワンのアバルトに仕上げてみませんか?

THREEHUNDRED es-04

THREEHUNDREDのオリジナルホイールブランドesシリーズに新たなる選択肢が加わりました。

鍛造ディスク3ピース es-04
es wheel es-04 FORGED 3pice WHEEL FOR BREMBO CALIPER 85000円(税抜き)
es wheel es-04 FORGED 3pice WHEEL LOW DISC 80000円(税抜き)
ABARTH ホイール es-04
(こちらは特注色のオレンジになります)

3ピースホイールならではの自由度の高いオフセットチョイスでオーナー様の理想の形により近づける事が可能です。
またホイールのサイズ選定につきましてオーナー様とご相談の上、理想のオフセットサイズをご提案させて頂きます。

ABARTH ホイール es-04
特にブレンボキャリパー車には抜群の存在感をお約束します。

ABARTH ホイール es-04

ABARTH ホイール es-04

カスタム魂に火のついたアバルトオーナー様是非お問い合わせお待ちしております。

THREEHUNDRED 別注es-02 BRUSHED Hair Line

threehundredes02brushed

ABARTH専門のパーツブランドTHREEHUNDREDのABARTH用に開発されたABARTH500から695までブレンボキャリパーにも対応した17インチ鍛造ワンピースホイールです。
es-02は軽さだけでなく高剛性がが売りです。履いた方には明らかに違いのわかる剛性感、車が軽やかになる感じお客様のお車を見た目、性能共にワンランク上の車にします。

 

THREEHUNDREDのes-02の当店別注verをご紹介します。
es-02ブラッシュド(ヘアライン加工)です。
7J-17 オフセットPCDオーダー可能です。
定価1本76680円(税込み)

IMG_5160_R

出来上がった鍛造ホイールを磨き、その後あえて引っかいたような傷のような加工を施す事で鈍い光を発する金属加工方法です。写真では中々質感を伝えることが難しいのですが、アップの写真をご覧ください。
IMG_5170_R

IMG_5171_R

IMG_5172_R

IMG_5173_R

当店のもう一つの別注ホイールと言うならば真逆の金属加工での表現となります。
金属の元々持つ独特の風合い、迫力があります。
当店デモカー301号の装着画像をご覧ください。

IMG_5312_R
IMG_5299_R
IMG_5300_R
IMG_5308_R
IMG_5309_R
IMG_5344_R

金額はその他ホイールに比べて少しお高めに感じると思います。
ですが必ず見た目、機能共にご満足頂ける物と自身を持っておすすめ出来る本物のホイールです。

THREEHUNDRED 別注es-02 BUFF FINISHED

threehundredes02bufffinished
ABARTH専門のパーツブランドTHREEHUNDREDのABARTH用に開発されたABARTH500から695までブレンボキャリパーにも対応した17インチ鍛造ワンピースホイールです。
es-02は軽さだけでなく高剛性がが売りです。履いた方には明らかに違いのわかる剛性感、車が軽やかになる感じお客様のお車を見た目、性能共にワンランク上の車にします。
THREEHUNDREDのes-02の当店別注verをご紹介します。
es-02バフフィニッシュドです。
7J-17 オフセットPCDオーダー可能です。
定価1本76680円(税込み)
IMG_4905_R
鍛造ホイールだからこそ出来る表現。
当店の別注ホイールは金属加工で魅せるホイールの存在感が最大の売りでございます。
IMG_4901_R

ABARTH595への装着画像
IMG_4961_R

IMG_5465_R

IMG_5468_R

IMG_4959_R

通常のオフセット以外にも受注で希望のオフセットでの製作が可能ですので、ノーマル車高からサーキットスペック、はたまたスタンス系の車高短までご希望のオフセットでの製作が可能です。
また上記ホイールでは純正センターキャップ対応での製作となっておりますが、もちろん通常ラインナップのTHREEHUNDREDのセンターキャップ仕様での製作も可能です。
シンプルですけど出来そうで出来ないこのデザイン。
店頭にて当店デモカー301号にて質感や装着イメージもご確認出来ますので、お気軽にお立ち寄りください。