ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

作業内容紹介

こだわりがいっぱい詰まったこだわりの足回りTHREEHUNDRED サスペンションキット Pro

THREEHUNDREDアバルト用に開発されたサスペンションの最高峰キット。
サスペンションキットPro

プロ用の足!というわけではもちろんありません。
ただし上級者からのこだわりのセッティングにも応えられる完全オートクチュールのモデルとなります。

低速域での快適性能とサーキットなどの大きな入力に対して必要とされる性能は相反する部分です。
懐深いサスペンションキットストリートには補いきれないその先のニーズにも完全対応します。

本日当店のオーナー様にお取付させて頂きました。
当店としてははじめてのお取付でして改めてその商品について取付ながら気づいた作り手のこだわりの部分をご紹介したいと思います。
まずは足回りの構造上かなり短いリヤサスペンションの油量を補う為に完全に新設計されたオリジナルのリヤサスペンション。

アルミのシェルケースは非常に軽く決してリザーブタンクをつけたからといって重くなるということはございません。

今回お取付させて頂いたサスペンションの仕様はデモカー298と同じ仕様となります。
街乗りでのフラットな乗り味はそのままにサーキットでのセッティング幅も大きく持たせているこの仕様。
正直今まで乗った事のないタイプの足です。

このモデルにはかならず仕様のラベルが張ってこざいます。
ご注文の際は是非ご自身の用途を詳しくお伝えください。
ご希望に答えるサスペンションがきっと手に入ります

そしてもう一つのこだわりがこちら。

フロントサスペンションのストラットの取付穴です。
上部の穴が長穴加工になっているのが見えると思います。
ここの取付位置でフロントキャンバーを変更出来るようになっています。
さらにここからがびっくりのすごいところはその長穴に合うブラケットが付属しています。
2種類付属していまして取付方向で4段階のキャンバー調整を容易に可能にしています。
このブラケットがあれば走行を重ねていってのキャンバー変化が起きる可能性を激減させてくれます。

取り付けた感じです。

取付後にアライメントテスターに乗っけるとなんと左右差が0.01度というかなりの高精度。
これはかなり使えます。
ピロアッパーの調整よりも簡単にずれなくキャンバー変更出来ます。

品物の代金はなかなかの物ですがそれ相応の価値のある商品であることは間違いありません。
サスペンションは特にお取付してからが本当のお付き合いになります。
ただ付けて終わりでなくこれからサーキット走行を楽しむにつれ好みやスキルの変化も出てくると思います。
まずはこの足の特性に慣れて頂き、思いっきり楽しんでもらいそこからまた新たなステップアップをご用意しておくことに致します^ ^
オーナー様お買い上げ誠にありがとうございます。

ランフラットのタイヤ交換もお任せください。

BMW E90のオーナー様タイヤ交換でご来店です。
このお車に純正装着された事でランフラットタイヤという物が一般的に周知されたような気がします。

今でたくさんのメーカーから銘柄を選べるようになったランフラットタイヤ。
ミシュランのプライマシー3のランフラットタイヤをお選び頂きました。
金額も同じ銘柄のランフラットでない物と比べるとそんなに遜色のない金額になりました。


空気圧モニター(RPA)をリセッティングして作業完了です。
BMWに限らず専門店としてタイヤの事ならばなんでも相談に乗れるよう日々努力しております。
お困りごとございましたら是非ともご相談ください。

空気圧センサーでスタッドレス装着に二の足を踏んでいる方へ朗報

レアサイズで国内に少量しか入荷してこないサイズのスタッドレスタイヤって実は結構あるんです。
いざ必要っていう時に国内在庫がなくご対応出来ない場合もありますので、輸入車の方は特にお早めのご成約がおすすめです。
当店はご成約頂けましたら年内いつのお取付けが可能となっております。
(大晦日まで休まず元気に営業しております)

さてそんなスタッドレスタイヤのお話です。
昨今各メーカー色々なタイプがございますが、空気圧をリアルタイムでモニタリングするセンサーが純正で装着されている車が増えました。
このセンサーを取付ないで装着すると警告等がつきっぱなしになったりと、何かと不便なのです。。


(こちらはポルシェマカンの空気圧センサーの設定している所)
当店では純正の空気圧センサーの識別番号を読み出す事。
そしてそのセンサーとまったく同じダミーを制作して再設定することなくモニタリングシステムを作成することが可能です。

ほぼすべての車種に対応するテスターをご用意しております。

純正センサーを別で用意して毎回リセッティングしているとせっかくホイールセットで購入して付け替え工賃が安いの高くついてしまいます。
是非当店にご相談くださいませ。

レクサスなどでインチアップする際の課題〜空気圧モニター〜

レクサスをはじめとする純正で空気圧モニターが採用されている車種はインチアップなどでホイールを変更する際にその空気圧モニターがある意味一つの障害になる事があります。
付属のバルブをそのまま使用すれば信号を受信できずパネルには空気圧異常などの警告灯がついてしまいます。
結構警告灯つくと気になるんですよね。。
今回レクサスGSのオーナー様よりインチアップのお話を頂きまして、当店の秘密兵器の出番と相成りました。

こちらの機械を使用して純正で使用している、空気圧センサーの個別の識別番号の情報を確認します。

この機械ではセンサーで確認できている情報を確認できるので、空気圧センサーの異常などを確認する事も出来るのでもしパンクでもないのにセンサーついちゃうという方も是非ご相談くださいね。

内圧の他タイヤの内部温度中もモニタリングしているんですよ。

そしてこのファミコンのROM吸い出し機みたいな機械で新しいなにも情報の入っていないまっさらな空気圧センサーにまったく同じ識別番号を割り当てる作業を行います。

これを新しいホイールに装着すれば車側の再設定をすることなくまた新たに履き替えた際も再設定をする事なく正常に空気圧をモニターする事が可能です。
これがネックでインチアップを躊躇していた方。スタッドレスタイヤに替えるたんびにディーラーさんで再設定されていた方。
是非当店にご相談くださいね。

末長くアバルトを楽しみたい

大きな箱に入って店頭に到着したのはビルシュタインB14キット

ご注文頂いたオーナー様は2回目の車検を通す事にしてせっかくの機会、そして末長くアバルトを楽しみたいという事で見た目とへたりの感じられる足回りをリフレッシュを決意。
へたった純正足からの交換で比較的リーズナブルにバージョンアップを果たせます。
今回は走行距離の観点からもアッパーマウントもご一緒に交換させていただきました。

B14キットの中身です。

青いバネが特徴のビルシュタイン。見た目にも鮮やかです。

取り付け前の下準備

車高調整の際に動かすネジ部にカッパーグリスを塗布しておくとその後の車高調整の際にもかじりづらくなるので、当店で車高調を装着する際には必ず施工させていただいております。

ホイールも17インチへインチアップ。

MAK トリノとコンチネンタルMC6のセットでお買い上げ頂きました。

機関的にも非常に丈夫なアバルトさん

せっかくの走りが楽しい車。
このリフレッシュでまた走るのが楽しくなっちゃいますね!
オーナー様お買い上げ誠にありがとうございました。

待望の、、、、THREEHUNDREDカーボンリヤウィング装着(作業工程あり)

ここの所日に日に変貌を遂げている当店のデモカーABARTH500.301号
私の元に嫁いで来た時はこんな感じでしたね。

当時のTHREEHUNDREDにラインナップされていたパーツがすべて装着されていた301号。

それからもコツコツいろんな所にアップデートを重ねて今日がこちら。

先日リリースされたTHREEHUNDREDボディキットのワイドフェンダー以外はすべて装着されております。
タイヤ屋さんとしてはやはりノーマルフェンダーでの限界に挑戦したいという気持ちがありこの使用になりました。ワイドボディにいくには勇気がという方、まず当店のデモカーを一度見に来て下さいますと幸いでございます。
さて最後に装着したこれまた単体でもこれからオーダーの多く頂きそうな発売まえから注目度の高いTHREEHUNDREDカーボンリヤウィングをご紹介させていただきます。

ABARTHの持つ全体的になイメージを崩す事なくスタイリッシュな仕上がりなこちらのリヤウィング。
汎用品とは違うその車に合わせて設計製造されたウィングさすがの仕上がりです。


マウント一つ取ってもこだわりの納得の仕上がりです。

装着すると覗きこまないと見えない所にこだわりを感じるブランドロゴ。

さてその装着工程のご紹介です。
まずはボディのセンター出しです。これがづれているとせっかくの専用設計の意味が全くなくなってしまいます。
なんども確認してしっかりセンターだしを行います。

ウィングとマウントを組み付けた状態でセンターを合わせた部分でマウントを仮に固定します。

この位置は絶対にずれないように施工しなければいけない部分ですね。

そして小さい穴から徐々に大きな穴へとドリルで新調に作業いたします。

空けた穴にはこの専用の部品を埋め込みます。

初めて見たこの部品。埋め込んでから上からビスを差し込むとスライドして中で開く仕組みになっています。

そしてネジを締め込んでいくとこの開いた部分とボディをしめ込めるという優れもの。
ユーザーさんにはなかなか見えない所までこだわりがいっぱい詰まってるんです。
大事な愛車に最低限の加工を施すだけで装着できるこれはこのウィングを選ぶだけの十分なメリットだと私は思います。

かなり大きく見た目の変わってNEW301号。

冷やかし大歓迎!皆様のご来店お待ちしております^ – ^

BMW X1 ランフラットタイヤ交換

BMW X1のオーナー様ご来店です。
BMWは純正でパンクしても走行が可能なランフラットタイヤが装着されております。
パンクしても一定の速度で一定の距離を安全に走行することが可能なランフラットタイヤ。
これからもっともっと普及していきそうですね。

お選び頂いたタイヤはPOTENZA S001のランフラットタイヤ。
乗り心地の改善された第三世代のこちらのタイヤは非常にご好評頂いております。
お値段もメーカーからの見直しがあり比較的安価なところもグッドな点でございます。

外した履いていたタイヤには見事に釘が刺さっておりました。

車内モニターにこのように空気圧の以上を知らせてくれます。

車内のi-drive上から空気圧のリセッティングをして警告灯を消して作業完了です。

BMWに関わらず色んな車種に最近は空気圧センサーが付いている車両では空気圧のリセッティングをしないと空気圧が正常でも警告灯が店頭してしまう事がございます。
当店ではタイヤ交換した際にリセッティングさせて頂いております。
様々車種とお付き合いさせて頂いているのでメーカー問わずお困りごとあれば是非お問い合わせください。

タイヤの事ならミスタータイヤマン三鷹店

タイヤ交換時に空気圧センサーのチェックをしています

レクサスISのオーナー様
タイヤ交換にてご来店です。

お選び頂いたタイヤはミシュランパイロットスポーツ4
タイヤサイズはF.225/40-18 R.255/35-18になります。
高速走行からワインディングまでキビキビ走りたいユーザー様にぴったりのタイヤでございます。

さてレクサスには純正で空気圧センサーが装着されております。
ホイールのエアバルブにセンサーがついております。

タイヤがついていると見えません。
このセンサー一つ一つに個別の識別番号がふられておりまして、原則センサーを交換しただけでは車両側では認識できず再設定が必要だったりします。
またこちらのセンサー。完全に密閉されておりまして電池交換はできません。
センサーの電池寿命がきましたら交換となります。

当店で所有していますテスターではこのセンサー情報が無線で読み取る事が可能です。

パンク以外の原因で空気圧の警告灯がついた場合センサー不良も考えられます。
その場合もスピーディーに原因究明が可能です。
また当店でのセンサー交換並びに再設定もおおむねの車両で可能になっております。


オーナー様ご来店お買い上げ誠にありがとうございます。
空気圧センサーは純正で購入するとかなりの金額になると聞いたことがございます。
レクサスも販売からかなりの年数がたってまいりました。
もし空気圧センサーの事でお悩みの方是非ご相談くださいね。

週末に備えて

~明日3月14日(水)当店定休日となっております何卒よろしくお願いします~
今週末はフジスピードウェィでETTCC4時間耐久レース が開催されます。
(去年の当日の模様はこちらから)

サーキットを走るという事は一般道を走行する以上に非常に負荷がかかります。
転ばぬ先の杖ではありませんが、油脂類のチェック交換は是非共に行ってからのぞみたい所です。

そんな当日ご一緒に参加のABARTHオーナー様がエンジン、ミッションオイルの交換でご来店です。

ABARTHに関しましてエンジンオイルはMOTUL、FUCHSの2メーカーで常時在庫しております。
ミッションオイルは上記にメーカーとCUSCOの3メーカーを常時在庫しております。

楽しく走って楽しく帰路につくためにも是非走行前の点検を御忘れずに。

ヒストリックカー用のタイヤもやってます

さて早速ではございますが、こちらの特徴的な顔立ちのお車。
皆さんご存知でしょうか?

ALFA ROMEO 1600 Junior Z
というそうです。(オーナー様に恥を忍んで教えていただきました。)

以前も当店でタイヤ交換させて頂いたのですが、よりオリジナルライクな仕上がりへということで新しいけど古き良きあの頃のタイヤに交換させて頂きました。


ミシュランのXASというパタンのタイヤにスペアを含め5本交換です。
タイヤサイズ165/HR14になります。

XASはチューブタイプのタイヤとなりますので、チューブが必要になります。

こちらがミシュランの上記サイズに適合したチューブです。
ちなみにイタリア製でした。

ミシュランのロゴも当時のままのあの感じ。

多分ではございますが、当時から同じ釜を直し直し使用しているのではないでしょうかね?
当時としてはかなり珍しかったであろう左右非対称のパタン。
特徴的なのサイドウォールにかかる部分の深い山型のサイプです。
コーナーリング時にロールしきった所でブロックとブロックが密着するであろうデザイン。
今見ればまったくスポーツタイヤっぽくはないのですが、色々と考え抜いた末のデザインなんでしょうね(*^_^*)


こちらのお車は後期型で1600CCの排気量のモデルになるそうなのですが、73年式、当時のオイルショックの影響をモロに受けて総生産台数は世界で400台ほどととっても貴重なお車なのだそうです。

ザガードデザインという事もあってまあとにかく凝ったデザインで今の車ではありえないような演出がところどころにあってついつい見とれてしまいました。

そしてオーナー様何も知らないが故に失礼なご質問の数々大変失礼いたしました。


ミシュランタイヤは古くは1930年代から現代のスーパーカーまで幅広いラインナップを持っています。
続けるだけ損な気もしますが流石はヨーロッパのタイヤメーカー。
流通量は確かに多くはございませんがとても幅広いラインアップもご用意しております。

ミシュランのホームページよりサイズラインナップはご覧頂けます。

このような貴重なお車をお任せ頂けるのは非常に励みになります。
また巷のタイヤ屋さんで古いよくわからない車だからといって門前払いを食らってしまったオーナー様、出来る限り力になれるようご相談に乗らせて頂きますので、是非お問い合わせ、ご来店くださいね。

オーナー様いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。
————————————————————-
追記早速オーナー様よりタイヤの印象をご連絡頂きましたので、ご報告させて頂きます。
ミシュラン XASとても良かったです。

タイヤが軽く感じ、乗り心地も良くなり(あたりが柔らかくなりました)ハンドルも軽くなりました。
古いせいもありますが、以前のタイヤは、ごつごつして不快だったのは何だったんだろうという感じです。

このタイヤは、基本的な車の性能をきちんと引き出していると感じました。

少し値段が高いですがこの時代の車には、自信を持ってお勧めできます。

また、今後もよろしくお願いいたします。

————————————————————-