ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

作業内容紹介

オープンカー日和

先日フロントリップスポイラーを装着させて頂きました、こちらの124Spiderのオーナー様。
これだけフロントに迫力が出るとやはりリヤも気になってしまいますよね。

トランクにスポイラーを装着させて頂きました。

・THREEHUNDREDカーボントランクスポイラー

激しすぎない程度に跳ね上げられたデザインと、後付け感のないぐらいバッチリのフィッティング。
ABARTH 124Spider カスタム
こうなると現在開発中のディフューザーも気になってしまいますね。

日差しも強くなく気持ちいい風の吹いていた本日の天気。
気持ちよさそうに幌を開けたオープンカーがどこからともなく集まってきた本日の当店での一コマ。

元オープンカー乗りとしてとっても羨ましかったです。

皆さま本日もご来店誠にありがとうございました。

カスタムオーダーのホイールでオンリーワン

当店でアバルトのユーザー様から絶大なご支持を頂いている、THREEHUNDREDのオリジナルホイールブランドesシリーズ。
その中でも特にカスタム性が高く、ストリートなユーザー様から人気の高いes-04をスペシャルカスタムでオーダー頂きました。
THREEHUNDRED es-04

 

ゴールドクリアで塗装された鍛造ディスクは鍛造ディスクの素地が透けて見えるなんとも艶めかしい表現です。いやらしくなり過ぎないようピアスボルトをブラックアウト。
THREEHUNDRED es-04
こだわりの逸品です。

グリジオカンポポーロにこのゴールドクリアは映えます。
アバルト カスタム
タイヤサイズは205/40-17 銘柄はミシュランパイロットスポーツ3
気になるホイールサイズは7.5J-17 et33 4H-98です。
ノーマルキャリパーで車検対応な範囲でのローダウンでキャンバー加工無しだとこのあたりが目いっぱいではないでしょうか?

ゴールドは色味が非常に難しくしっかりとお客様と打ち合わせの上での発注。
アバルト カスタム
結果イメージ通りの物が出来上がったとオーナー様にも非常ご満足頂きました。
ちなみにこちらの車高はTHREEHUNDREDのロワリングスプリングでスタイリングしております。

THREEHUNDRED es-04
カスタムの自由度の高さもesホイールの特徴です。
是非無理難題を私店長までぶつけにきてくださいね。

ABARTH124Spiderローダウン&カーボンリップスポイラー装着

まだまだあまり街中でも見かける事の少ないABARTH124Spiderのオーナー様ご来店です。
今回作業させて頂いた内容はTHREEHUNDREDロワリングスプリング、カーボンリップスポイラーの施工をさせて頂きました。

綺麗に落ちたスタイルに合わせて純正ホイールにワイドトレッドスペーサーでツライチ仕様にさせて頂きました。

とっても迫力あるTHREEHUNDREDのカーボンリップスポイラー。
装着前後の比較写真です。

約20mm程低くなるこちらのスポイラーですが、ロワリングスプリングでの車高であればそこまで気にして運転しないといけない程低くなっちゃう漢字にはならないですね。

とっても躍動感のあるデザインとおそろしいほどジャストなフィッティングの精度の高さ。
金額だけの価値のあるエクステリアパーツである事は間違いありません。


そしてこちらの124Spider。オリジナルのチャレストラインがとっても似合ってましたね。
いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。

72年式ナローポルシェ タイヤ交換(ピレリP7)

とても愛を感じるナローポルシェのオーナー様ご来店です。

クラシカルというのが正しいか非常に悩むほど綺麗でいて古さを感じさせないこちらのお車。タイヤが車の雰囲気にマッチしていないと常々お悩みだったそうです。

そんなお車のために復刻されたであろうピレリP7を装着させていただきました。

走りにもこだわりのあるオーナー様。

決して絶対的なグリップが欲しいわけではなくこの車らしさを引き出してくれるタイヤをお探しでした。

スポーツカーは乗って操ってなんぼ。

そんな漢らしいけど、ホイールハウス裏まで綺麗に洗われている大事に大事に愛されているお車をお任せ頂き、オーナー様誠にありがとうございました。

タイヤ屋冥利につきる作業でございました。

ホイールでトータルコーディネイト

さて先日のTHREEHUNDRED Test Drive Day MITAKAでのお取り付けさせて頂いた、スペシャルなes-03をご紹介させて頂こうと思います。

ホワイトに赤の純正センターキャップとesロゴが映えるこちらのホイール。


白のサイドストライプとボディ色のレッドとがうまくマッチしていてとってもキュートな一台に仕上がりました。

ホワイトは通常色でのラインナップとなりますカラーですが、もちろんその他カスタムカラーにも臨機応変に対応してくれるのがこのTHREEHUNDREDのesシリーズの良い所。

是非こだわりの逸品でご自身のアバルトをより自分好みにカスタムして頂けたらなと、とっても参考になる一台です。
当日は他のアバルトのオーナー様からも注目の的でした。

受け継がれております。

当店ではあまりよくやる作業ではないですが、引っ張りタイヤ。
これは色々技だったりノウハウがあるようです。
私も私なりに毎度試行錯誤しながら技を積み重ねている最中でございます。
ちなみによくyoutubeで紹介されているビード爆発上げ!
これはプロとして絶対に行わないと心に誓っております。
今回はじめて新品のホイールを購入した、まだ学生さんな180SXのオーナー様から頂いた作業です。

9.5Jに215 10.5Jに235
かなり苦労しました。。
若者の車離れなんて言われてますが、ちゃんと車好きの血は継承されておりました。

そうそうこのオーナー様のお父様は以前12.5Jなホイールだったりしましたね!(^^)!

エマージェンシー

さて本日は定休日を頂いておりまして、何もない休日、私店長マツモトは自宅で高校野球観戦をしておりました。

そんな一試合目も中盤戦に入った頃、いつもお世話になっているオーナー様からエマージェンシー!!

「エンジンかかんない。。」

どうやらバッテリーのようでしたので、工具とブースターケーブル、新品のバッテリーを持ってご自宅まで伺ってきました。

うんともすんとも言ってなかったセルがブースターを繋いだ際に弱々しく回ったことを確認してから新品に交換させて頂きまして、元気いっぱいになりました!

いやはや出先でなくてよかったなーと。

当店テスターも持っておりますのでしばらく交換していないなというオーナー様、備えあればなんとやら、遊びきたついでにちょっと見てよ!とお声がくださいね!

オシャレは足元から!ABARTH 124 Spiderビシっとキマりました!

本日無事オーナー様に引き渡し完了いたしました。
昨日の写真でお気づきの方多かった事と思いますが、ABARTH 124 Spiderにタイヤホイールセットを装着させて頂きました。

THREEHUNDRED es-04 Low-Disk 7.5-17 et33 4H-100(カラーグリジオメタリコ)
215/40-17 コンチネンタル コンチスポーツコンタクト3
こちらのセットで施工させて頂きました。

ご来店直後のお車。
兄弟車のNDロードスターもですが、ちと高めの車高がこの車の持つ雰囲気とは相反する部分な気がします。ましてや3ピースホイールを履くとなると、やっぱり車高も落とします。

当店では特にABARTH500系のオーナー様から絶大な支持を頂いております。
THREEHUNDREDロワリングスプリングにて大人な車高に変更です。

こちらの商品もメーカー自前のデモカー304号に装着してのトライ&エラーを繰り返し、見た目はもちろん走り、乗り心地を追求したカッコだけじゃない魔法のバネとなっております。

こちらが完成図です。

ほどよく落ちた車高。この車高なら実用性も車検も問題無し大人仕様です!
アライメント調整後、試走で近所を少しだけですが走らせて頂きました印象ですと、まず乗り味は非常にマイルドでこれならナビシートからのブツブツは聞こえてこない乗り味です。
あれた路面等でもゴツゴツ感なく、クイック過ぎずしっかりロール感も残っているので気持ち良くワインディングを飛ばせそうだなぁ~という印象でございました。
車高も見ての通りですので非常にオススメでございます。

見た目が非常に目立つこの124Spider

落ち着いたカラーグリジオメタリコが非常にマッチしますね。
でも3ピースならではのピアスボルトとポリッシュなリムがチョイ悪な雰囲気で非常にグッドです!


ちなみにこのスペックはPCDさえ変更すればノーマルキャリパーの500にも十分に履けるサイズです。ワイド&深リムを目指す方は是非ご一報ください。


車高とホイールでここまで車のイメージって変わります。
オーナー様それぞれご要望はそれぞれです。
オーナー様には非常にご満足頂き私も自分の事のようにうれしかったです。
是非皆さまからのこだわりを形にするお手伝いさせて頂きますので、無理難題ドシドシお待ちしております。
オーナー様ご来店お買い上げご遠方より誠にありがとうございました。

 

BMW X1ランフラットタイヤ交換(ピレリチントゥラートP7)

BMWX1のオーナー様ご来店です。ランフラットタイヤの交換は是非当店にお任せください。
かなりの台数のBMWの施工実績がございます。
銘柄のチョイスからお取り付けまで、必ずご満足頂けるご対応をさせて頂きます。

こちらのオーナー様は純正で装着されていた物と同じピレリチントゥラートP7のランフラットタイヤをお選び頂きました。

さてこれは結構比較的新しい年式でもあるあるなお話しなのですが、BMWのセンターハブ、結構錆びている車多いです。ご自身でスタッドレスタイヤに交換しようとした際にボルトは外れているのに車体から中々外れない。と苦労された経験のある方も中にはいらっしゃるかもしれません。

せっかくタイヤを新しくしてバランス調整をしてもこの錆のままだときちんと車体に取り付ける事は出来ません。

綺麗に磨いて錆止めにカッパーグリスを塗布します。
(もちろんサービスで行わせて頂いております)

足元きっちり仕上げてこれからの行楽シーズンの遠乗りもバッチリですね。

ご来店お買い上げ誠にありがとうございました。

タイヤの事ならタイヤの専門店ミスタータイヤマン三鷹店

定期的なメンテナンス、オイル交換は予約不要クイックで承ってます。

ここの所週末イベント続きだった事もありまして、今週末はメンテナンスでお越しのアバルトさんでにぎわった一日になりました。


こちらのABARTH595のオーナー様はミッションオイルの交換でご来店です。

当店ではアバルト用にご用意しているミッションオイルはクスコのチャタリングが出づらいと、LSD装着車にご好評のCUSCO LSD OILと安心安定のクオリティMOTULのミッションオイル(75W-90)を常時ストックしておりますので、いつでもご対応可能でございます。

その後も元THREEHUNDREDのデモカー303号さんもご来店。

こちらもエンジンミッションオイルをMOTULで交換させて頂きました。

なんとも映える2台が揃ったので店舗前でパシャリ。

カスタムもそうですが、なによりまずは車が快適な状態である事が一番です。
クイックで承れるのでフラっとお立ちより頂いてもご対応可能ですので、是非お気軽にご来店頂けましたら幸いです。