ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

タイヤ

ハスラーにエクストリームJを装着しました。

純正でスチールホイールを履いているグレードもあるスズキハスラー。
結構ホイールを替えたいというご要望をご来店頂いたりお電話メールにてお問合せを頂く事が多いです。
ブログを見てご来店頂いたハスラーオーナーのご夫婦様。
ハスラー ホイールセット
SUVっぽさのある黒いホイールを探しているという事でまさにジャストなハスラーサイズの設定のあるエクストリームJをご提案させて頂きご購入頂きました。

ハスラー ホイールセット
タイヤもオールシーズンタイヤでブロックの立つデザインでなんとも勇ましカワイイ感じに仕上がりました。

大人気のハスラー色々と選べるホイールのラインナップも多いです。
ちょっと人と違ったハスラーにされたい方是非ご相談くださいね。

ABARTH595シリーズ4ブレンボ装着車に16インチスタッドレスタイヤ

今年販売開始でしたABARTH595の通称シリーズ4
ほとんどのお車が標準でブレンボ装着車ですね。
こちらのオーナー様も通年でABARTHを楽しみたいというお考え。
車を購入した後にスタッドレスの選択肢の少なさに当店にご相談にご来店くださいました。

ブリヂストンの新作VRX2とMAKトリノのセット。
ブレンボ装着車への16インチのご提案は言ってみれば正攻法ではございません。ただタイヤ銘柄を幅広く選べる事そしてコストも抑えられるなどなどメリットもあるので、気になる方はまずは是非お問合わせまたはご来店頂きお話しさせて頂ければと思います。


195/45-16もありですが195/50-16でもノーマル車高やローダウン車にて取り付け実績ならび干渉が無いことが確認出来ておりますので、雪道にて少しでも車高を稼ぎたいという方には195/50-16の方がおすすめかな?と思います。オーナー様お買い上げご来店誠にありがとうございました。

スタッドレスタイヤはミスタータイヤマン三鷹店

新発売NOKIAN売れてます。

今年新発売のNOKIAN ハッカペリッタR2
思っていた以上に反響が多く特に輸入車などでサイズがレアでお困りのお客様からお問い合わせを多くいただいております。
こちらのシトロエンC4カクタスのオーナー様もタイヤサイズ205/50-17とあまり選び用のないタイヤサイズでして、インチダウンも検討したのですが、これまたインセットがその他シトロエンとあまり共有できるサイズもなく現状のホイールに組み替える形でご対応させて頂きました。

シトロエンらしい先進的なデザインですね。

ご家族でのレジャーに活躍するであろうこちらのお車。
ノキアンで冬の家族旅行も安心ですね。

そしてこちらの2シリーズグランツアラーもちょっとタイヤ選びの難しいお車。

205/60-16というタイヤサイズのスタッドレスのランフラットタイヤは去年までブリザックのみの設定でした。
この他にもF30系3シリーズに使用するこちらのサイズ。
今年からはNOKIANハッカペリッタR2という選択肢もご提案させて頂けるようになりました。

BMWオーナー様には毎年この時期たくさんお問い合わせ頂いておりますので、
こちらも店頭にて現状常時在庫させて頂いております。

ホイールも数種類から選べるような展開になっております。
レアサイズのオーナー様は特に年内のお取り付けを考えますとなるべくお早い方がこちらからご提案できる商品も多いのです。
是非お早目のお問い合わせお待ちしております。

テスラモデルXにスタッドレスタイヤを装着

このまだあまり見慣れないエンブレム、皆さまご存知でしょうか?

アメリカの電気自動車メーカー、テスラと聞けば結構知名度もあるのかな?と思います。かくいう私も実車を間近で見ることも運転するのも本日がはじめてでございました。

しかもモデルX

テスラ モデルX スタッドレスタイヤ
このガルウィングというのでしょうか?後部座席のドアがかなり特徴的な開き方です。
でも確かにこの方が開口部広くて乗り降りしやすいですね。テスラ モデルX スタッドレスタイヤ
そんなまだ出たばかりで情報も少ないテスラでももちろん当店ではスタッドレスタイヤをご用意することが可能です。
ホイールスペック調べて本国より空輸致しました。

テスラに限らずあまり情報のない車でスタッドレスどうしていいか困っているお客様。
是非一度ご相談頂ければと思います。
それにしても今年はABARTHユーザー様からのブレンボキャリパー装着車のスタッドレスタイヤのお問い合わせがとっても多いです。
こちらブログでは言えないあんなことやこんな事もあったりするので是非お問い合わせ頂ければと思います。

今季新発売NOKIANのスタッドレスをジャガーFペースに装着しました。

最近のジャガーかっこいいですよね。代替え前のお車からのお付き合いのお客様。
新しくジャガーFペースにお乗り換え。

スタッドレスはどうしようかと色々ご相談させて頂き、今季新発売のNOAKINハッカペリッタR2SUVをお選び頂きました。

タイヤサイズもインチキープで255/55-19。
意外とお求めやすい価格なのもうれしいNOKIAN。
オーナー様は予算次第ではインチダウンも検討されていたようでしたが、なんとかご予算の中でインチキープでご提案できました。

ホイールはこちらもジャガー用に多数ラインナップを揃えている、MAKバーミンガムをチョイス。

なんとこちらジャガーの純正センターキャップが使用可能ですので、純正ライクに仕上がります。

これだけカッコイイ車。冬時季だってカッコよくいたいですよね。

そうオシャレは足元から。
当店ではスタッドレス用という訳ではありませんが、比較的安価で純正ライクに仕上がるホイールをはじめ、純正ホイールにスタッドレス。そしてドレスアップ用にオシャレホイールのご提案等々。
足回りの専門店、そして一車好きからのご提案、ご相談に乗らせて頂いております。
是非お気軽にお問合せくださいませ。

ハイエース用スタッドレスに新たな選択肢

徐々に冬モードになってきた当店。
続々とそして着々とスタッドレスタイヤが入荷してきている今日この頃でございます。
さて今季新発売のこんな商品をご紹介。
ミシュラン AGILIS X-ICEという商品です。

こちらの商品195/80-15 107/105というサイズのみの設定なんです。
つまり完全日本向けの商品なんですね。
ハイエース、キャラバンに使用されているサイズです。
もちろん国内メーカーにはラインナップされておりますが、働く車に履かせるタイヤです。
もっと耐摩耗性能が良くてなおかつ飛ばしても安心なスタッドレスがあったらなと思っていた方も多いのでは?と思います。

ミシュランはX-ICEシリーズでその夏タイヤに遜色ないオンロードでのハンドリングが広く認められております。
ただでさえふわつく板バネなハイエース、高速での移動時などのストレス軽減に一役買ってくれることと思います。

なおこちらの商品確実に圧倒的人気を誇る事が容易に予想されます。
当店も在庫確保しておりますが、一度品切れをおこすと中々入荷してこないが海外生産のつらい所です。
是非お早目のお問い合わせお待ちしております。

オールシーズンタイヤという選択

この時期になると雪を意識してということもあると思うのですが、オールシーズンタイヤのお問い合わせ、そして当店のページアクセスも明らかに増えてきております。

本日もレガシーアウトバックのお客様にお取り付けさせていただきました。

オールラウンダーなこのお車の特性にはぴったりですね。

この時期品薄になる傾向のオールシーズンタイヤお早めのお問い合わせお待ちしております。

北欧生まれの冬用タイヤノキアンタイヤ

雨な日が続きグッと冬が近づいてきたなというここ最近でございますが、少しづつですが当店も冬物の準備が進んできております。
本日店内をちょっとだけ模様替え

グリーンがまぶしいnokianコーナーがお目見えです。
nokianと書いてノキアンと読みます。
聞きなれないタイヤメーカーですが実は老舗中の老舗メーカー。
北欧はフィンランドのタイヤメーカーです。
今年から正規に日本に代理店が出来まして国内市場に本格参入して参りました。
極寒の北欧生まれのスノータイヤ。
これちょっとよさそうですよ!(^^)!

なによりも輸入車サイズが豊富なのがうれしい所。

今まで選択肢の少なかった当店でもお客様の多いABARTH500系サイズもラインナップされています。

商品について気になった方まずはホームーページを覗いてみてください。
当店の商品紹介ページも作成完了次第アップさせて頂きます。

復刻タイヤのお話し

 

復刻するよと以前ブログでもご報告した、ピレリの伝説のタイヤP7。

店頭に入荷して参りました。


先ほど当時を知るお客様が一目見て「うわぁ~懐かしい。当時そのままじゃん!」
とおっしゃっておりましたので、当時を知らない32歳店長マツモトはお客様のお声でやっと当時の形をしっかり継承しているのだなと確信を持ったかぎりでございます。

中々ウェブ上には写真がないので、サイドウォールのデザインがわからないとお客様からもお問い合わせ頂いたりしておりましたので、こちらのブログにてご紹介させて頂きたいと思います。

まずはトレッド部。

多分当時はヒゲつきまくりだったことでしょうが、現在の物はきっちり整えられております。

P7のロゴです。

これも当時の字体そのままではないでしょうか?

スピードレンジ表記VRがかなりいい味出してます!

こちらのタイヤの生産国はドイツでした。

このタイヤがすべてドイツで作っているかまではわかりませんがこちらのサイズはドイツでごじあます。

なんとなく復刻した事は知っていただけどどこまで当時を再現しているのか気になっていた方是非ご参考にして頂ければ幸いでございます。

さてこっからは完全に余談です。

当店でもサーキットユーザーさんから熱烈に愛されておりますこちらのタイヤ。

POTENZA RE-71R

このタイヤも私は当時を知らないのですがその昔RE71というスポーツタイヤがありまして、このタイヤが世界の高性能スポーツカーにも採用されていたとの事で、そんな偉大なるDNAを受け継いだタイヤが現在販売中のRE-71Rになるわけですが、、私はそんなRE71は正直見たこともありません。

と思っていたのですが、昨日訳あって昔の写真をマツモト家で漁っていた所、、、、

(30年前の当店の店先で一枚)
30年前の私はRE71と戯れていた事が判明いたしました。

そんな縁のある71R私もそろそろ新調しようと思っております。

足元ビシっと決まりました!(ABARTH595車高調整とes-04装着)

以前こちらの記事でご紹介させて頂いた

es-04のオレンジをお取り付けさせて頂きましたので、ご報告させて頂きます。

ボディ色がブラックである事と、THREEHUNDREDをはじめとするカーボンパーツで武装された595

アバルト ホイール 軽量

足元はアクセントにビビットな色をと選ぶのに勇気のいるであろうオレンジを選択して頂きました。オーナー様の英断は大正解でした!

THREEHUNDRED es-04

狙い通りブレンボのブレーキキャリパーとも相まっていい感じです!

インセットもキャンバーなしで外目一杯のインセット。綺麗にフェンダーにおさまりました。

es-04とes-02のオレンジコンビ。

FF車ではとくにリム付きのホイールの選択肢がないのですが、そこはアバルト専門ブランドTHREEHUNDRED。

インセットデータも豊富なのでオーナー様の仕様に合わせてバッチリ決まりますよ!

車高もこのホイール仕様に変更しましてビシっと決まりましたね。
オーナー様ご遠方よりご来店誠にありがとうございます。

ミスタータイヤマン三鷹店