ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

タイヤ

ついにフラッグシップモデルがリニューアル!POTENZA S007A発売

ブリヂストンのフラグシップモデルPOTENZA S001が発売されてから約8年。
ついにモデルチェンジとなりました。
今年に入ってから出る出ると言われていましたがやっと発表になりました。
POTENZA S007A
「POTENZA S007A」
ブリヂストンのオフィシャルニュースはこちらから

他メーカーもそうですが、ハイパフォーマンスカーにも採用されるフラッグシップモデルはしっかり時間とコストをかけて先の事も見据えられて開発されておりますのでどのメーカーもそのモデルの息は長い傾向になります。

ながい月日を経てそして先を見据えての開発を経て生まれたこちらのタイヤ、サイズラインナップは21インチから16インチまでと多岐に渡ります。
ハイパフォーマンカーの日常からいざという時まで対応する懐深い運動性能と居住性能をお求めの方。
そしてご自身のお車をさらに上質な乗り味へとグレードアップさせたい方にまでおすすめできるモデルとなっております。
発売は2018年7月1日より
今しばらくお待ちください(どうしてもフライングゲットしたい方はお問い合わせお待ちしております)

さてさてこちらのタイヤ先行してあのアストンマーチンに純正装着採用されている模様です。
https://tire.bridgestone.co.jp/potenza/lineup/import-car/astonmartin.html

あの映画007にてボンドカーとして活躍するアストンマーチン。
まさか今回のこのタイヤ007とかけているわけでは??
ないですよね(⌒-⌒; )

 

BMW X1 ランフラットタイヤ交換

BMW X1のオーナー様ご来店です。
BMWは純正でパンクしても走行が可能なランフラットタイヤが装着されております。
パンクしても一定の速度で一定の距離を安全に走行することが可能なランフラットタイヤ。
これからもっともっと普及していきそうですね。

お選び頂いたタイヤはPOTENZA S001のランフラットタイヤ。
乗り心地の改善された第三世代のこちらのタイヤは非常にご好評頂いております。
お値段もメーカーからの見直しがあり比較的安価なところもグッドな点でございます。

外した履いていたタイヤには見事に釘が刺さっておりました。

車内モニターにこのように空気圧の以上を知らせてくれます。

車内のi-drive上から空気圧のリセッティングをして警告灯を消して作業完了です。

BMWに関わらず色んな車種に最近は空気圧センサーが付いている車両では空気圧のリセッティングをしないと空気圧が正常でも警告灯が店頭してしまう事がございます。
当店ではタイヤ交換した際にリセッティングさせて頂いております。
様々車種とお付き合いさせて頂いているのでメーカー問わずお困りごとあれば是非お問い合わせください。

タイヤの事ならミスタータイヤマン三鷹店

POTENZA RE-12Dの実力や如何に?!オーナー様インプレッション

===================
イベント情報

今週末だけの特別価格が飛び出る大商談会です。
皆様是非遊びに来てくださいね。
===================

発売したてPOTENZA RE-12D
いつもお世話になっているアバルト595のオーナー様が早速装着しサーキット走行を行い貴重な貴重な生の声を頂きました。
POTENZA RE-12D
こちらのオーナー様はこれまで71Rも数セット愛用頂いており、気になる71Rとの比較についてもお話を伺う事が出来ました。
POTENZA RE-12D
71Rにも絶対に信頼を頂いておりましたが、今回お車のタービン交換に伴うハイパワー化。
富士スピードウェイでのラップタイム向上にとまだこちらのとしてもどんなタイヤか実体験のないところで実戦投入を決意して頂きありがたい限りです。

そして早速フジスピードウェイにて走らせてきたお話を聞かせていただきました。

(基本71Rとの比較でお話を聞いております)
初めてのタイヤといことで最初は恐る恐るとスタートしていったそうですが、最高速からのブレーキングをする1コーナーで明らかなグリップの高さを感じたとのことです。
タイヤの剛性自体も明らかに高いのでより鋭いブレーキングにも対応していけそうです。
特に最高速が上がっているグレッディータービン車両ではその恩恵は大きそうです。
フジスピードウェイでのハイスピードコーナーといえばコカ・コーラコーナーから100R。
車が不安定になりがちなコカ・コーラでもどんどん進入速度が上げられてなおかつアウト側にまだまだ余裕があるほど、横方向のグリップの一回り上のレベルのようです。
私のアバルトでもタイヤがへたって来ると思い通りのラインに乗せることが難しくなる100Rもライン取りに余裕が持てるほど自由度があったとのことです。
グリップが上がるとピーキーな性格になるのかなと?私も予想しておりましたが非常にコントローラブルな性格なようでとにかくドライビングしているのが楽しくどんどん奥へ奥へ!前へ前へ!という気持ちにさせてくれるタイヤのようです。
ご本人的には納得のいくタイムまでは届かなかったとのことではございましたが、今回初めて使用したタイヤということもありますしお話を聞いている限りではまだまだもっともっとタイムアップ出来る要素がありましたので、来シーズンのタイムアタックシーズンがとっても私としてもとっても楽しみになりました。

(先日の筑波1000でのゼッケンが12番だったのも何かのご縁ですかね?)

今週末のPOTENZAスペシャルプライスデイでももちろん12Dもスペシャルプライスでお待ちしております。実際現物も店頭にございますので、気になる方は是非ご来店頂き実物をまじえお話させて頂ければと思います。
オーナー様貴重な当店での最速インプレッションありがとうございます。

最強最速の例のヤツ POTENZA RE-12D

当店もささっとバックオーダー入れていたのですが初回ロットやっとこさ入荷となりました。

POTENZA RE-12D

まずは当店でサーキットユーザーの1番多いアバルトサイズ215/40-17での入荷です。

まずはじめに私も商品説明は受けていますが、実際のところどうなの?というところは私自身も使用していないですしまだ当店のお客様でも履いていないので憶測でのお話になってしまう部分もあるということを前提に以下をお読み頂ければと思います。

このタイヤははっきり言って万人にオススメ出来るタイヤではございません。これはまず最初にはっきり言えることです。

サーキットを走るユーザーさん以外にはただ金額が高くて摩耗の早いだけのタイヤですので、全くと言っていいほどオススメは出来ません。

あとよく聞かれる質問なのですが、71Rの後継モデル、という位置付けのタイヤとも違います。

71Rをサーキットも思いっきり走れる公道走行用のタイヤと位置付けるなら、12Dは公道も一応走ることの出来るサーキット用のタイヤというカテゴリーになります。

あくまで主戦場をサーキットにおいておりますので、耐摩耗性性能はもちろんの事、発熱していない状況での使用では少しグリップ不足を感じることもあるかもしれません。

ですのでタイヤ1セットでサーキットから街乗りまでこなしたい人にもまたあまりオススメ出来るタイヤではないかなと思っております。

じゃあこいつのいいところって何?ってところですが、そりゃもちろんサーキットを速く走れるグリップレベルのタイヤという事です。

これまた又聞き情報なので不確かな情報ではありますが、某JAF戦では05Dから12Dへと切り替わってかなりタイムアップしているとの噂です。

サイズ拡充している面から見ても今までの05Dに比べて一般ユーザーも意識してコントローラブルなタイヤに仕上げてきている事は間違いないと思います。

よりサーキット速く走りたい!目標のタイムがある!負けられない戦いがそこなはある!そんなユーザー様にオススメのタイヤになってます!

私自身も気になるタイヤ是非サーキットを走った感想を早く聞きたいなと思ってます。挑戦者からのお問い合わせお待ちしております!即納可です!

白い地獄~WHITE HELL~

こちらフィンランドは朝の10時です。
昨日は一日かけてNOKIANタイヤの来シーズン発売のスタッドレスタイヤの勉強会とノキアンタイヤが世界一の規模と誇る雪上テストコースの見学と試乗という待ちに待っていた日でした。

来シーズン日本にも上陸予定のHAKKAPELIITTA R3
ハッカペリッタR2の正常進化。
日本で今シーズンからの取り扱いでしたが、来シーズンには早速モデルチェンジとなります。

この写真はHAKKAPELIITTA R3 SUVの説明の一コマ。
SUVサイズのみサイドウォールにアラミド繊維を使用しています。
扁平率が高くサイドウォールをぶつけた際にダメージを受けやすいSUVサイズには防弾チョッキなどにも使用される高強度な素材を使って補強を施しています。

さて試乗の方ですが、NOKIAN的にというより法律的にあまりここでは言えない事まで体験させていただきました。
AUDI RS5での試乗です。

約400馬力ほどのこちらの車で乾燥路面、雪上路面、そして凍ったところとかなりの距離を走りました。


タイヤはもちろん新作R3です。
雪、氷の性能はフィンランド生まれフィンランド育ちのタイヤですので、まったく問題ないことは明らかでしたが、今回の新作はコンチネンタルなどと同じTRレンジのスピード規格になりました。(最高速190キロの規格です)

ゴージャスなRS5の集団で到着したゲート。
こちらがNOKIANのテストコースとなります。

こちらのテストコースには名前がございまして、その名も『WHAITE HELL』


モータースポーツ好きの皆様はもうお察しかと思います。
ドイツにあるニュルブルクリンク ノルドシュライフェ。
そのサーキットの長さもさることながら、とにかくチャレンジングなこのコースの別名が緑に囲まれた地獄ということでGREEN HELLと呼ばれているんです。
こちらをもじったのがこちらのテストコースです。

もちろん名前だけではございませんよ。
こちらのコースの規模およそ700ヘクタール

ディズニーランドとディズニーシーを合わせるとおよそ100ヘクタール
ディズニーリゾート7個分というとその大きさが伝わるかと思います。
私たちが試乗、見学したのは本当に一部ではございましたが、その大きさには正直度肝を抜かれました。

そして一番ビックリしたのは、こういった自社のテストコースは秘密だらけだったりするので、まず写真の撮影は固く禁じられているのですが、NOKIANタイヤは真逆でどうぞ好きなだけどうぞという、日本では考えられないスタンスでありました。

なんとこちらのスパイクタイヤを履いたAUDIではGOPROをつけることすら許可頂きました。
また後日公開できれば公開したいと思っております。

Q5での試乗はクロスカントリーコースでのパウダー、圧雪路面そして起伏のあるところをかなり自由に走らせてもらいました。

雪道での走行についてという面からもいろいろな事を経験、勉強になりました。

そしてこちらはなんと凍った湖の路面

これだけ広い場所なので思い切っていろいろな事を試すことができました。
広くてスピード感がなかったのですが、気づくと100キロオーバー
そんなところで急ハンドルを切っても舵感がかなりはっきりとしていたのはとても驚きでした。

そんな一日車、タイヤ漬けだった一日の最後は本場の本格サウナをみんなで堪能しました。
向こうのサウナはシャワーを浴びてサウナ→氷の張った池にダイブ→露天風呂でビールを飲みながらゆっくりして交流するそうです。

これでノキアンタイヤに関する事はすべて終了です。
これからヘルシンキに戻りまして日曜日のフライトで日本に戻ります。

東京はもう小春日和だそうでなんとも季節外れなネタになっている感は重々感じております。
もうしばらくお付き合いくださいませ。

ノキアンタイヤの本社を訪れました

早速ですが、フィンランドはノキアにあるNOKIANタイヤの本社を訪れてまいりました。

本社社屋前にて記念撮影
どこもそうですが、機密情報なども多いのでおおくの場所では撮影禁止でしたので文ばかりのブログになってしまうかと思います。
今回訪れたのは本社社屋と併設のタイヤ工場そして近隣になる屋内のテスト施設です。
屋内のテスト施設はそれこそいろいろと機密も多かったのですがノキアンがどれだけ真面目にタイヤ作りに取り組んでいるかという事がわかりました。
各国で販売するための規格だったり車メーカーの純正で装着する為の規格を満たしているかを確認する施設などなど販売に至るまでたくさんの試験を行っているところを目にする事が出来ました。

たくさんのハイテクな機械でテストしたところで最終的には人間が使うもの。
お客を安全に目的地まで送る仕事である地元のタクシー会社にスノータイヤを100台以上にも提供し仕事で実際に使用し、距離に応じてのデータ取りやコメントなどフィードバックしているという面白いお話も聞くことができました。

 

さてこちら本社エントランス、今年会社が設立してから120年という節目だったこともありそのような飾りつけになっておりました。

今世界で特に好評だというヘビータイヤ部門。

こんなに大きなタイヤも作っております。

 

本社に併設されたタイヤ工場は一日にパッセンジャータイヤだけでも6万本を生産できる規模だそうです。

とてもアツいガイドさんのおかげでいかに大事にタイヤが生産され安全管理がなされているかという事を体感することができました。
中でも面白かったのは彼の地でもあの有名なTOYOTAの看板方式が取り入れられていて、作り置きをしない無駄を省いた生産方式となっていたことです。
一日かけて見学したNOKIANNタイヤ本社。

バギーで出勤する社員さんには度肝を抜かれました笑

夜は首都ヘルシンキのホテルに泊まりまして、これから飛行機でイヴァロというところへ向かいます。
何やらオーロラが見えるほどの極寒地ということで今から少々ビビり気味でございます。
この地にはNOKIANタイヤのテストコースがあるそうで、ここで実際にいろいろなテスト試乗が可能ということで今から非常に楽しみでございます。

そしてヘルシンキの夜の街を歩いているとついに見つけました!

極寒の地でもサソリは生息しているようです。


見づらいですがタイヤはやっぱりピレリのソットゼロ。
これしか205/40-17って設定ないですからね。
この雪国でソットゼロが使用されているという事はオンロードに強いくて雪、氷には他に劣るというところで毛嫌いされている方も少しは信用にたるのかな?なんて思いました。

フィンランドのタイヤ屋さん

無事フィンランドに入国いたしまして本日は早速NOKIANタイヤの本社ならび併設のタイヤ工場の見学に行ってきました。
とその前にNOKIANタイヤのおひざ元で営業するNOKIANタイヤの直営タイヤショップの見学に行ってまいりました。

VIANORという名前で展開しているNOKIANタイヤのタイヤショップ。
国内でわかりやすくいうとタイヤガーデンさんやタイヤ館さんみたいな感じでございます。
地域柄も当然あるとは思いますが広大な敷地面積のお店でした。

 

お店の前には日本ではまず見られない姿まで酷使されているカイエンさん

スパイクタイヤで武装されておりまして、カイエンを本当にカイエンとして使ってる感アリアリでございました。

店内で目を見張ったのはこのコーヒーメーカー

これはちょっとすぐにでも真似したいな思いました。
これからの時期アイスコーヒーまで出来る機械がいいなぁ~
なるべくお待たせしないよう確実、迅速な作業を心がけていますがやはり少しでも快適に過ごして頂けたらなと改めて感じた次第でございます。

店内に飾られていたタイヤはこの4本のみ。

この展示の仕方もなんだか日本とはまったく違った感じです。

こちらではこちらの方が一般的なスパイクタイヤ

環境問題にも配慮しているNOKIANは現在車内でスパイクタイヤのピンの出方を車内から調整可能なシステムを開発、研究中だとか。
粉塵問題も解決すればもしかしたら日本でのスパイクタイヤが復活する日も来るかもしれませんね?

もちろん日本で発売中のハッカペリッタR2も展示、販売されておりました。

さて私も来る前から疑問だった事がございまして、一番南方でも緯度が北海道と変わらないフィンランド。
短いながらも夏があってまったく雪も降らない時期もあるのでしょうが実際夏タイヤって履くのかな?
こんな疑問があったのですが、当店でも行っているタイヤの預かりサービスがあるとのことです。

広大な併設倉庫には大量の預かりの夏タイヤが収納されていました。

寒い土地での作業は過酷を極めるんだろうな。
という予想を裏切る雪国使用なピットは非常に暖かく快適でした。

上着を着てると暑いぐらいでした。

そのあとのスケジュールが迫っており滞在時間は10分程度だったのですが、とても勉強になった時間でした。
さてその後にはNOKIAN本社ならびに工場見学をしきたのですが、とってもとっても長くなってしまうので一旦ここで区切らせて頂きます。

さて今日見つけた物

AUDIグリルに張り巡らされたカバー。
オーバーヒート対策ではなくオーバークール対策なのか?はたまた雪が積もる事を抑制するものなのか?

 

店長の北欧日記 2日目

改めまして、店長マツモトは今スウェーデンはストックホルムという土地にいます。
経緯をご説明しますと、今シーズンより当店でも取り扱いをさせていただいております。
フィンランドのタイヤメーカーNOKIANタイヤの招待で本社見学やテスト走行などNOKIANにまつわるあれこれを勉強するという事で一週間北欧を訪れている次第でございます。

出発当日に携帯をクラッシュするというアクシデントからスタートしたこの旅ですが、なんとかLINEも受信できるようになりましたし、ブログも更新できるようになりました。

(タッチできないiPhoneさん)

スカイプなんかでも普通に通話できるのでなんだか海外にいるって感覚がまだまだわかないです。
ですがとっても寒いです。

そう川が凍るぐらいの寒さなんです笑


路面や見えるところにはほぼ雪がないのですがまだまだ寒いです。

はじめて訪れるヨーロッパ、見るものすべてがなんだか新鮮です。

タイヤさんってどこにいってもついついタイヤに目が行きます。


100%スノータイヤが装着されています


その中でも結構な台数が日本では使用できないスパイクタイヤを装着しております。
NOKIAN GOOODYEAR コンチネンタルあたりの装着率が非常に高いです。

スパイクタイヤはこちらでも装着可能なシーズンが決められているそうですが、もう路面に雪のない今粉塵がとってもすごいです。

これから船に乗って明日の朝にフィンランド入りするそうです。

最後に誠に申し訳ありませんが、現在わたくしが受信可能なメールアドレスがこちらになっております。

お急ぎのお問合せはこちらまでお願いできればと思います。

スタッドレスにレキシあり

以前から大変お世話になっているご近所の修理工場さんの番頭さん。
現在は現役を退きまして中々お会いする機会がなかったのですが、ひょっこり本日遊びに来てくれました。
なんとも珍しいものを手土産に、、、、
ブリザック PM-20
実家の倉庫に使わずに眠っていたというこちらのタイヤ。
ブリヂストンのブリザックPM-20というスタッドレスタイヤです。
ラベル付きで未使用品です笑

こちらのタイヤ、私も知らなかったので色々と調べると、なんとブリヂストンがはじめて市場に発表したスタッドレスタイヤとの事です。

ブリヂストンのHPに歴史がかかれておりました。

製造年を示す番号もこの当時は3ケタ

こちらのタイヤは89年の44週目の製造です。
(当時私4才ですね)

本当に未使用なこのイボ付きなトレッド。
ブリザック PM-20
スタッドレスに必要とされる雪上、氷上での性能。
ブロックでの雪の掻き出す性能。氷上に乗った水を排水する為のサイプ構造。
この当時からやっている事は同じですが、今見ると本当にシンプルなパターンで。
これだとオンロードではブロックが空きすぎていてよれてグニャグニャ、パタンノイズもうるさそうです。コンパウンドも今のスタッドレスタイヤに比べると夏タイヤの物にかなり近しい物のように感じます。

こちらが現行のブリザックのパタンです。

かなり細かな意匠が施されています。サイドウォール付近にまで仕事させるデザイン。
サイプも縦横に無数に入っております。
ドライ路面の性能も考慮されたトレッドデザイン。
これが最新です。

いやはや時代の進化を感じさせて頂いた一日となりました。

 

そしてこちら

真逆の性能?を持つタイヤですね。
最低限の排水性能を確保しつつもブロック自体は切れ目ないトレッドデザイン。
同じタイヤでも求められる性能が変わるとここまで変わります。
専門店としてこれからも日々勉強しオーナー様の本当に求めているタイヤをおすすめ出来るタイヤ屋さんをこれからも目指していこうと思います。

ハスラーにエクストリームJを装着しました。

純正でスチールホイールを履いているグレードもあるスズキハスラー。
結構ホイールを替えたいというご要望をご来店頂いたりお電話メールにてお問合せを頂く事が多いです。
ブログを見てご来店頂いたハスラーオーナーのご夫婦様。
ハスラー ホイールセット
SUVっぽさのある黒いホイールを探しているという事でまさにジャストなハスラーサイズの設定のあるエクストリームJをご提案させて頂きご購入頂きました。

ハスラー ホイールセット
タイヤもオールシーズンタイヤでブロックの立つデザインでなんとも勇ましカワイイ感じに仕上がりました。

大人気のハスラー色々と選べるホイールのラインナップも多いです。
ちょっと人と違ったハスラーにされたい方是非ご相談くださいね。