ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

タイヤ交換

RE-71RSフライングゲット!

本日未明店頭に早速やってまいりました!
先日のオートサロンでデビューしましたPOTENZA RE-71RSです。
potenzare71rs

入荷したのは215/40-17です。
potenzare71rs
当店では当店デモカーのアバルト301号を含めよくご指名頂くサイズとなります。

店頭には現在同サイズでPOTENZAシリーズRE12D.RE71RS.RE-71Rとサーキット走行をお考えのユーザーさんにはたまらない並びが実現しております。
potenza
まずRE-71RはRSで発表されたサイズは廃盤になる運びですので、現在71Rをご使用の方は次回よりRE-71RSをお選び頂くことになります。
でもみなさんが一番気になる所はPOTENZA RE-12Dと比べてどうなんだ?
という所だと思います。

71シリーズと12Dで決定的に違う所は、
公道での走行を大前提としているか否かです。
71シリーズは公道走行、雨天走行、冷間時から安全に走れるよう設計されております。
公道を安全に走れる事が大前提にあった上でサーキットでのパフォーマンスを追求したモデルになります。

RE-12Dは公道を走れる最低限の性能を確保しつつサーキットでのパフォーマンスを追求したモデルになります。

単純なラップタイムの比較ですと、まだ比べた訳ではありませんが、12Dに軍配があがるものかと思います。

また上記のようなタイヤの性格ですので71シリーズはナンバー付き車両でサーキットまで自走で行って自走で帰ってくるような使用法に合わせて作っているタイヤですので、ノーマルからライトチューンぐらいの車両を想定しているタイヤになります。

12Dは86レースやジムカーナなどのJAF戦で使用する事が大前提にあるので絶対的なグリップは高いですが、本当のスイートスポットを使用するのはなかなか腕のいる所かなと思います。
ちなみに私は現在3セット12Dを使用しておりますが、まだまだこのタイヤのすべてを出し切った〜というような走りはまったくできておりません。。
またこのタイヤは71シリーズに比べて高価になります。

さてせっかく3種類あるので3種類を色々と見比べてみました!
こうやって新品を同サイズで3種類並べられる事なんてなかなかないですからね!
RE-71Rの溝

おおよそ5mm

RE-12Dの溝

おおよそ4.5mm

そして新製品RE-71RSの溝

おおよそ7mm

とかなり深溝になりました!
RE-71Rに比べて耐摩耗性のも上がっているとのことですので、これは当然のことなのかと思います。
今回の左右非対称パタンもこれは私の見解ですが、やはりファインチューンからノーマルに近い車両での使用が大多数のユーザーさんになる71シリーズ。
キャンバーが足りず外側ばかり摩耗する車両も多くみられますのでそういった部分への配慮があるのではないかと思います。
71Rより更にタイムアップが期待できるタイヤだからと言って決して玄人向けにチューニングされたという訳ではないと思います。
むしろ12Dとの差別化がより出来たのではないのかな?
と思います。
しばらくはこの状態で展示できるものと思いますので気になる方はぜひ店頭に足をお運びください。

当店車両にも近日装着予定ですのでまた走行インプレッション等お届け出来たらなと思います。

この時期のルーティーン

この時期の毎日の日課です。
新品タイヤの入荷ももちろんですが、それとは別に当店にてお預かりさせて頂いているタイヤの配送が毎日やってまいります。
当店のタイヤお預かりサービスについてはこちらから
トラックにたくさんのお預かりしているタイヤが積載されております。
タイヤお預かりサービス
今年は暖かかった為か10.11月のうちに冬のご準備をされる方が当店だけではなく全体的に少なく、12月に集中してしまった為、配送業者がパンク気味となっております。
お待たせしまっているお客様誠に申し訳ありません。
まだギリギリですが、年内のお取り付け間に合いますのでまだご連絡頂けていない方ご連絡お待ちしております。
履き替えたい日付で受けられなかったお客様も多々ございまして、ここに関しては当店からも配送業者に大クレームを入れております。
来シーズンはこのような事のないよう改善される事と思いますが、何卒余裕を持ってご連絡頂けますと幸いでございます。

それで毎日毎日かならずたくさんのお預かりタイヤが入荷してまいります。
スタッドレスタイヤお預かりサービス
しばし役目を終えた夏タイヤは入れ替えで配送業者に預けて、暗室にて保管してもらいます。

当店に戻ってきたスタッドレスも当店倉庫にて保管させて頂き来るべき時を待っております。
タイヤお預かりサービス
スタッドレスは必要だけど、外したタイヤを置いとく場所がとお悩みの方は是非タイヤお預かりサービスをご利用頂ければと思います。

BMW92M3タイヤ交換ミシュランパイロットスポーツ4Sを装着

BMWM3ご来店です。
Mシリーズの車両は純正でランフラットタイヤが採用されていないモデルが多いです。
本気のMが求める運動性能にまだランフラットの技術が追いついてないという事なのでしょうか?

今回お取付させて頂いたのはミシュランパイロットスポーツ4S
現在のミシュランのフラッグシップモデルとなります。
しっかりとした乗り味をもちつつも非常に軽快なタイヤです。
お取付させて頂いたオーナー様からも高速でもとにかく直進安定性がよく運転がより楽になったとお声を頂きました。
ドイツ車あるあるなのですが、ハブとホイールの穴ピッタリで加工されているのでここが錆びると車体に取付時にちゃんとセンターが出ない恐れがございます。

当店ではタイヤ交換時に点検に必要に合わせてハブの磨きとカッパーグリスの塗布を行ってから装着させて頂いております。
オーナー様いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。

ポルシェ911(996)タイヤ交換

ポルシェ996のタイヤ交換です。
昨今では珍しくなくなった車メーカーの承認タイヤ。
その走りとも言えるのがポルシェになります。
少なくとも930の時代からはポルシェの認証のタイヤが純正で装着されております。
高い運動性能を誇るポルシェならではのこだわりです。


996の認証タイヤと言えばやはりミシュランパイロットスポーツPS2
このタイヤは本当に名作であり当時衝撃でしたね。
はじめて入荷して手で持った時の異常な軽さには驚愕しました。

そして純正でも軽いポルシェのホイールをBBSに換装されていた今回のお車。

軽さももちろんですが、そのホイールバランスも素晴らしい物がございます。
オーナー様ご来店お買い上げ誠にありがとうございます。