ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

ミシュラン

ミシュランより新製品発表「MICHELIN ENERGY SAVER 4」

ミシュランを含めた海外のタイヤメーカーは基本設計に時間とお金をかけ長く使えるタイヤを開発する為モデルチェンジが国内のタイヤメーカーにくらべて比較的緩やかです。
さてそんなミシュランからロングセラーENERGYシリーズの新作が登場となります。MICHELIN ENERGY SAVER 4
ミシュランエナジーセイバー4という商品になります。
メーカー商品紹介ページはこちら

発売時期は2月頃を予定しているとの事でまだ未発売の商品になります。
肝心の性能評価ですが、メーカーにはエナジーセイバー+との比較が出ておりました。
エナジーセイバー4評価
低燃費性能はそのままにウェットブレーキングの性能が向上しております。

日本では特にユーザー様からタイヤを選ぶ際に重要視される音。

パターンノイズ、ロードノイズ共に静粛性能も向上しております。

さてここからは私の見解をちょっとだけ。
写真とプレスリリースからのみの見解ですのであくまでご参考程度に。
このエナジーセイバー4ですが、たぶん正統なエナジーセイバー+の後継モデル。
ということでもなさそうです。
いわくアジア圏、つまり主に日本向けに開発されたタイヤとなっておりますので、その昔あったエナジーXM1を思わせるような商品になるのではないかなと思います。
XM1は国内ニーズに合わせて作られたタイヤであった事から当店でも当時国産車輸入車問わず幅広いユーザー様にご支持頂いたタイヤとなります。

グローバル商品と日本向けのタイヤの違いって実際どんな所?
主に日本とヨーロッパの違いは航続距離の違いや舗装の違いなどがございます。
日本の方が舗装がよくその分音に対してユーザー様がシビアです。
またスピードレンジも違う為100キロ前後での乗り心地静粛性能の優れたモデルが人気となります。
年間で走行距離も多く違う為摩耗性能が極端に高いコンパンドでなくても対応出来る分、日本向けに仕上げた方が日本で使用するには優れていると私は思いますので今回のエナジーセイバー4の発売はサイズラインナップも含めて非常に楽しみだなぁ~と感じております。
エナジーセイバー+は純正装着でも幅広く装着されているのでこれからも併売されていく事になると思います。
また続報有り次第お伝えしたいと思います!

BMW92M3タイヤ交換ミシュランパイロットスポーツ4Sを装着

BMWM3ご来店です。
Mシリーズの車両は純正でランフラットタイヤが採用されていないモデルが多いです。
本気のMが求める運動性能にまだランフラットの技術が追いついてないという事なのでしょうか?

今回お取付させて頂いたのはミシュランパイロットスポーツ4S
現在のミシュランのフラッグシップモデルとなります。
しっかりとした乗り味をもちつつも非常に軽快なタイヤです。
お取付させて頂いたオーナー様からも高速でもとにかく直進安定性がよく運転がより楽になったとお声を頂きました。
ドイツ車あるあるなのですが、ハブとホイールの穴ピッタリで加工されているのでここが錆びると車体に取付時にちゃんとセンターが出ない恐れがございます。

当店ではタイヤ交換時に点検に必要に合わせてハブの磨きとカッパーグリスの塗布を行ってから装着させて頂いております。
オーナー様いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。