ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

THREEHUNDRED

車高下げ強化週間其の一

今週は足回りの作業が立て続けにご予約頂いております。
まずはこちらのアバルト595のオーナー様

THREEHUNDREDロワリングスプリングハーフダウンをお取り付けさせて頂きました。
適度のダウン量とオリジナルの乗り味を犠牲にしない適度なロール感のある商品です。
ただ下がって乗り心地が悪くなるような商品ではないのでダウンサスですが、こちらとしてもお客様に自身を持っておすすめ出来る商品です。

あとから調整の効かないダウンサスとしてはなにより大事なのが装着後の見た目

前後バランスも取れていて非常にちょうどいい落ち幅。
車高調まではという方には一押しのアイテムです!
同時にスタビライザーリンクを交換するのもおすすめです。

THREEHUNDRED es-02ネロスコルピオーネ

本日は午前中からたくさんのアバルトがご来店です。

なんとも賑やかな一日でした。

そんな中お待たせしておりましたホイールが入荷しましてお取り付けでのご来店です。

THREEHUNDRED es-02
esシリーズの中でもベストセラーなホイールです
カラーはネロスコルピーオーネ

純正の赤センターキャップがいいアクセントになって足元決まりました!

ミラーとも同色であっているのがグッドです。

おかげさまで当店では数多くのアバルトのホイール、足回りを担当させて頂いておりますので、お客様のご要望に合わせてのインセット選びや足回りの仕様のご相談に深く承る事が可能です。
ツライチから車検対応のジェントル仕様まで是非ご相談ください。

アバルトの下回り

アバルトに限らずですが、自分の愛車がリフトに上がったところを覗きにくる方多いです。

自分の愛車の下回りってなかなかじっくりのぞく機会ってないですもんね。
それにこんなかっちょいいマフラーがついてたらそりゃのぞきたくもなるってもんです。
性能、サウンドも素晴らしいですがなによりこのルックスが人気の秘密なマフラーです!

アバルトのマフラーはあまり選択肢多くはありませんが、つけて満足なマフラーはやっぱりコレだと思います!
お問い合わせお待ちしております!

お気に入りの一品!

今週はアバルトのシリーズ3のご来店が非常に多かったです。
皆様例のアレ気になってる模様でございます。
ついでにオイル交換という方も多かったですね。

THREEHUNDREDのオイルレコード。
エンジンルームを開ければすぐにいつ交換したかがオシャレに確認できるアイテムです。

THREEHUNDREDのesホイールは個性を主張するにはぴったりのホイールです。
スタンダードで用意されているカラーの他にもお好みのカラーでオーダーする事が出来ます。

その中でも以前当店にてご注文頂いたこの渋いゴールド!
私もそしてオーナー様もお気に入りの一品です!
インセットかなりこだわって制作した思い出深いホイールの一つです。

人と変わった事がしたい方からのお問い合わせご相談随時お待ちしております(^ ^)

さらなる刺激をお求めの方!

アバルトに乗られているユーザーさんの多くはその刺激的な走りに惚れてご購入されている方が多いかと思います。
そんなアバルトを更に刺激的にするアイテムで一押しなのがTHREEHUNDREDのチューニングECUです。

店舗イベントの日以外でもご購入前提にかぎりご予約頂けましたら店頭にて施工可能となっております。
非常にトルクフルで最初はスポーツモードの加速に怖さを覚えるほどです。
劇的に変わりますのでおすすめ一押しのアイテムです!

THREEHUNDREDニューカタログが出来ました!

本日入荷したというTHREEHUNDREDの最新カタログが早速店頭に届きました!
わざわざ代々木上原から車で届けて頂き感謝です!

カーボンパーツをはじめてとする全ラインナップの羅列されたカタログと、ABARTH専用のホイールブランドesシリーズに二部構成!
見た目にもおしゃれなこのカタログ、店頭にて飾っておりますので是非遊びに来てくださいね!

THREEHUNDREDの数多くのパーツは非常に人気がありましてバックオーダーをこなしていてなかなか即納出来ない商品もございます。
そんな中現状少し在庫に余裕があるよ〜という耳よりな情報がございましたのでここでご紹介します!

大人気マフラーテールフィニッシャーも色によっては数少なめだそうですが、現状全色在庫有り!
との事です!
探していた方はお早めのお問い合わせお待ちしております!

カスタムアバルト大集合!!

本日は午前中からたくさんのアバルトユーザーの方がご自慢のアバルトで現在展示中のTHREEHUNDRED現行デモカーを見に遊びに来てくれてなんとも賑やかな一日でした!

ここに写ってる車全部esホイール履いてます!
また本日はTHREEHUNDREDの代表もお店を訪れてユーザーさんとSEMAの話やアバルトの気になるところの相談事などなどアバルト店舗各所でアバルト談義に華が咲いておりました。
こちらのデモカー展示は2月4日までとなっております。何卒よろしくお願いします。

そして明日に控えましたK4GPの準備も無事に終了致しました。

ドンガラ車内にこれでもかと荷物を積まれてローダーに鎮座まします#373タイヤマンアルト
メンバーもお店に集まり最後の作戦会議も終了し明日を待つばかり!

明日は当店私店長マツモトは不在ですが、当店は通常営業となります。

K4-GPはフジスピードウェイにて8時コースイン9時スタートとなります。
TEAM-MTMMITAKAのピットは13番ピットとなります。
是非お時間ある方は遊びに来てくださいね。

最新のヤツと最初のヤツ

先日告知させて頂きました、アメリカで行われたSEMAショーに展示された車両THREEHUNDREDのデモカー308が前倒ししてやって参りました。
THREEHUNDREDのデモカーには歴代名前がついておりまして、ブランドネームである300にかけて、初代が3012代目が302と続き300以下のナンバーを与えられた車まで合わせるとブランド発足からもうすぐ丸6年で10台以上のデモカーを制作しております。
そしてそんな現行車両である308が店頭にて2月4日までの予定で展示させて頂いております。
(124spiderのデモカー306は予定通り30日より店頭にて展示予定です)

そして当店にはそんなTHREEHUNDREDの歴史の1ページ目である301号がございます。
301号とはまったく違うスタイルの現行308にはTHREEHUNDREDの最新パーツそしてまだ未発売の開発中のパーツも装着されております。

走る方にはこれから人気の出そうなロールバーの自社にて車両をもっているからこそのフィッティングと実用性を兼ね備えたデザインとなっております。

これは開発段階のパーツなので発売時は全然違う物になるかもしれませんが、2座登録に仕様変更している301号にはすぐにでも取り付けたいパーツであります。

インテリアもすべてカーボン一色で統一されております。

その質感の高さは是非生で見て頂きたいポイントです。
これから購入をご検討されていた方にはなかなか実物を見る機会も少ないかと思いますので、取り付け時のイメージ等固めやすいかと思いますので、カーボン全部乗せなデモカーを見て頂けると幸いでございます。

もちろんワイドなボディなマッチョなホイールも是非見て頂きたいポイントです。

鍛造ディスクに3ピースのTHREEHUNDRED es-04は特注そして特注加工でブラッシュドにキャンディーレッド。
写真では絶対伝わらないので是非現物見に来てください!
すごいですから^ ^
ということで先立って展示させて頂いております、308号のご紹介でした!

奴らがやって来る!!イベント告知

先日よりしつこいぐらいにご紹介させていただいているRE-71RSを早速ご指名頂きましたのでお取り付けさせて頂きました。

今まででにRE-71Rを装着してサーキット走行を楽しまれ奥様のお買い物にも対応するアバルト595にお取り付けさせて頂きました。
どのように変わったのかお話を聞くのがとても楽しみです!

まだご紹介していなかったサイドウォールのデザインですが、ロゴは変わらずですが、浮文字がよりくっきりはっきりいたしました!

性能にはまったく関係ありませんがとてもかっこよしです!

話は変わりましてこちらは告知です!
1月30日から2月4日の間、ミスタータイヤマン三鷹店、店頭にてTHREEHUNDREDさんの現行デモカーの2台を店頭展示させていただく事が決まりました。
これからは全国各地のイベントに旅立って行く前にアメリカSEMAショーの舞台を踏んだあの2台がタイヤマンにやってまいります!

圧倒的な存在感のデモカーを是非生で見にきてくださいね!
少量ながらまだSEMAショーで配布した限定カタログもございますので、この機会に是非お店に足を運んで頂けたら幸いです!
なお店頭に展示中の308の足元に何かが起こるかもしれません!!
そちらも乞うご期待!

THREEHUNDRED es-03をABARTH595に装着

アバルト用でカスタムオーダーの出来るホイールといえばTHREEHUNDRED
中でも鍛造1ピースのes-02.03は当店ではコンスタントに売れ続けております。
当店で取り扱い始めてもう4年以上経ちます。長い期間売れ続けるのにはやっぱりそれなりの理由があるんだと思います。

今回のオーナー様はこれからサーキット走行も検討中ということでダンロップZⅢとセットでインストールさせて頂きました。
7.5J幅で1ピースという選択肢自体が中々ないのは当然かもしれませんが、何よりインセット、そしてカスタムカラーが豊富なのも魅力です。
もちろん標準色も抜かりなし。
ネロスコルピオーネ(艶有黒)は特にオーダーを頂くカラーです。

ブレンボキャリパー車は純正に比べてドンと主張が効きますよ!