ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

動画

新商品ミシュラン CROSSCLIMATECROSSCLIMATE(クロスクライメート)発売

ミシュランより新商品の発表CROSSCLIMATEシリーズのご紹介です。

かなり変わったデザインです。
こちらは現在日本でいう所のオールシーズンタイヤというカテゴリーのタイヤとなります。
ただしミシュランのカタログでは「雪も走れる夏タイヤ」という事になっております。
まず最初にはっきり申しておかなくてはならいのが、夏タイヤよりも運動性能は低くスタッドレスよりも雪上性能も低いです。
どっちの性能もこなせるというのはつまりそういう事です。
決してこのタイヤをけなしているのではなくオーナー様の意向によってはかゆい所に手の届いたタイヤになる事は間違いありません。

そしてここは個人的な意見だったり解釈になるのですがミシュランのタイヤ作りにおいて根幹にある理念としてどの性能も犠牲にせずにタイヤに求められる性能のトータルバランスを重視する。
というものがございます。
まさに現在ラインナップされていどの商品もすべての性能が高次元にあったなかでスポーツ性能だったりコンフォート性能、ライフ性能に優れたタイヤという物がラインナップされております。

そんなミシュランタイヤがまさに高次元でそしてどこでバランスを取るのか?
非常に判断の難しいオールシーズンタイヤというカテゴリーにタイヤをラインナップをしたという事が私としては驚きであり、そしてどんなタイヤなのか非常に興味深い部分でもあります。

ミシュラン公式チャンネルにインプレッション動画がありました。
氷上はともかく雪上性能は中々の物な気がします。

ベクター4シーズンというグッドイヤーのオールシーズンタイヤは当店でも指名でお客様も非常に多く装着後に頂くお声も高評価の多いです。
私自身も試乗会にてその気になる雪上性能を体感させて頂いております。

このタイヤについてはまだまだ未知な部分もありますが、ちょっと楽しみでもございます。
長くなりますのでまずこんなタイヤが発売になったよというご報告までにさせて頂きます。

POTENZA RE12D使用経過のご報告

昨日当店のお客様と富士スピードウェイのスポーツ走行をご一緒してまいりました。

シュミレーターと日頃の練習の結果がここの所メキメキとタイムに現れているオーナー様。さて本日はどうでしょうか?

黄色のボディに黄色のハーネスがメチャクチャクールです!

スポーツ走行時のドライビングポジションを非常に重要なタイムアップに繋がるファクターだと思います。
どんなスポーツでも姿勢、フォームって重要ですよね。

さて私店長マツモトとデモカー301号の本日の課題ですが、

POTENZA RE12Dの評価や使い方への理解を深める事。
タイヤ変更に伴う足回りのセットアップの再検討。
そしてなによりその結果としてタイムを出す事。
以上なのですが、結果や如何に??

RE-12Dに履き替えて一番最初のタイヤだけでの印象ですが、とにかく縦方向の強い印象でブレーキングをいつもよりがんばって、小さく回って早く立ち上がるイメージを重要視しました。
フジでいうと第3セクターではいつもよりボトムを落としてでも立ち上がりを速く。
このイメージで過去ベストの8秒台が出ました。
今回もこのイメージを中心に前回温まり切らず低かった内圧を調整して走行。
フィーリングはよかったのですが、残念ながらベストラップ更新とは行きませんでした。
さてここでずっとに気になっていたのが100Rの出口でのアンダー気味で待つ時間が非常に長く感じている部分がありましてここを足回りの減衰調整を行い走行。
以前よりがんばることなく8秒台をマークすることができました。
それでもタイムタイムと意識がいっている為かなり荒い運転になってしまったことは大いに反省しなければいけない点だなと思います。
タイヤに合わせてもう少し足回りのアジャスト出来ればもっと楽に速く走れそうです。
一番最初に乗った時が非常に寒く中々タイヤが昨日するところまで持って行けずかなり苦労しましたが、使用しているうちに大分信頼感も出てきて高速コーナーも少しづつ頑張れるようになってまいりました。

さてこちらが昨日使用後に撮影したフロントタイヤの状況です。

フジスピードウェイを30分を4本1時間を1本。
合計3時間の走行です。
グリップレベルが落ちてきている感覚は今の所ないですし山的にもまだまだといった所です。
裏組みしないでも左右ローテーションができるのはとってもグッドなRE-12D使用経過報告でした^ ^

あけまして初詣!

あけましておめでとうございます。
本日から通常営業の当店。
そんな前日アバルト仲間の皆様と恒例行事となっております、富士スピードウェイへの初詣に行ってまいりました。

富士山の見えるフジスピードウェイ。
今年も一年お世話になります。
さて私の301号昨年と違う使用になっているのはなんといってもタイヤ。
POTENZA RE-71からPOTENZA RE-12Dへと変更致しました。

よりサーキット向けにチューニングされたタイヤなのでタイムアップは必須。
ということで今までのベストラップを上回る2分8秒台が目標となります。

たくさんのアバルトが集まりました。

さて肝心のタイムの方ですが、ベストラップの車載動画です。

2分8秒台はひとまず出たのでほっといたしました。
そういうのもタイヤってグリップが上がったからと言って簡単にタイムが出ると言ったらそうでもないこともあるからです。
同じメーカーといってもフィーリングも違えば内圧管理もまったく別物でした。
縦剛性が素晴らしい事にいち早く気づけたので縦方向を意識して走った事でなんとかタイムに繋げられましたが、まだまだこのタイヤの素晴らしい部分の1割ほどしか理解出来なかったな。
という印象でございます。
71Rが非常に扱いやすいタイヤに対してこのタイヤは乗り方を求められる部分が大いになるなと感じました。
ケース剛性の高さからくるブレーキングでの安定感はとっても素晴らしかったです。
今月にはもう少しロングランできる機会もありそうなのでライフだったりロングランでのグリップレベルの変化についてももう少し理解が深められるかなと思います。

なにはともあれ新年早々気心知れた皆様と和気藹々と楽しい時間を過ごせたことがこの日の一番の収穫でございます。

今年もよろしくお願いします。

ABARTH用サイズ有ります(RAYS ZE40)

TE37.CE28に次ぐRAYSの本気系ホイールの新作ZE40
その中でもタイムアタックエディションという特別カラーでの期間限定販売のシリーズにABARTH用サイズがラインナップされている事をごめんなさい本当に最近知りました。

しかもかなり攻めたオフセットでのラインナップ。
7.5-17 et34です。

PCD98って全然国産ホイール選べないじゃん。
とお嘆きだった方お待たせいたしました。

期間限定販売という名目ですが、ようは1ロット作って反響がそれほどなければ売り切って終了という所かと思われますので、是が非でもほしいという方。お早目のお問い合わせお待ちしております。

さて今日は先日の筑波サーキットでの動画もご紹介したいと思います。
当日は私店長マツモトではなく黒岩君がドライブしておりました。
筑波のコースレコードも持つ筑波スペシャリストの雨ラインは非常に勉強になります。

中々いつも走っているラインを外して走る事には躊躇、抵抗がありそして逆にどこ走っていいかわからなくなっちゃうので、とっても参考になりますので是非ご覧いただければと思います。
もちろん一番いいのはサーキット走行当日が快晴である事なんですけどね( ゚Д゚)

雨のフジ

台風がこちらに向かってきている最悪のコンディションではございましたが、前々から皆様と約束していた走行会に参加の為フジスピードウェイに行ってまいりました。

先日のWECでも濃霧で赤旗で何度も中断されていますが、そんな濃霧の中みんなで元気良く無理せず楽しんできました。

THREEHUNDRED現行デモカーも参加してアバルト仲間と和気あいあい。

走行後は皆さんでドライビングの話で大盛り上がり。

濃霧、そして雨の為各所でクラッシュ等があった中仲間内みんなが無事に走行を終えられたのもこうやって気心しれた仲間と楽しくおかしく情報を共有して日々みんなでスキルアップしているからこそなのかなと思いました。

私は年内最後のサーキット走行が雨ということでちょっと残念ではありましたが、今年最後のサーキット走行もご一緒した皆さんが笑顔で終われた事が何よりでございました。

今年最後の走行動画。
来年は車の向きをもっと早く変えられるようにしたいです。

練習♪練習♪

昨日の宣言通り、本日は袖ヶ浦フォレストレースウェイにお客様とサーキット走行に行って参りました。
海ほたるを通過する頃にはドシャ降り模様となりまして、、、

完全にウェットコンディションでございます。

コース上は天気のおかげもありまして、非常に台数が少なく、走りやすい状況でした。

雨ではいつもお世話になりますTTCスイッチをON!
いつも使用しているRE-71Rではないタイヤでの初のウェット走行。
どれだけ71Rがウェットで優れているのか今回はそれがわかっただけでも非常に有意義でした。
縦のブレーキングもそうですが、なにより発熱が良いのでグリップが安定するまでが早い71R。
改めて惚れ直した次第でございます。


雨の中元気良く走りましたが無事事故もなく走行を終えることが出来ました。


またしても雨の袖ヶ浦、私完璧なドライで未だABARTHで走った事ほとんどないんです。。
神様そろそろお願いします(*^^*)

お客様とのランデブー動画です。お暇な時に覗いてみてください。

暑いけどやっぱり楽しい~~

本日は店長マツモトはお休みを頂きまして、THREEHUNDREDサーキットサークルと名打たれた、アバルト仲間な皆さまと筑波サーキットにてスポーツ走行を楽しん出来ました。

総勢20台ほどのアバルト。
みんなでチキチキ、暑かったけどとっても楽しかったです。

いつも当店をご利用頂いているお客様もご一緒に参加。

毎度毎度走ってはデータや撮影動画を見て非常に勉強熱心でして、メキメキとスキルアップされていく様を見ているのはお車にかかわらせて頂いている私としては非常に嬉しい事でございます。
当店のオリジナル車高調を装着して頂いているのでフィードバックなどもたくさん頂けました。

さて本日の目玉はこちらの動画。
最後にスタンディングスタートでの模擬レースを行いました。
アバルトのワンメイクレース!
いつか実現しそうですね。

ご参加の皆さま一日遊んで頂きありがとうございました。
またこういったイベントやスポーツ走行をこれからされてみたいという方!
ウェルカムですので、参加までの過程や参加方法などどんな準備が必要かなどわからない事はなんでもご相談にのりますので、お気軽にお問合せまたはプラっと遊びに来てくださいね!

一体感アップ!

おかげ様でアバルトのオーナー様から大変ご好評頂いております。
YHREEHUNDREDロワリングスプリングキット。
(装着後のスタイリングはこちらからご確認頂けます)

いつも当店をご利用頂いておりますオーナー様からはご一緒にこちらをお取り付けさせて頂きました。
THREEHUNDREDピロアッパーマウント

装着後試走させて頂きましたが、純正サスとは思えないぐらい路面への追従性が上がったように感じました。これはワインディングなどステアリングからのインフォメーションの欲しくなるようなシチュエーションではより楽しくなっちゃうアイテムですね。


ホワイトというカラーもカッコヨシ!

さてさて先日行われたTHREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayの当日の模様が公式にアップされておりました。

当店デモカー301号もたくさん写っててなんともうれしい限りです!
が一番はやはりご参加された皆さまのはじける笑顔!
当日の事を思い出してニヤニヤしてしまったのは私だけではないと思います。
是非是非ご覧くださいね!

楽しい楽しいお祭りでした

5/27快晴に恵まれた、F1も走る国際格式のサーキットフジスピードウェイにて行われたABARTHの祭典THREEHUNDRED meeting Fuji Speed Wayに当店デモカー301号さんと共に参加させて頂きました。当日の模様を簡単にではございますが、ご紹介させて頂きます。

フジスピードウェイという名前だけありサーキットからは富士山が望めます。
最終コーナーのアウト側に見えるのですがそっちみているとコースアウトしそうになるので要注意です。

いちエントラントとして参加させて頂きましたがせっかくなので、当店のお客様にご協力頂き、es-04とアバルトサイズのおすすめタイヤを展示させて頂きました。

THREEHUNDREDの新作ホイールと一緒に展示させて頂いた事もありたくさんのアバルトオーナー様にご覧頂きたくさんお話しさせて頂きました。

THREEHUNDREDの歴代デモカーが勢ぞろい。

新しいes-05を履いた299も初お目見え。
たくさんのオーナー様に観察されていましたね。

さてさて今回スポーツ走行には私店長マツモトはたくさんのオーナー様とお話ししたかった事もあり急きょ最強の代役に301号に乗ってもらいました。

現在はvita trophyで活躍中の黒岩巧選手

とってもファニーな黒岩選手はドーミーインさんのマスコットキャラクタードーミーインコとも仲良しでございます。

スポーツ走行枠は満員御礼。

THREEHUNDREDのスポーツ走行は初心者の方優先です。
皆さま紳士なふるまいではじめてフジを走ったという方が多い中接触等のトラブルもなく無事にプログラムを終了いたしました。

1コーナー目がめて200キロからブレーキングする様は圧巻です。

THREEHUDREDの濃ゆい部分を凝縮した2台の武闘派アバルトが2台ならんでストレートを疾走する姿は圧巻でございました。

ギャレットタービンへの換装からここまでTHREEHUNDREDと一緒にセットを煮詰めてきたアバルトとTHREEHUNDREDがこれから市販化を予定しているグレッディのタービンキットへ換装した開発車両を担うアバルト。ぶっちぎりの速さでした。

ミーティングへの参加の方もとても多くの方にご参加頂きまして、Bピット前の駐車場がほぼ満車でございました。

そんな全員参加のパレードランの写真です。

これが全部アバルトだというのだから驚きです。

これだけの台数のアバルトに集まってもらえるイベントって早々ないと思います。
それだけの魅力がこのTHREEHUNDREDというブランドにはあるのだなと再認識させて頂いたイベントでございました。

私個人としましてはいつも当店をご利用頂いているオーナー様もたくさんご参加頂き、スポーツ走行を楽しまれた方、ミーティングにご参加いただいた方たくさんいらっしゃったのですが、その皆さま一日とても楽しかった笑顔でお帰りになって頂けた事が本当に嬉しかったです。
スポーツ走行をされた方はこれからの課題が見つかった方いらっしゃると思います。
私で力になれる事は微力であると思いますが全力でサポートさせて頂きますので、またお気軽に遊びに来ていただければと。

最後に動画です。

スポーツ走行への出走シーンを収めておきました。