ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

サソリの冬仕度

毎年この時期全国各地からお問い合わせを頂くアバルトのスタッドレスのお話。

今年新たな選択肢と加わりました、NOKIANアーバンウィンターシリーズ。
アバルトに装着可能なサイズには残念ながらハッカペリッタシリーズの設定がなくこちらのアーバンウィンターでの対応となります。
使用環境が関東近郊でどちらかというとドライ路面は夏タイヤにあまり劣らないレベルで冬季もドライブを楽しみたい。
そんなご要望にぴったりなタイヤとなっております。

スピードレンジ240キロ。
比較的コンパウンドも柔らかいので無茶しなければ雪道も問題ないでしょう。

お客様の用途によって冬用タイヤのチョイスは変わってきます。

当店では数多くのメーカーを取り扱いしておりますので、ご予算や使用環境などをお伝えいただければ、オーナー様にとってのベストマッチをご提案させて頂きます。


みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

逆ゾリ

オーナー様大変お待たせしまして申し訳ありませんでした。
THREEHUNDRED es-03
コルサビアンコのなんと8Jのお取付です。

トリブートフェラーリのエンブレムに白のスポークデザインで、なおかつ逆反ってるとなると、

クラシカルなフェラーリの雰囲気を醸し出していてとっても綺麗にになりました。
キャンバー無し、シェルケースも細めのKW車高調のおかげで一番心配なインナー側もスペーサー無しでビシっと決まりました。
タイヤはミシュラン パイロットスポーツ3

8Jをアバルトに履く。
ツラツラにしたいというオーナー様のご希望にそう形で仕上がりました。
改めてましてオーナー様誠にありがとうございました。

こんなカスタムはいかが??

こんなカスタムはいかがでしょうか?
FIAT500にABARTH500の純正ホイールを換装。
さらにABARTHのesseesseキットに使用されている赤バネでちょっとスポーティー&お手頃にローダウン。

どうです?個人的にはとっても似合ってると思います^ ^
ちなみに納車の際に街乗りさせて頂きましたが、非力なTwinairにインチアップなんてその持ち味をスポイルするようなイメージですが、私の乗った感じですとインチアップに対してもっとネガティブな部分が顔をのぞかせるかなと正直思いましたが、まったくそんな事なかったですね。
むしろスポーティーに走りたい人には結構おすすめ出来る乗り味でしたね。

FIAT500にアバルトエンブレムのセンターキャップをそのまま使用しない。
ここがこのカスタムのミソでございます。

センターキャップの径一緒だから問題なく使用可能です。

こちらのオーナー様は私のいきつけのちゃんこ屋さんのオーナー様で常日頃お世話になっておりまして、まさかこんな形でこんなご縁でお車を触らせて頂く機会がくるなんて!
マスターこれからもお世話になります^ – ^

なお私店長松本、明日からの土日二日間私用でお店空けさせていただきます。
店舗は通常通り営業しております。
何卒よろしくお願いします。

ABARTH595タイヤ交換 コンチネンタルMC6

ABARTH595オーナー様、タイヤが交換時期となりましてご遠方よりご来店頂きました。

205/40-17とちょっと変わったサイズを採用しているABARTH500系。
しかし当店でこちらのサイズは当日対応出来る商品をいくつかご用意しております。
当日売れてしまい入荷待ちで対応出来ない事ももちろんございますので、ご来店前にご確認頂けますと幸いです。
お選び頂いたタイヤはコンチネンタル マックスコンタクトMC6になります。


オーナー様お買い上げまたご遠方からのご来店誠にありがとうございます。

ABARTH595シリーズ4カスタム

販売開始からもう一年以上が経ち当店でも見かける機会がとっても多くなったABARTH595シリーズ4。カスタムのお話を頂く機会も非常に増えました。とくにお話を頂くのがやはりホイール。
どうしてもシリーズ4純正のホイールのデザインが気に入らないという方が多い模様です。
こちらのオーナー様はそんな気になっていたアバルトのホイールとそれに見合うスタイルを作るべくサスペンションキットと同時に施工させていただきました。

車高が決まって入ればおのずともうそのアバルトに必要なオフセットがポンポンと出てくるようになりました。
100人100様のカスタムがあると思います。是非その思いをお伝えください。ご期待に応えるよう精一杯やりますよ。

THREEHUNDREDサスペンションキットで仕上げた車高です。
前後共に余裕のある調整幅で乗り心地走りの性能を確保しつつ理想の車高に仕上げられます。

リヤの車高もきっちり落ちます。

カスタムの幅の広いTHREEHUNDREDのホイールはアバルトのカスタムの幅をかなり広げてくれました。
3ピースから鍛造1ピースまで各要望に答えられるホイールが揃っておりますしこれからも新しいデザインがリリース予定?目が離せない展開が続きますよ!

大人の選択  es-03ブラッシュドカッパークリア

以前当店のオーナー様からのご要望でトライさせて頂いた切削加工した上に素地が透けて見えるカッパークリア塗装を施したスペシャルes-03

パッと見ではわからない。近くで見るとその手の込んだ一品に度肝を抜かれこの加工&塗装。
ブラッシュド加工された所にカッパーなので影などでは非常に鈍く光り、明るい所でも光の当たり方で様々な表情を魅せる大人のホイールです。(目立ちたがり屋でついつい光物を選んでしまう私には絶対出来ないチョイスです(⌒-⌒; ))

写真ではなかなか伝わらないのですが、本当にいい色で、所有感を味わえる素晴らしいホイールです。

珍しい配色のビコローレ、こういったお車のホイールの色選びは本当に難しい。

ですがキマってお客様のにっこり顏ですべてが報われます。
拡張性の高い esホイールだからこそたどり着けた形です。
人とは違う!自分だけのアバルトを作りたい方是非お問い合わせくださいませ。

POTENZA RE-12Dの実力や如何に?!オーナー様インプレッション

===================
イベント情報

今週末だけの特別価格が飛び出る大商談会です。
皆様是非遊びに来てくださいね。
===================

発売したてPOTENZA RE-12D
いつもお世話になっているアバルト595のオーナー様が早速装着しサーキット走行を行い貴重な貴重な生の声を頂きました。
POTENZA RE-12D
こちらのオーナー様はこれまで71Rも数セット愛用頂いており、気になる71Rとの比較についてもお話を伺う事が出来ました。
POTENZA RE-12D
71Rにも絶対に信頼を頂いておりましたが、今回お車のタービン交換に伴うハイパワー化。
富士スピードウェイでのラップタイム向上にとまだこちらのとしてもどんなタイヤか実体験のないところで実戦投入を決意して頂きありがたい限りです。

そして早速フジスピードウェイにて走らせてきたお話を聞かせていただきました。

(基本71Rとの比較でお話を聞いております)
初めてのタイヤといことで最初は恐る恐るとスタートしていったそうですが、最高速からのブレーキングをする1コーナーで明らかなグリップの高さを感じたとのことです。
タイヤの剛性自体も明らかに高いのでより鋭いブレーキングにも対応していけそうです。
特に最高速が上がっているグレッディータービン車両ではその恩恵は大きそうです。
フジスピードウェイでのハイスピードコーナーといえばコカ・コーラコーナーから100R。
車が不安定になりがちなコカ・コーラでもどんどん進入速度が上げられてなおかつアウト側にまだまだ余裕があるほど、横方向のグリップの一回り上のレベルのようです。
私のアバルトでもタイヤがへたって来ると思い通りのラインに乗せることが難しくなる100Rもライン取りに余裕が持てるほど自由度があったとのことです。
グリップが上がるとピーキーな性格になるのかなと?私も予想しておりましたが非常にコントローラブルな性格なようでとにかくドライビングしているのが楽しくどんどん奥へ奥へ!前へ前へ!という気持ちにさせてくれるタイヤのようです。
ご本人的には納得のいくタイムまでは届かなかったとのことではございましたが、今回初めて使用したタイヤということもありますしお話を聞いている限りではまだまだもっともっとタイムアップ出来る要素がありましたので、来シーズンのタイムアタックシーズンがとっても私としてもとっても楽しみになりました。

(先日の筑波1000でのゼッケンが12番だったのも何かのご縁ですかね?)

今週末のPOTENZAスペシャルプライスデイでももちろん12Dもスペシャルプライスでお待ちしております。実際現物も店頭にございますので、気になる方は是非ご来店頂き実物をまじえお話させて頂ければと思います。
オーナー様貴重な当店での最速インプレッションありがとうございます。

おしゃれは足元から

昨日は筑波コース1000にてアバルト仲間の皆さまと終日サーキット走行を楽しんできました。

気心知れている皆さまと愛溢れるチッキチキな模擬レース有り

ワイワイBBQ有りの

アバルトオーナーさんが経営する焼肉屋さんからの差し入れお肉最高でした!
その他にも見学に来られていたご夫妻からの旬真っ盛りのタケノコご飯の差し入れありとお腹までいっぱいの大満足な一日でした。

でもこの日はサーキット遊びもそうですが、ただただ自分の車を皆さんにチヤホヤしてもらいたくて笑
足元お色直しした私の301号さん
THREEHUNDRED es-03 バフフィニッシュ
スペック 8J-17 et43 4H-98

色々な方にカッコイイネ!と有りがたき言葉を頂き一日ニヤニヤの止まりませんでした。
このサイズを装着するにはやはり現車確認が絶対条件です。
お客様の車で行きあたりばったりをするわけにもいかないですし、改めて装着する事が出来て各所気になるところが確認できてよかったです。
500系に8Jの波が来るのか?
人柱としての役目は果たせたかな?と思っております。


オシャレは足元から。
愛車のホイールと私の最近お気に入りのフィンランドに行っていた際にたまたまVANSショップで見つけメタリカスリッポン。

当店別注es-02ブラッシュド オーダー頂きました

以前当店で1THREEHUNDREDサスペンションキットを施工させていただきましたオーナー様。
車高を落としたら、、、、、、やっぱりホイールですよね!(^^)!

当店の301号も履いていたes-02ブラッシュドをチョイス頂きました。
正直こちらのお車の色使い、ホイールのデザイン、そしてカラーでいろいろとご相談頂いていたのですが、かなり迷いました。
ツーリズモ純正ホイールのイメージをあまり崩したくないけどほかの人とちょっと違ったチョイス。
といったらこれしかないでしょう!ということで自信を持っておすすめさせていただきました。


鍛造らしいエッジの効いたデザインがより引き立つこのブラッシュド加工。
派手すぎない所もおすすめポイント!


オーナー様は社外のビッグキャリパーキットを装着しておりますがもちろんes-02ならばそのあたりのクリアランスも余裕でかわします。


今回は車検対応大前提での制作でしたので、7J-17 et35で製作致しました。
おしゃれなビコローレのイメージを崩しすぎずイメージチェンジに成功しオーナー様にも大変ご満足頂けました。
この仕事をしていて本当に嬉しい瞬間の一つでございます。
オーナー様いつも当店をご利用頂きまことにありがとうございます。

ドンピシャ! THREEHUNDRED es-05をABARTH595に装着

明日水曜日は当店定休日となっております。
誠にご迷惑お掛け致しますが何卒よろしくお願い致します。

いつもお世話になっている595グリジオレコードなオーナー様
人とは違ったスタイルを!という事で数あるホイールの中からTHREEHUNDRED es-05をチョイス頂きました。

実はご夫妻でアバルトライフを楽しんでいるオーナー様、奥様からの強いプッシュもあってes-05に決めたとか!なんともご理解&センスある奥様にも脱帽でございます。
THREEHUNDRED es-05
es-05って少しとっつきづらいというか装着後のイメージがしづらいホイールだと思います。
カスタム性も非常に高くカラーだったりピアスボルトの有無を決められたり、人とは違ったスタイル引き出す素材しても非常に高い物を感じます。

THREEHUNDRED es-05
定番と言えば定番なのかもしれませんがボディ同色に近しいグリジオメタリコはまさにドンピシャな決まり方です。
当日私は店頭にいなかったので写真でしかまだこのお車を見れていないのが非常に残念でございます。
またお会いして実物を拝める日を心待ちにしております。
オーナー様いつも誠にありがとうございます。