ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

タイヤ

ADVANが非常にお買い求めやすくなりました!

スポーツ走行をされる皆さまに朗報!
ヨコハマタイヤのスポーツブランドADVAN
こちらのタイヤが非常にお買い求めやすくなりました。
非常におもしろい施策を打ってくれまして、今まで正直価格的なメリットをお客様にまったくと言っていいほどご提示出来なかったので中々当店では販売出来ておりませんでしたが、この価格ならば結構気になるお客様もいるのでは?と思いまして、まずはこちら

ADVAN A052

商品詳細、価格につきましてはこちらのページでご確認頂けます。

メルセデスW124タイヤ交換 ミシュランのオールシーズンタイヤ

W124でオールシーズンタイヤ。
このお問い合わせ実は結構あるんです。
もう何年も前から当店の常連さんでかならず2年一回ベクター4シーズンを新調される方。
その他にも古いお車ではありますが、非常にアクティブにご使用されているかたの多いW124

今回ミシュランから発売されたクロスクライメイトをお選び頂きました。
ベクターよりも少しオンロード向け?といったイメージのタイヤになります。

正直こんなパタン、コンパウンドで雪大丈夫なのかな?と思っていたのですが、この動画を見る限りではなかなかの走破性能なんですよね。

お車を海に山にアクティブにお使いの方、オールーシーズンタイヤというチョイスも選択の範囲にいれてみてはいかがでしょうか?

ハスラーTOYOオープンカントリーにタイヤ交換

実は当店ハスラーのオーナー様のご来店結構多いんです。
タイヤを変えるだけで見た目も劇的に変わりますよ。

そんな中でもリフトアップもせず純正タイヤサイズでオフロードっぽさが出せるオープンカントリーはとても人気があります。
リフトアップ、ローダウン、そしてアルミホイールとハスラーカスタムも是非当店にお任せくださいませ。

ミシュランの新商品クロスクライメイト入荷!

ベクター4シーズンズを皮切りに各社がラインナップを進めているオールシーズンタイヤという新ジャンル!あのミシュランからも発表があった事は以前お伝えさせて頂きましたが、昨日お客様よりオーダー頂き実物を拝見することが出来ました
ミシュランクロスクライメイトの価格はこちらから

独特のパターンですよね。
一見すると昔の初代パイロットスポーツを思い出すのは私だけではないと思います。

他メーカーのオールシーズンなどと違いスタッドレスタイヤ特有の細いサイプ形状は採用されておりません。夏タイヤに比べるとブロックの鷹さ、そしてブロック間の溝は広くとられております。

この動画でもわかる通りいわゆる雪上性能はしっかり踏み固めしっかりとしたブロックで排出しスタッドレスに近い性能で走る事が可能のようです。
あくまで東京近辺での突然の降雪のみを想定して使うのであればドライ路面の性能もそこそこのようなのでまた新たなジャンルとしてお客様から御支持を頂く事もあるのかな?と思います。

ちなみに今回入荷してきましたサイズ185/60-14は

ユナイテッドキングダム製でございました。
ミスタータイヤマン三鷹店のミシュランクロスクライメイトの価格はこちらから

POTENZA RE12D使用経過のご報告

昨日当店のお客様と富士スピードウェイのスポーツ走行をご一緒してまいりました。

シュミレーターと日頃の練習の結果がここの所メキメキとタイムに現れているオーナー様。さて本日はどうでしょうか?

黄色のボディに黄色のハーネスがメチャクチャクールです!

スポーツ走行時のドライビングポジションを非常に重要なタイムアップに繋がるファクターだと思います。
どんなスポーツでも姿勢、フォームって重要ですよね。

さて私店長マツモトとデモカー301号の本日の課題ですが、

POTENZA RE12Dの評価や使い方への理解を深める事。
タイヤ変更に伴う足回りのセットアップの再検討。
そしてなによりその結果としてタイムを出す事。
以上なのですが、結果や如何に??

RE-12Dに履き替えて一番最初のタイヤだけでの印象ですが、とにかく縦方向の強い印象でブレーキングをいつもよりがんばって、小さく回って早く立ち上がるイメージを重要視しました。
フジでいうと第3セクターではいつもよりボトムを落としてでも立ち上がりを速く。
このイメージで過去ベストの8秒台が出ました。
今回もこのイメージを中心に前回温まり切らず低かった内圧を調整して走行。
フィーリングはよかったのですが、残念ながらベストラップ更新とは行きませんでした。
さてここでずっとに気になっていたのが100Rの出口でのアンダー気味で待つ時間が非常に長く感じている部分がありましてここを足回りの減衰調整を行い走行。
以前よりがんばることなく8秒台をマークすることができました。
それでもタイムタイムと意識がいっている為かなり荒い運転になってしまったことは大いに反省しなければいけない点だなと思います。
タイヤに合わせてもう少し足回りのアジャスト出来ればもっと楽に速く走れそうです。
一番最初に乗った時が非常に寒く中々タイヤが昨日するところまで持って行けずかなり苦労しましたが、使用しているうちに大分信頼感も出てきて高速コーナーも少しづつ頑張れるようになってまいりました。

さてこちらが昨日使用後に撮影したフロントタイヤの状況です。

フジスピードウェイを30分を4本1時間を1本。
合計3時間の走行です。
グリップレベルが落ちてきている感覚は今の所ないですし山的にもまだまだといった所です。
裏組みしないでも左右ローテーションができるのはとってもグッドなRE-12D使用経過報告でした^ ^

ABARTH500系タイヤ選び(サーキット編)

当店にもデモカーのあるアバルト500

タイヤサイズがちょいと特殊でタイヤ選びに苦労されている方も多いかと思います。
以前あった500というグレードでは16インチ195/45-16というサイズで595には17インチ205/40-17というサイズが純正で採用されております。
今回はサーキット走行を考えているアバルトユーザーさんに的を絞ってツラツラ書いてみます。
まず現在当店のデモカーをはじめユーザーさんに一押しさせて頂いているのがRE-71R

公道走行での性能を犠牲にすることなく、熱が入った時にはその本領を発揮するタイヤでして、行きかえりを自走される方、このタイヤ一つですべてをこなしたい方には一番におすすめのタイヤです。
同じカテゴリーのタイヤであるネオバやダンロップZⅢももちろんおすすめですが、当店はBSショップであることから当店的には一番お値打ち価格でご提供出来る事、そしてなによりタイムが出る、扱いやすいこの観点から一押しとさせて頂いております。

ここまでお話ししているのですが、すべては実は17インチでも205/40-17ではなく215/40-17というタイヤサイズでのお話しになります。

205/40-17というサイズの設定がなく一番外径の近い215/40-17というサイズを選定しております。
外径が大きくなるぶん車高やホイールインセットによっては干渉のおそれがあるのですが、サーキット走行をする上で必要な性能のタイヤということでやむなくという所です。

そんな中ヨコハマタイヤのA052というタイヤのサイズラインナップが増えまして、205/40-17というアバルトサイズがラインナップされる事になりました。
ヨコハマタイヤ公式ホームページ


グレード的には71Rよりもサーキット性能を追求しているモデルなので発熱していない時に滑りやすかったりと公道走行での性能を多少犠牲にしているタイヤなので両手放しでオススメ!というタイヤではないのですが、新しい選択肢の一つになるかもしれませんね。
更につっこんだお話しをしたい方は是非店頭にてマツモトまでよろしくお願いします。

あけまして初詣!

あけましておめでとうございます。
本日から通常営業の当店。
そんな前日アバルト仲間の皆様と恒例行事となっております、富士スピードウェイへの初詣に行ってまいりました。

富士山の見えるフジスピードウェイ。
今年も一年お世話になります。
さて私の301号昨年と違う使用になっているのはなんといってもタイヤ。
POTENZA RE-71からPOTENZA RE-12Dへと変更致しました。

よりサーキット向けにチューニングされたタイヤなのでタイムアップは必須。
ということで今までのベストラップを上回る2分8秒台が目標となります。

たくさんのアバルトが集まりました。

さて肝心のタイムの方ですが、ベストラップの車載動画です。

2分8秒台はひとまず出たのでほっといたしました。
そういうのもタイヤってグリップが上がったからと言って簡単にタイムが出ると言ったらそうでもないこともあるからです。
同じメーカーといってもフィーリングも違えば内圧管理もまったく別物でした。
縦剛性が素晴らしい事にいち早く気づけたので縦方向を意識して走った事でなんとかタイムに繋げられましたが、まだまだこのタイヤの素晴らしい部分の1割ほどしか理解出来なかったな。
という印象でございます。
71Rが非常に扱いやすいタイヤに対してこのタイヤは乗り方を求められる部分が大いになるなと感じました。
ケース剛性の高さからくるブレーキングでの安定感はとっても素晴らしかったです。
今月にはもう少しロングランできる機会もありそうなのでライフだったりロングランでのグリップレベルの変化についてももう少し理解が深められるかなと思います。

なにはともあれ新年早々気心知れた皆様と和気藹々と楽しい時間を過ごせたことがこの日の一番の収穫でございます。

今年もよろしくお願いします。

身を以て体感!

恒例ともいえる年末のデモカー301号のメンテナンス。

ここの所毎年お客様達とお正月にフジスピードウェイに初詣?に行っているのですがその準備でございます。
油脂類の交換作業と足回りの点検。
そして本日の目玉はこちら

POTENZA RE-12D
完全サーキットスペックのこちらのタイヤ。
お客様からのフィードバックもたくさん頂いているのですが、やっぱり自分で体感しないと。
万人におすすめ出来るタイヤでないことは確かではありますが、一部の方には強力な武器になるであろうタイヤ。
どう使ったらおいしいのか?一日でそして1セットでどこまでわかるかはわかりませんが、当日晴れることだけを期待します^ ^

エルグランドの空気圧センサーでお悩みの方へ

日産エルグランドには純正で空気圧センサーが装着されております。
パンクにいち早く気づけてとても便利な昨日であることは間違いないのですが、問題はスタッドレスへの履き替えなどでホイールセットで交換した際です。

1、空気圧センサーを取付けないと警告灯が常時ついてしまう。
2、純正の空気圧センサーをディーラーさんで取り付けてもらう事で夏、冬両方センサーを正常に動作させることが可能ですが、毎度の履き替えの際にセンサーのセットアップが必要になる。(セットアップ料金もかかってしまう)

空気圧センサーは純正品だけでなく汎用品も出ております。

この汎用品のセンサーに純正で装着されているコードをこのセンサーに書き込む事が当店では可能です。


車両側はまったく同じものがついているとの認識なので、再設定もする必要がなくお客様へのご負担を減らす事が可能です。

更にこのお車V36スカイラインクーペのキャリパーを移植しておりまして、ホイール選びにも難航いたしました。

ギリギリですがちゃんとかわしております。

カスタムなどで一般的なマッチングデータが使えず、取付けできるホイールがわからないなど、
当店も今まで培ったノウハウや繋がりを使いお客様のご要望にそうようつとめております。

お困りごとございましたらまずご相談頂けますと幸いです。
全力でお調べさせていただきます。

 

新型ジムニーシエラにスタッドレスタイヤを装着しました。

今年どの業者さんに聞いても売れてるって聞く車はジムニーシリーズ。
ジムニーはモデルチェンジもタイヤサイズもホイールサイズも変わらないので、そんなに困ることはなさそうなのですが、問題はこちらのジムニーシエラ。

新車とっても売れているみたいです!オーバーフェンダーのついているシエラ。
本当にかっこいいですもんね。
ジムニーシエラは15インチ。シエラ用ホイールって意外と無いんです。

タイヤサイズもひと昔前はよく使っていたサイズなのですが、ここ数年はとんとお問い合わせを頂かなくなったサイズ。現在生産しているメーカーすらも限られるので確実に今年必要となることは間違いありませんので、これから年末に向け品薄が予想されます。

シエラ乗りの皆さま冬支度はお早めに!
実は発表からシエラが気になって気になって仕方なかった私店長マツモト近くでまじまじと拝見させて頂きました。
これからの冬レジャーにこの車で出かけたらさぞかし道中も楽しいだろうな〜と妄想してしまいました^ ^