ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

RE71RS

RE-71RSフライングゲット!

本日未明店頭に早速やってまいりました!
先日のオートサロンでデビューしましたPOTENZA RE-71RSです。
potenzare71rs

入荷したのは215/40-17です。
potenzare71rs
当店では当店デモカーのアバルト301号を含めよくご指名頂くサイズとなります。

店頭には現在同サイズでPOTENZAシリーズRE12D.RE71RS.RE-71Rとサーキット走行をお考えのユーザーさんにはたまらない並びが実現しております。
potenza
まずRE-71RはRSで発表されたサイズは廃盤になる運びですので、現在71Rをご使用の方は次回よりRE-71RSをお選び頂くことになります。
でもみなさんが一番気になる所はPOTENZA RE-12Dと比べてどうなんだ?
という所だと思います。

71シリーズと12Dで決定的に違う所は、
公道での走行を大前提としているか否かです。
71シリーズは公道走行、雨天走行、冷間時から安全に走れるよう設計されております。
公道を安全に走れる事が大前提にあった上でサーキットでのパフォーマンスを追求したモデルになります。

RE-12Dは公道を走れる最低限の性能を確保しつつサーキットでのパフォーマンスを追求したモデルになります。

単純なラップタイムの比較ですと、まだ比べた訳ではありませんが、12Dに軍配があがるものかと思います。

また上記のようなタイヤの性格ですので71シリーズはナンバー付き車両でサーキットまで自走で行って自走で帰ってくるような使用法に合わせて作っているタイヤですので、ノーマルからライトチューンぐらいの車両を想定しているタイヤになります。

12Dは86レースやジムカーナなどのJAF戦で使用する事が大前提にあるので絶対的なグリップは高いですが、本当のスイートスポットを使用するのはなかなか腕のいる所かなと思います。
ちなみに私は現在3セット12Dを使用しておりますが、まだまだこのタイヤのすべてを出し切った〜というような走りはまったくできておりません。。
またこのタイヤは71シリーズに比べて高価になります。

さてせっかく3種類あるので3種類を色々と見比べてみました!
こうやって新品を同サイズで3種類並べられる事なんてなかなかないですからね!
RE-71Rの溝

おおよそ5mm

RE-12Dの溝

おおよそ4.5mm

そして新製品RE-71RSの溝

おおよそ7mm

とかなり深溝になりました!
RE-71Rに比べて耐摩耗性のも上がっているとのことですので、これは当然のことなのかと思います。
今回の左右非対称パタンもこれは私の見解ですが、やはりファインチューンからノーマルに近い車両での使用が大多数のユーザーさんになる71シリーズ。
キャンバーが足りず外側ばかり摩耗する車両も多くみられますのでそういった部分への配慮があるのではないかと思います。
71Rより更にタイムアップが期待できるタイヤだからと言って決して玄人向けにチューニングされたという訳ではないと思います。
むしろ12Dとの差別化がより出来たのではないのかな?
と思います。
しばらくはこの状態で展示できるものと思いますので気になる方はぜひ店頭に足をお運びください。

当店車両にも近日装着予定ですのでまた走行インプレッション等お届け出来たらなと思います。