ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

アバルト

男の選択!THREEHUNDRED es-04ノーマルフェンダーに8J

その方は突然現れました。
アバルト、ノーマルフェンダーに8Jを入れたい!
ご遠方からご来店頂き現車を交えながら仕様をお話しさせて頂きやっと形になったのでご報告させて頂きます。

THEEHUNDREDの3ピースホイールes-04をチョイス頂きました。
アバルトに8Jを収める事自体はあまり問題がないといえば問題ないのですが、出面そしてインナークリアランス、そしてなにより3ピースはいかにリムを深く取れるか?
色々考えることがございます。

そしてもちろんブレンボキャリパーを躱せるという事が大前提!

そこがマッチングをしっかり取れていてブレンボを躱せても深く見える専用ディスクを用意しているesシリーズはやはり強いです。

こだわりのカラーリングも当店ブログ以前ご紹介させて頂いたオーナー様の記事を見て頂きオーダー頂きました。

ゴールドクリアは大人のシブさと派手さが非常にいいバランスです。
勇気はいるカラーリングですが実際つけてみると本当に似合うんですこれが。

リヤはLOWディスクオフセットも前後で別に設定。

こだわりの形で仕上がりました。


オフセットチョイスもドンピシャでした。

車高は前段THREEHUNDREDロワリングスプリングで決まっていたのでその点はオフセット計算は楽でした。

実用性とスタイリングのバランスが取れた仕様です。


お客様のこだわりとご理解があってなせるスタイリングです。
たくさんお話ししてたくさんお待たせしました。
お待たせしたけどオンリーワンの形に出来てそして大変ご満足頂けて本当によかったです。
アバルトのインナーアウター側のクリアランス、車高にはかなりノウハウが出来ました。
何かお困り事ご相談事是非ご相談くださいね

サーキット走行のお手伝い

本日はフジスピードウェイのスポーツ走行ライセンス取得をされるオーナー様
ここ最近メキメキと上達されているオーナー様の走行のお手伝いでフジスピードウェイに行ってまいりました。
当店でいつもタイヤをお買い上げいただくオーナー様。
もちろんサーキット走行に適したRE-71Rを履かれております。

走行会以外でのはじめての走行に緊張した面持ちでしたが後方確認も前方車両のパスもスマートにこなしてはじめてのスポーツ走行を満喫出来たようでなによりです。

毎度毎度サーキット走行毎に車載映像、そしてデータロガーを見せて頂き次への課題を打ち合わせしてるうちにどんどんタイムアップそしてスポーツ走行時の立ち回りもどんどんスキルアップしているオーナー様

今日はタイムアップはならずでしたが、アベレージのラップタイムは確実に成長していました。
アベレージがあがってくれば自ずとタイムは上がってきます。

そしてそんなオーナー様は本日、大事な大事なお車を私店長松本に預けてくれてスポーツ走行1本分走行させて頂く機会を頂きました。

ギャレットタービンのTHREEHUNDREDのECUチューニングとTHREEHUNDREDのフラッグシップサスペンションであるProKitを装着された車両です。
私のデモカーと大きく違う点は上記2点。
これからのタイムアップはシビアになってくるので実際車がどのような時どのような挙動をしてどのような特性の足回りなのか?エンジン性能なのか?
を自分の体で覚えてこれからのディスカッションにそしてその他オーナー様への商品アドバイスへと繋げられるかと、せっかく頂いた貴重な30分。3つセッティングを試してその性能への理解が非常に深められた最高の30分にすることが出来ました。
オーナー様へはこの車の私なりに走らせてタイムの車載映像とロガーデータ。
そしてサスペンションキットの減衰力変更のセットに大してどういった変化があるのかという事を体感を交えてお話させて頂きこれからのスキルアップに伴うセッティングの幅のお話をさせて頂きました。
貴重なお車をお借りしてこれだけの事しか私には出来ませんが、オーナー様から非常に勉強になったと温かいお言葉頂き内心ホッと致しました。
たくさんのアバルトのサスペンションキットのお取り付けセッティング、そしてたくさんのオーナー様からのフィードバックを頂き少しは皆さまとって有益な情報を提供できるようになったのかな?と思うと共にまだまだ引き出しの足りなさを痛感する日々です。
ひとまずギャレットタービン装着車両の全オーナー様に言える事ですが、チューニングECUの効果は絶大です!

POTENZA RE12D使用経過のご報告

昨日当店のお客様と富士スピードウェイのスポーツ走行をご一緒してまいりました。

シュミレーターと日頃の練習の結果がここの所メキメキとタイムに現れているオーナー様。さて本日はどうでしょうか?

黄色のボディに黄色のハーネスがメチャクチャクールです!

スポーツ走行時のドライビングポジションを非常に重要なタイムアップに繋がるファクターだと思います。
どんなスポーツでも姿勢、フォームって重要ですよね。

さて私店長マツモトとデモカー301号の本日の課題ですが、

POTENZA RE12Dの評価や使い方への理解を深める事。
タイヤ変更に伴う足回りのセットアップの再検討。
そしてなによりその結果としてタイムを出す事。
以上なのですが、結果や如何に??

RE-12Dに履き替えて一番最初のタイヤだけでの印象ですが、とにかく縦方向の強い印象でブレーキングをいつもよりがんばって、小さく回って早く立ち上がるイメージを重要視しました。
フジでいうと第3セクターではいつもよりボトムを落としてでも立ち上がりを速く。
このイメージで過去ベストの8秒台が出ました。
今回もこのイメージを中心に前回温まり切らず低かった内圧を調整して走行。
フィーリングはよかったのですが、残念ながらベストラップ更新とは行きませんでした。
さてここでずっとに気になっていたのが100Rの出口でのアンダー気味で待つ時間が非常に長く感じている部分がありましてここを足回りの減衰調整を行い走行。
以前よりがんばることなく8秒台をマークすることができました。
それでもタイムタイムと意識がいっている為かなり荒い運転になってしまったことは大いに反省しなければいけない点だなと思います。
タイヤに合わせてもう少し足回りのアジャスト出来ればもっと楽に速く走れそうです。
一番最初に乗った時が非常に寒く中々タイヤが昨日するところまで持って行けずかなり苦労しましたが、使用しているうちに大分信頼感も出てきて高速コーナーも少しづつ頑張れるようになってまいりました。

さてこちらが昨日使用後に撮影したフロントタイヤの状況です。

フジスピードウェイを30分を4本1時間を1本。
合計3時間の走行です。
グリップレベルが落ちてきている感覚は今の所ないですし山的にもまだまだといった所です。
裏組みしないでも左右ローテーションができるのはとってもグッドなRE-12D使用経過報告でした^ ^

カッコヨク安全に!THREEHUNDREDハーネス6P

オシャレな箱がドドンと入荷して参りました!

THREEHUNDREDから新発売の6点ハーネスです。

サーキット走行をする上で3点シートベルトだと体が動いて運転に集中FIAの規格にも合致した本気のシートベルトでございます。もちろんHANSにも対応です。
このシートベルトは6点式ですので座席下部からも引っ張れるのでサイドベルトが腰骨の正確な位置で固定することが出来ます。
4点でありがちな締めあげていくとバックルが胸付近まで来てウルトラマンのカラータイマーみたいになっちゃうのが防げます。

そんなカラータイマーじゃなくてバックルもひねるだけで解除できる現在主流のタイプが採用されてます。

ブランドロゴも入ってとってもかっこよしです。

金額もお手頃なのでこれからサーキット走行の準備をはじめようという方。
4点シートベルトからのアップグレードをお考え中の方。
カラーバリエーションもイエロー、ブラック、レッド、ブルーと車や内装に合わせてチョイス出来るのもおすすめな点です!
備えあれば憂いなし!
私は黄色がイチオシです!

THREEHUNDREDの鍛造1ピースホイールes-02

昨年納めさせて頂きました、THREEHUNDRED es-02ブラッシュドヘアラインが非常にかっこよかったのでご紹介させて頂きます。

シリーズ4のABARTH595
グリジオカンポポーロにブラシュッドをチョイス頂きました。

スタッドボルト仕様になり足元にレーシーな印象を与えます。

だけどよくみるとそのホイールはシルバー塗装ではなくブラッシュドというなんともオシャレな仕上がり。

オーナー様のご希望はパツパツ!

純正タイヤサイズであればここまで攻めれますよ。

車高も出面もビシっと決まりました。

巷ではこれから登場する鍛造マグなあのホイールのお問い合わせが多いですが、アルミの鍛造素材だからこそ出来るこの表現。
やっぱりかっこいいです。

オーナー様ご遠方よりご来店誠にありがとうございました。
また例のブツお待たせして大変申し訳ありません。今しばらくお待ちくださいませ。

あけまして初詣!

あけましておめでとうございます。
本日から通常営業の当店。
そんな前日アバルト仲間の皆様と恒例行事となっております、富士スピードウェイへの初詣に行ってまいりました。

富士山の見えるフジスピードウェイ。
今年も一年お世話になります。
さて私の301号昨年と違う使用になっているのはなんといってもタイヤ。
POTENZA RE-71からPOTENZA RE-12Dへと変更致しました。

よりサーキット向けにチューニングされたタイヤなのでタイムアップは必須。
ということで今までのベストラップを上回る2分8秒台が目標となります。

たくさんのアバルトが集まりました。

さて肝心のタイムの方ですが、ベストラップの車載動画です。

2分8秒台はひとまず出たのでほっといたしました。
そういうのもタイヤってグリップが上がったからと言って簡単にタイムが出ると言ったらそうでもないこともあるからです。
同じメーカーといってもフィーリングも違えば内圧管理もまったく別物でした。
縦剛性が素晴らしい事にいち早く気づけたので縦方向を意識して走った事でなんとかタイムに繋げられましたが、まだまだこのタイヤの素晴らしい部分の1割ほどしか理解出来なかったな。
という印象でございます。
71Rが非常に扱いやすいタイヤに対してこのタイヤは乗り方を求められる部分が大いになるなと感じました。
ケース剛性の高さからくるブレーキングでの安定感はとっても素晴らしかったです。
今月にはもう少しロングランできる機会もありそうなのでライフだったりロングランでのグリップレベルの変化についてももう少し理解が深められるかなと思います。

なにはともあれ新年早々気心知れた皆様と和気藹々と楽しい時間を過ごせたことがこの日の一番の収穫でございます。

今年もよろしくお願いします。

こだわりがいっぱい詰まったこだわりの足回りTHREEHUNDRED サスペンションキット Pro

THREEHUNDREDアバルト用に開発されたサスペンションの最高峰キット。
サスペンションキットPro

プロ用の足!というわけではもちろんありません。
ただし上級者からのこだわりのセッティングにも応えられる完全オートクチュールのモデルとなります。

低速域での快適性能とサーキットなどの大きな入力に対して必要とされる性能は相反する部分です。
懐深いサスペンションキットストリートには補いきれないその先のニーズにも完全対応します。

本日当店のオーナー様にお取付させて頂きました。
当店としてははじめてのお取付でして改めてその商品について取付ながら気づいた作り手のこだわりの部分をご紹介したいと思います。
まずは足回りの構造上かなり短いリヤサスペンションの油量を補う為に完全に新設計されたオリジナルのリヤサスペンション。

アルミのシェルケースは非常に軽く決してリザーブタンクをつけたからといって重くなるということはございません。

今回お取付させて頂いたサスペンションの仕様はデモカー298と同じ仕様となります。
街乗りでのフラットな乗り味はそのままにサーキットでのセッティング幅も大きく持たせているこの仕様。
正直今まで乗った事のないタイプの足です。

このモデルにはかならず仕様のラベルが張ってこざいます。
ご注文の際は是非ご自身の用途を詳しくお伝えください。
ご希望に答えるサスペンションがきっと手に入ります

そしてもう一つのこだわりがこちら。

フロントサスペンションのストラットの取付穴です。
上部の穴が長穴加工になっているのが見えると思います。
ここの取付位置でフロントキャンバーを変更出来るようになっています。
さらにここからがびっくりのすごいところはその長穴に合うブラケットが付属しています。
2種類付属していまして取付方向で4段階のキャンバー調整を容易に可能にしています。
このブラケットがあれば走行を重ねていってのキャンバー変化が起きる可能性を激減させてくれます。

取り付けた感じです。

取付後にアライメントテスターに乗っけるとなんと左右差が0.01度というかなりの高精度。
これはかなり使えます。
ピロアッパーの調整よりも簡単にずれなくキャンバー変更出来ます。

品物の代金はなかなかの物ですがそれ相応の価値のある商品であることは間違いありません。
サスペンションは特にお取付してからが本当のお付き合いになります。
ただ付けて終わりでなくこれからサーキット走行を楽しむにつれ好みやスキルの変化も出てくると思います。
まずはこの足の特性に慣れて頂き、思いっきり楽しんでもらいそこからまた新たなステップアップをご用意しておくことに致します^ ^
オーナー様お買い上げ誠にありがとうございます。

逆ゾリ

オーナー様大変お待たせしまして申し訳ありませんでした。
THREEHUNDRED es-03
コルサビアンコのなんと8Jのお取付です。

トリブートフェラーリのエンブレムに白のスポークデザインで、なおかつ逆反ってるとなると、

クラシカルなフェラーリの雰囲気を醸し出していてとっても綺麗にになりました。
キャンバー無し、シェルケースも細めのKW車高調のおかげで一番心配なインナー側もスペーサー無しでビシっと決まりました。
タイヤはミシュラン パイロットスポーツ3

8Jをアバルトに履く。
ツラツラにしたいというオーナー様のご希望にそう形で仕上がりました。
改めてましてオーナー様誠にありがとうございました。

こうやってみるといいでしょ!

なんと長野からこちらのホイールをご購入にご来店頂きました。
本当にありがとうございます。


さてそんな時間をかけてまでやってきてどうしても取り付けたかったホイールがこちら。
THREEHUNDRED es-05
ホワイトボディにソリッドブラック。
3ピースならではのポリッシュなリムがアクセント。
主張しすぎないけど見る人が見たらオッ!と思わせるシブい仕上がりになりました。

ピアスボルト裏止めでボリューム感、立体感のあるディスク部分が非常に主張していていい感じ。

ナットのカラーにもこだわりを感じます。

アバルトを買ってから車の走る楽しさを思い出したオーナー様

走ってよし休憩中眺めてよしな最高な相棒に仕上がりましたね^ – ^
es-05って中々イメージがつかなくて選ぶの勇気のいるホイールデザインだと思います。
でもだからこ装着してビシっと決まった時の達成感は私たちも非常に嬉しくなっちゃいます。
オーナー様ご遠方よりご来店誠にありがとうございました

ガレージSALE ABARTH500系サーキット入門にいかがですか?

SOLD OUT
Magneti Marelliって知ってます?
イタリアブランドなホイールの掘り出し物のご報告でございます。

鋳造ではございますが、比較的軽いフィンタイプデザイン。

中古スポーツタイヤもついてるのでこのままサーキットいけちゃいます!

これからサーキットを走ろうかなという方是非ご検討してみてはいかがでしょうか?

Magneti Marelliホイールセット17インチ
総額50000円(お客様委託商品の為現金支払いにてお願いいたします)