ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

商品紹介

足回りリフレッシュ

アバルトもモデル末期なんて言われてしばらくたちますが、
楽しい車だからこそ長く乗りたいなんていうオーナー様の声をとても多く耳にします。
さて長く乗ろとすると、消耗品の交換ついでバージョンアップをしたいなんていうお声も最近
はよく頂きます。
こちらのオーナー様は足回りのリフレッシュを兼ねて車のバージョンアップです。

へたった純正ショックから交換するはKW V1

減衰調整のないベースモデルとなりますが、
ストリートでの使用に重点を置いた乗り心地のよいサスペンションキットです。
今回は足回りのリフレッシュも兼ねておりますので、
ゴム製品である、フロントのアッパーマウントも同時に新品に交換します。

この写真ではわからないですが、長く使っていると、新品に比べて高さ低くなっているのが比べるとわかります。
このアッパーマウントにはベアリングも仕込まれているので、
納車から数年経っている車、または中古で購入した車両などは同時交換されるのがよろしいかと思います。

タイヤも新品に交換して、足回りのリフレッシュが完了です。

これで見た目にグー、走ってグーなアバルトにうまれ変わりました。
実はKWさん5月に値下げがありまして、V1.V3共にお買い求め安くなりました。
KW、ビルシュタインの新製品に関しては近々デモカーを招いて店頭にて試乗会を行う予定です。
(現在各メーカーさんの営業さんと日程調整中)
これからサスペンション交換を検討されている方は是非、こちらもご活用ください。

アバルトの足回りに新たな選択肢!ビルシュタインB14 Comfort Spec

先日、いつもお世話になっているお取引先、株式会社阿部商会さんにお招き頂き
フジスピードウェイで行われた、ビルシュタイン サービスバスショーケース2024に参加してきました。

全国から有名なショップさんやディーラーさんが呼ばれるこのイベントにしがないタイヤ屋さんも呼んでくれる阿部商会の懐の深さにはいつも感謝であります。

今回のこのイベントはイベントの名前の通り
ビルシュタインのサービスバスのお披露目がありました。

このサービスバスはこのトラック内でサスペンションの分解、セッティング変更、
サスペンション単体での減衰特性の確認が取れる試験機などを積んでいます。
サーキットへ赴いてその場でサスペンションセッティング変更が取れるそうです。
今現在日本でビルシュタインと聞いてもサーキットトラックのイメージは非常に薄いですが、これからは日本でもサーキットトラックや新車装着でビルシュタインを採用する車種のテストなどに活用されるそうです。
商品をただ売るだけでなく、こういったサポートをして、深く商品とかかわる事で
これからのビルシュタイン本国での製品開発においても日本からの発言権が強くなることを願います。

それ以外にも阿部商会さんで取り扱う数々の商品の展示ブースもありました。

このブースにはその商品の担当のスタッフの方が常駐しており、
普段取り扱っている中で感じていた疑問点など詳しく解説してくれました。

そして私としては一番のメインと言ってもいいイベントが阿部商会のデモカー一気乗りの試乗会です。
BMW M2から始まり、ビルシュタイン、アイバッハサスペンションで武装されたデモカーを
特設コースにて試乗させて頂きました。

そんな中でも当店みたいなタイヤ屋さんを呼んで頂けた理由は、
ビルシュタイン B14の新作コンフォートスペックを装着したデモカーアバルト595の試乗があったからです。

おかげ様でアバルトの集まるお店という認識でいて頂けてるようで、是非乗ってほしいということで呼んで頂いた次第です。

今までもビルシュタインでB14が設定があったのですが、正直当店ではこちらからお客様に
おすすめすることはほぼ皆無でした。
それには性能、価格云々の前に大きな問題があったからです。
リヤ車高の調整幅が非常に狭く、簡単に言うと下がらないんです。
下がらないというと語弊がありますが、当店でサスペンションを組む多くのお客様の要望には答えられるほどの落ち幅がないので、こちらからおすすめすることはなかったとうことです。

今回のコンフォートスペックは名前の通りB14をベースによりストリートライドよりの乗り味、そして車高の見直しを図るため、スプリングを新たに巻きなおしての商品化となったそうです。
デモカーの落ち幅

いわゆる指2本、これぐらいの落ち幅が一番好まれているのでまずは合格といったところです。

肝心のサスペンションとしての試乗感ですが、
ビルシュタインらしさが更に際立ったスペックだった印象です。
極端にスピードが出るコース設定ではなかったので街乗り+α程度の旋回時にはちょうどいい
ロール感で非常に安心感のある仕上がりでした。
また強めのブレーキング時には純正に比べると沈み込みは少ないですが、いわゆるスポーツスペックのアシに比べると前後左右の動きは車高調の中では大きめで非常に寛容なセッティングになっているなと思います。
純正よりも乗り心地良くスタイルアップしたいというオーナー様に十分に新たなる選択肢となるサスペンションキットだと思います。

発売は来月ごろということで、また改めてご紹介したいと思います。

暖かくなってくると、、、

さてさて暖かくなってくると、スタッドレスからの履き替えも忙しくなってまいりますが、
アバルトさんのカスタム依頼も増えてまいります。
こちらのアバルトさんはジアロモデナなのに、ベースグレードというレア車両!
アバルト車高
まずは気になる車高から、ということで、適度なローダウンでのスタイリング作りと、乗り心地を両立した当店でも定番商品のTHREEHUNDREDロワリングスプリングのお取り付け。
次はホイールですかね?またのご相談お待ちしています。

こちらは以前サスペンションキットとホイールをカスタムさせて頂き、足元をバシっと決めさせて頂いた一台。
冬の間に次の作戦を考えていたようで、外装のカスタムに着手!!
アバルトカーボンパーツ
やりすぎないをさりげなく!をもっとーに元々の外装で気になる樹脂パーツのチープな部分を隠すアイテムをチョイス!

フロント周りの装着はこんな感じ。
THREEHUNDREDカーボンパーツ
あえてアンダースポイラーなどは装着せず、純正ライクな仕上がりです。

フロント周りだけでリヤディフューザーがノーマルだとやはり締まらないのでディフューザーも装着したのですが、アクラポビッチのカーボンテールと絶妙にマッチしました!


やはり2本出しは迫力あっていいですね!

全体図
アバルトカスタム
ボディーカラーのチョイス、そして、それに合わせた大人なイメージのホイールという最初のコンセプトのまま更にグレードアップしたスタイリングとなりました。
こりゃカッチョイイです!

また次の悪だくみもお待ちしております(*^^*)

実は意外と多いSUVのタイヤ交換

キャンプブームも相まって、一時に比べてSUVのご来店が非常に多くなっております。
どうにもシャコタンな車が多いように見える当店ですが、
実はSUVをメイン販売しているショップさんとのお付き合いもあったりで日々大きいタイヤと向き合っていたりします。
当店では各メーカーのタイヤを扱っておりますが、SUV系のタイヤで人気のあるメーカーと言えばヨコハマタイヤとBFグッドリッチが2台巨頭ですね。
ヨコハマタイヤのSUVブランドといえば、ジオランダー

昔は大きく分けてATとMTの2種類のタイヤしか設定がなかったのですが、
ジオランダーはSUVユーザーの細分化に合わせて幅広いラインナップをそろえております。
オンロードメインだけど、快適な走行性能を確保しつつ、見た目もカッコイイタイヤとか
リフトアップした車高に合わせて外径の多いタイヤでワイドに見せたいデカい特殊なサイズ設定のあるタイヤ
そしてもちろんガチでオフロード走る本格派ユーザーにも納得のオフロード性能のタイヤなど
用途に合わせて様々です。

SUVのタイヤはとにかく存在感があるので、タイヤが変わるだけで見た目も大きく変わります。
使用用途と合わせて見た目にこだわったタイヤチョイスももちろんお任せください!

NOKIANオールシーズンタイヤお取り付け

今ちょうどSALE価格になっている事もありまして、
NOKIANのオールシーズンタイヤが好調です。
メルセデスタイヤ交換

NOKIANシーズンプルーフ
ノキアンオールシーズンタイヤ
オールシーズンタイヤはその名前の通りオールシーズン使用できるというタイヤですが、
ドライ性能とオフロード、スノー性能のバランスは各メーカーそろぞれ違ってきます。
ノキアンのオールシーズンタイヤは他社のオールシーズンタイヤに比べても溝が深く、ブロックとブロックの間を広く取っているのが特徴です。
つまりスノー性能を重視したオールシーズンタイヤということが言えると思います。

オールシーズンタイヤ
それでもスピードレンジはVRですから必要十分ですよね。

オールシーズンタイヤはお客様のお車の使用用途によっておすすめできる方もいれば、
逆におすすめしづらい場合もあるといった、ちょっと特殊なタイヤです。

タイヤは履いてみるまでその性能がお客様にわかりづらい商品です。
当店では各メーカーからお客様のお車、使用用途にあったタイヤをご提案させて頂いております。
これからの冬タイヤから夏タイヤの履き替えの際など、ご来店時にご相談くださいませ。

働く車にこそオールシーズンタイヤ

さてさて東京でも雪が降ってるところが出てきたみたいですね。
あまり知られていないのですが、商用車用のオールシーズンタイヤなんていうのもございます。

こちらはミシュランから出ているオールシーズンタイヤ、アジリスクロスクライメイトです。

ハイエース、キャラバンなどの商用車向けのサイズもラインナップされております。

悪天候でも動かなければならない商用車こそオールシーズンタイヤは使い勝手のよいタイヤになると思います。
もちろんこちらのタイヤはLT規格のタイヤですので、車検にも適合するタイヤとなります。
もしもの雪への備えにオールシーズンタイヤいかがですか?

納車後即チューニング!!

先日ディーラーさんでご納車してそのまま即当店にご来店。
その日のうちにあれやこれやと早速カスタム―パーツを発注頂きました。
そして本日作業に取り掛かりました。
日帰りで、ローダウン、アライメント調整、チューニングECUの施工を行います。

以前もアバルトに乗っておりF595のCが出たことでお乗り換え、
先代アバルトでも気に入って頂いておりました、THREEHUNDREDロワリングスプリングのハーフダウンにて車高を整えます。
ダウンサスはどうしてもその製品特性上、ノーマルより、乗り心地が
悪化傾向にありますが、この商品は乗り心地の悪化をほとんど感じさせないのと、
仕上がりの前後バランスが素晴らしいので、
当店でバネだけローダウンって話になるとほぼほぼこの商品一択といった形です。

こんな感じ

更に落としたい方はフルダウンで見た目車高調入れているぐらいの下がり幅の商品もございます。

チューニングECUと足回りが決まりますとあとはホイール、、、、
と行きたいところですが、ご用命のホイールの納期がかなり先

これから春先にかけてカスタムのご予定あるかた、
納期がかかってしまう商品もありますので、
いついつまでに完成させたいという方は余裕を持って納期、作業予定のご確認をお願い致します。

新作を早速!レグノ GR-XⅢ

オートサロンで発表されたばかりですが、早速お客様よりご用命を頂きました!

ブリヂストンのプレミアムブランドレグノの新作GR-XⅢ(クロススリー)

乗り心地、静粛性を追求した日本の路面に特化して作られたプレミアムタイヤです。
日本の路面、スピード領域での快適性能を追求したタイヤです。

そんなわけでお取り付けするのは個人タクシーさん

お客様への快適な移動の為というのは無論ですが、仕事中常に車に乗っているタクシードライバーさんは
タイヤ選びに非常にシビアです。
そんな中個人タクシードライバーさん長く愛されているブランドがまさにレグノです。

まあはっきり言ってBSの肝いりタイヤなんで性能にはなんの心配もなく太鼓判を押せます!
プレミアムタイヤらしく性能だけでなく意匠へのこだわりもかなり感じます。

ミシュランでいうところのプレミアムタッチ、レグノロゴの部分が表面加工で黒々しております。

タイヤ製造工程で必ず出来てしまうバリもさらに型側の加工と
製造後の表面処理で、とってもきれいな見た目です。

はっきりいって走行性能にはまったく関係ないのですが、こういった表面加工や型の工夫や加工というのも
メーカーの技術証明ですね。

騙されたと思って一度レグノ履いてみてください。
ほんとに違いますから!

NOKIANドライビングエクスペリアンスに参加してきました。

北の大地北海道にて開催された。メーカー主催の試乗会
NOKIANドライビングエクスペリアンスに参加させて頂きました。
おかげ様で当店でも販売はもとより、お客様からも高評価を頂いてる、
フィンランド発のタイヤメーカーNOKIANタイヤの冬タイヤをより深く知るための2日間

商品に対しての知識はもとよりノキアンの歴史の話などなど興味津々なお話が盛りだくさん!

試乗会場はクローズドな場所に専用コースを用意して行われました。

前日の冷え込みからの降雪で、パウダースノーの下はすぐアイスバーンという
公道では遭遇したくない路面ナンバー1
だけどタイヤの評価をするには絶好のコンディションで試乗をすることが出来ました。

現行商品ハッカペリッタR5とR5SUVの両方に試乗。

私が試乗する際に大事にしていることは決しって飛ばしすぎない事。
自分が評価出来るスピードの範囲で色々と試します。
スノータイヤの評価としては一般的に1.縦グリップ(発進とブレーキ性能)
2.横グリップ(ステアリングの初期反応やコーナリング時の性能)
3.コントロール、ドライバビリティ性能
この3種類かなと思います。
コントロール性能というのは絶対的なグリップはもとより、
この辺でこれぐらいハンドル切ったら曲がり切れるなとか
このあたりでブレーキを踏めば止まり切れるなとか
滑り出した時に自分の思いもしない動きをしないかなど
数値的な評価というより感覚の部分で実は最も重要な部分なんじゃないかなと思います。

ハッカペリッタR5はその中でも特に縦の性能そのドライバビリティに優れているタイヤだと思いました。

(タイヤの溝が雪にくっきりタイヤオタク的構図での写真であります)

思っているより止まらない、曲がらないが一番怖いと思います。
ノキアンは縦グリップは絶大で、急ブレーキで非常にグリップ感を感じました。
横方向は極端にすごさは感じないのですが、滑り出しが非常にわかりやすいので、
これ以上スピードを出したらダメなんだというのが非常にわかりやすいタイヤでした。
この性能は試乗しないとカタログやタイヤを見ただけではわからいファクターで、
お客様にさらに安心しておすすめできる情報でした!

東京に住む私としてはなかなかこのような機会がないので、時間目いっぱい試乗に励みました。
そしてさらにサプライズ!
ランドローバーディフェンダーにハッカペリッタR5SUVという雪道最強タッグに試乗する機会もありました。

なんて雪と泥だらけが似合う車なんでしょう(*^^*)

こちらは流石の走破性能でタイヤの評価、というよりただただディフェンダーのすごさを体感させて頂いた
って感じでした笑

コースを無視して雪の壁も乗り越えられそうな走破性能に
なにより車内の安心感。
素晴らしい体験でした。

この他にもブログにはあまりかけないようなこぼれ話が多数の楽しい2日間でした。
こぼれ話に関しては店頭で店長マツモトまで
2日間お休みを頂きまして大変ご迷惑をおかけいたしました。

やっとこです

THREEHUNDREDの新作3ピースホイールes-08

デモカーなどはリムまで特注色だったので、リムポリッシュで製作した際に
どんな塩梅に仕上がるのかイメージが湧きづらく二の足を踏んでいた方。
想像以上にかっこいいの出来ました(*^^*)
深リムじゃない映えないかなと思いましたがいやいやノーマルフェンダーでも
かっこよく仕上がる事が確認できました!
完成形はまた後日ご紹介させていただきます。