ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

ブログ
ミスタータイヤマン三鷹店店長のブログです。

ブログ一覧

足回りリフレッシュ

アバルトもモデル末期なんて言われてしばらくたちますが、
楽しい車だからこそ長く乗りたいなんていうオーナー様の声をとても多く耳にします。
さて長く乗ろとすると、消耗品の交換ついでバージョンアップをしたいなんていうお声も最近
はよく頂きます。
こちらのオーナー様は足回りのリフレッシュを兼ねて車のバージョンアップです。

へたった純正ショックから交換するはKW V1

減衰調整のないベースモデルとなりますが、
ストリートでの使用に重点を置いた乗り心地のよいサスペンションキットです。
今回は足回りのリフレッシュも兼ねておりますので、
ゴム製品である、フロントのアッパーマウントも同時に新品に交換します。

この写真ではわからないですが、長く使っていると、新品に比べて高さ低くなっているのが比べるとわかります。
このアッパーマウントにはベアリングも仕込まれているので、
納車から数年経っている車、または中古で購入した車両などは同時交換されるのがよろしいかと思います。

タイヤも新品に交換して、足回りのリフレッシュが完了です。

これで見た目にグー、走ってグーなアバルトにうまれ変わりました。
実はKWさん5月に値下げがありまして、V1.V3共にお買い求め安くなりました。
KW、ビルシュタインの新製品に関しては近々デモカーを招いて店頭にて試乗会を行う予定です。
(現在各メーカーさんの営業さんと日程調整中)
これからサスペンション交換を検討されている方は是非、こちらもご活用ください。

軽自動車レースが繋いだご縁

先週末のことになりますが、ひょんなご縁で2024 K Sports 8taiQ in 袖ヶ浦という
軽自動車の8時間耐久レースに参加してきました。

(今回ご一緒させて頂いたアベイユレーシングの皆様)
最初はサポートでということで裏方スタッフとして招集されいたのですが、
急遽レースウィークにドライバーもというご依頼を頂きまして、
嬉しさ以上に不安の方が大きい状態で当日を迎えました。
というのもですね、
乗るのが、こちらの車両なんです汗

ケータハムのSEVEN160という列記とした軽自動車規格のスーパー7
当たり前ですが、スーパー7自体乗った事もない私にこんな大役をお任せ頂くのは
ありがたさもありますが、期待応えられる自信なんて全然ない中8時間の長丁場がスタートしてしまいます。

36アルトと2台体制のこちらのチーム。

アルトはいつもK4GPで乗っている車両を同じなので、
非常にリラックスして自分のスティントを無事終えることが出来ました。

さて問題のSEVEN160の方ですが、乗る前の緊張感も走り始めてしまったら、
そのドライビングの面白さにすぐに吹き飛んでしまいました笑
軽いって素晴らしいという事を再認識させる軽快な動きと挙動のわかりやすさは
素晴らしかったです。
一度に走行可能なギリギリ90分のスティントをなんとか無事に走りきりピットのサインに安心したのも束の間
一番特殊だったのはドライバーチェンジの際の乗り降り。
ピットに停車してベルトを外したら

シートの上に立ってロールケージをつかんで体を持ち上げます。

そしてエイッと飛び降ります笑

これがなかなかアクロバッティックで転んだら恥ずかしいので、失敗は許されません笑
もしかしたら一番緊張した場面だったかもしれません。

8時間という長丁場で、途中マイナートラブルで止まった時間もあったのですが、
なんとクラス三位表彰台というおまけがついてきました。

今回は本当にひょんなご縁でお手伝いさせて頂いたアベイユレーシングさん。
次K4-GPでお会いする時はライバルになってしまうのは非常に残念ですが、
夏に再会できることを楽しみにしております。

アバルトの足回りに新たな選択肢!ビルシュタインB14 Comfort Spec

先日、いつもお世話になっているお取引先、株式会社阿部商会さんにお招き頂き
フジスピードウェイで行われた、ビルシュタイン サービスバスショーケース2024に参加してきました。

全国から有名なショップさんやディーラーさんが呼ばれるこのイベントにしがないタイヤ屋さんも呼んでくれる阿部商会の懐の深さにはいつも感謝であります。

今回のこのイベントはイベントの名前の通り
ビルシュタインのサービスバスのお披露目がありました。

このサービスバスはこのトラック内でサスペンションの分解、セッティング変更、
サスペンション単体での減衰特性の確認が取れる試験機などを積んでいます。
サーキットへ赴いてその場でサスペンションセッティング変更が取れるそうです。
今現在日本でビルシュタインと聞いてもサーキットトラックのイメージは非常に薄いですが、これからは日本でもサーキットトラックや新車装着でビルシュタインを採用する車種のテストなどに活用されるそうです。
商品をただ売るだけでなく、こういったサポートをして、深く商品とかかわる事で
これからのビルシュタイン本国での製品開発においても日本からの発言権が強くなることを願います。

それ以外にも阿部商会さんで取り扱う数々の商品の展示ブースもありました。

このブースにはその商品の担当のスタッフの方が常駐しており、
普段取り扱っている中で感じていた疑問点など詳しく解説してくれました。

そして私としては一番のメインと言ってもいいイベントが阿部商会のデモカー一気乗りの試乗会です。
BMW M2から始まり、ビルシュタイン、アイバッハサスペンションで武装されたデモカーを
特設コースにて試乗させて頂きました。

そんな中でも当店みたいなタイヤ屋さんを呼んで頂けた理由は、
ビルシュタイン B14の新作コンフォートスペックを装着したデモカーアバルト595の試乗があったからです。

おかげ様でアバルトの集まるお店という認識でいて頂けてるようで、是非乗ってほしいということで呼んで頂いた次第です。

今までもビルシュタインでB14が設定があったのですが、正直当店ではこちらからお客様に
おすすめすることはほぼ皆無でした。
それには性能、価格云々の前に大きな問題があったからです。
リヤ車高の調整幅が非常に狭く、簡単に言うと下がらないんです。
下がらないというと語弊がありますが、当店でサスペンションを組む多くのお客様の要望には答えられるほどの落ち幅がないので、こちらからおすすめすることはなかったとうことです。

今回のコンフォートスペックは名前の通りB14をベースによりストリートライドよりの乗り味、そして車高の見直しを図るため、スプリングを新たに巻きなおしての商品化となったそうです。
デモカーの落ち幅

いわゆる指2本、これぐらいの落ち幅が一番好まれているのでまずは合格といったところです。

肝心のサスペンションとしての試乗感ですが、
ビルシュタインらしさが更に際立ったスペックだった印象です。
極端にスピードが出るコース設定ではなかったので街乗り+α程度の旋回時にはちょうどいい
ロール感で非常に安心感のある仕上がりでした。
また強めのブレーキング時には純正に比べると沈み込みは少ないですが、いわゆるスポーツスペックのアシに比べると前後左右の動きは車高調の中では大きめで非常に寛容なセッティングになっているなと思います。
純正よりも乗り心地良くスタイルアップしたいというオーナー様に十分に新たなる選択肢となるサスペンションキットだと思います。

発売は来月ごろということで、また改めてご紹介したいと思います。

タイヤの点検大事です!

GW手前、そしてはじまると、いつなお客様でない方のご来店が多くあります。
というのもこれからレジャーや帰省に出かける!
という時のパンクだったりとうトラブルだけど、
いつも世話になっているショップがお休み入っててなどで
当店にレッカーで運ばれてきたり、となんだか毎年のことでこんなところでGWを感じていたりします。
定期的に点検しておくのはとてもだいじだなと、
さて下のタイヤは先日当店にてタイヤのお見積りにご来店頂いたお客様の履いていたタイヤ

車に装着時見える部分は減ってはいるけど一見まだまだ使えそうな残溝状況のように思えますが、

内側はこんなことになってました。汗

なんとなく見ただけでは発見できないけど、かなり危険な状況にありました。
まだまだこれからロングドライブをされる方もおおいと思います。
楽しい楽しいレジャーに水をさすタイヤのトラブルの前に是非当店にてタイヤの安全点検
行ってみてはいかがですか?

暖かくなってくると、、、

さてさて暖かくなってくると、スタッドレスからの履き替えも忙しくなってまいりますが、
アバルトさんのカスタム依頼も増えてまいります。
こちらのアバルトさんはジアロモデナなのに、ベースグレードというレア車両!
アバルト車高
まずは気になる車高から、ということで、適度なローダウンでのスタイリング作りと、乗り心地を両立した当店でも定番商品のTHREEHUNDREDロワリングスプリングのお取り付け。
次はホイールですかね?またのご相談お待ちしています。

こちらは以前サスペンションキットとホイールをカスタムさせて頂き、足元をバシっと決めさせて頂いた一台。
冬の間に次の作戦を考えていたようで、外装のカスタムに着手!!
アバルトカーボンパーツ
やりすぎないをさりげなく!をもっとーに元々の外装で気になる樹脂パーツのチープな部分を隠すアイテムをチョイス!

フロント周りの装着はこんな感じ。
THREEHUNDREDカーボンパーツ
あえてアンダースポイラーなどは装着せず、純正ライクな仕上がりです。

フロント周りだけでリヤディフューザーがノーマルだとやはり締まらないのでディフューザーも装着したのですが、アクラポビッチのカーボンテールと絶妙にマッチしました!


やはり2本出しは迫力あっていいですね!

全体図
アバルトカスタム
ボディーカラーのチョイス、そして、それに合わせた大人なイメージのホイールという最初のコンセプトのまま更にグレードアップしたスタイリングとなりました。
こりゃカッチョイイです!

また次の悪だくみもお待ちしております(*^^*)