ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

サマータイヤ

奴らがやって来る!!イベント告知

先日よりしつこいぐらいにご紹介させていただいているRE-71RSを早速ご指名頂きましたのでお取り付けさせて頂きました。

今まででにRE-71Rを装着してサーキット走行を楽しまれ奥様のお買い物にも対応するアバルト595にお取り付けさせて頂きました。
どのように変わったのかお話を聞くのがとても楽しみです!

まだご紹介していなかったサイドウォールのデザインですが、ロゴは変わらずですが、浮文字がよりくっきりはっきりいたしました!

性能にはまったく関係ありませんがとてもかっこよしです!

話は変わりましてこちらは告知です!
1月30日から2月4日の間、ミスタータイヤマン三鷹店、店頭にてTHREEHUNDREDさんの現行デモカーの2台を店頭展示させていただく事が決まりました。
これからは全国各地のイベントに旅立って行く前にアメリカSEMAショーの舞台を踏んだあの2台がタイヤマンにやってまいります!

圧倒的な存在感のデモカーを是非生で見にきてくださいね!
少量ながらまだSEMAショーで配布した限定カタログもございますので、この機会に是非お店に足を運んで頂けたら幸いです!
なお店頭に展示中の308の足元に何かが起こるかもしれません!!
そちらも乞うご期待!

RE-71RSフライングゲット!

本日未明店頭に早速やってまいりました!
先日のオートサロンでデビューしましたPOTENZA RE-71RSです。
potenzare71rs

入荷したのは215/40-17です。
potenzare71rs
当店では当店デモカーのアバルト301号を含めよくご指名頂くサイズとなります。

店頭には現在同サイズでPOTENZAシリーズRE12D.RE71RS.RE-71Rとサーキット走行をお考えのユーザーさんにはたまらない並びが実現しております。
potenza
まずRE-71RはRSで発表されたサイズは廃盤になる運びですので、現在71Rをご使用の方は次回よりRE-71RSをお選び頂くことになります。
でもみなさんが一番気になる所はPOTENZA RE-12Dと比べてどうなんだ?
という所だと思います。

71シリーズと12Dで決定的に違う所は、
公道での走行を大前提としているか否かです。
71シリーズは公道走行、雨天走行、冷間時から安全に走れるよう設計されております。
公道を安全に走れる事が大前提にあった上でサーキットでのパフォーマンスを追求したモデルになります。

RE-12Dは公道を走れる最低限の性能を確保しつつサーキットでのパフォーマンスを追求したモデルになります。

単純なラップタイムの比較ですと、まだ比べた訳ではありませんが、12Dに軍配があがるものかと思います。

また上記のようなタイヤの性格ですので71シリーズはナンバー付き車両でサーキットまで自走で行って自走で帰ってくるような使用法に合わせて作っているタイヤですので、ノーマルからライトチューンぐらいの車両を想定しているタイヤになります。

12Dは86レースやジムカーナなどのJAF戦で使用する事が大前提にあるので絶対的なグリップは高いですが、本当のスイートスポットを使用するのはなかなか腕のいる所かなと思います。
ちなみに私は現在3セット12Dを使用しておりますが、まだまだこのタイヤのすべてを出し切った〜というような走りはまったくできておりません。。
またこのタイヤは71シリーズに比べて高価になります。

さてせっかく3種類あるので3種類を色々と見比べてみました!
こうやって新品を同サイズで3種類並べられる事なんてなかなかないですからね!
RE-71Rの溝

おおよそ5mm

RE-12Dの溝

おおよそ4.5mm

そして新製品RE-71RSの溝

おおよそ7mm

とかなり深溝になりました!
RE-71Rに比べて耐摩耗性のも上がっているとのことですので、これは当然のことなのかと思います。
今回の左右非対称パタンもこれは私の見解ですが、やはりファインチューンからノーマルに近い車両での使用が大多数のユーザーさんになる71シリーズ。
キャンバーが足りず外側ばかり摩耗する車両も多くみられますのでそういった部分への配慮があるのではないかと思います。
71Rより更にタイムアップが期待できるタイヤだからと言って決して玄人向けにチューニングされたという訳ではないと思います。
むしろ12Dとの差別化がより出来たのではないのかな?
と思います。
しばらくはこの状態で展示できるものと思いますので気になる方はぜひ店頭に足をお運びください。

当店車両にも近日装着予定ですのでまた走行インプレッション等お届け出来たらなと思います。

速報!!オートサロンで発表!POTENZA RE-71RS

チューニングカーの祭典でアンベールなんてなんて粋なんでしょうか!

現在のハイグリップラジアルの中でも確固たる地位を持つあのPOTENA RE-71Rの後継モデル発表になりました!

パターンも一心されていかにもな雰囲気!

 

詳細は戻り次第改めて記事にしたいと思います!

ミシュラン日和

ミシュランのタイヤのラインナップは大きな括りでいくととてもわかりやすいラインナップになっております。
スポーツカー向けのPilotシリーズ
セダン等コンフォート性能に重きを置いたPrimacyシリーズ
そしてミシュランスタンダードEnegyシリーズ
と長きに渡り大きな括りではこの3種類でラインナップされております。
(私が働き始めた時はまだPilotPrimacyなんていう爆発的に人気を誇ったタイヤもありました。)
そんなコンフォートに重きを置いたプライマシーシリーズは現在現行商品がプライマシー4になります。
ミシュランのタイヤ作りの根幹にあるどの性能も犠牲にしないトータルバランス高いコンセプト。
絶対的な運動性能、そして摩耗性能などの経済性能をしっかりとした上で上質な乗り味がこのタイヤの色となります。
今回お取り付けさせて頂いたお車はメルセデス CLA

エレガントさとスポーティーなルックスを持つこのお車には正直な所オーナー様によってPilotなのかプライマシーがふさわしいのか少し迷ってしまう車種になります。
ただここでよくお話しさせて頂くのがPilotはスポーツ寄りなだけで決してコンフォート性能を犠牲にはしておりませんし、プライマシーも決してコンフォート性能が高いからと言ってスポーツ性能がまったくないタイヤではないという事です。
またミシュランではこんなサービスも行っているのでもし本当に迷われたら最悪工賃分だけで乗り換えが可能なので、思い切って欲しい逆の物を選んでみてもよろしいかもしれません。
ミシュランのトータルバランスの高さに逆に惚れ惚れするかもしれませんよ?
ミシュラン全額返金保証プログラム

メルセデスの上質な乗り味を生かすも殺すもタイヤ次第

プライマシーは当然の選択かと思います。
お買い上げ誠にありがとうございます。

さてこちらもいつもお世話になっているオーナー様
CRZのタイヤが交換時期を迎え、純正のPOTENZAよりより静粛性が高く乗り心地の良い物に変更したいという事で数銘柄からプライマシー4を選択頂きました。

プライマシー4とCRZ個人的にはかなりマッチしたタイヤ選びかなと思います。

お客様の欲する性能によってもおすすめ出来るタイヤは同じお車でもひとそれぞれとなります。

迷った際は是非私達にご相談ください。
たくさんの装着事例やお客様からお声そしてたくさんの試乗会等で得た経験からお客様にベストマッチなタイヤをお選びさせて頂きます。

ミシュランより新製品発表「MICHELIN ENERGY SAVER 4」

ミシュランを含めた海外のタイヤメーカーは基本設計に時間とお金をかけ長く使えるタイヤを開発する為モデルチェンジが国内のタイヤメーカーにくらべて比較的緩やかです。
さてそんなミシュランからロングセラーENERGYシリーズの新作が登場となります。MICHELIN ENERGY SAVER 4
ミシュランエナジーセイバー4という商品になります。
メーカー商品紹介ページはこちら

発売時期は2月頃を予定しているとの事でまだ未発売の商品になります。
肝心の性能評価ですが、メーカーにはエナジーセイバー+との比較が出ておりました。
エナジーセイバー4評価
低燃費性能はそのままにウェットブレーキングの性能が向上しております。

日本では特にユーザー様からタイヤを選ぶ際に重要視される音。

パターンノイズ、ロードノイズ共に静粛性能も向上しております。

さてここからは私の見解をちょっとだけ。
写真とプレスリリースからのみの見解ですのであくまでご参考程度に。
このエナジーセイバー4ですが、たぶん正統なエナジーセイバー+の後継モデル。
ということでもなさそうです。
いわくアジア圏、つまり主に日本向けに開発されたタイヤとなっておりますので、その昔あったエナジーXM1を思わせるような商品になるのではないかなと思います。
XM1は国内ニーズに合わせて作られたタイヤであった事から当店でも当時国産車輸入車問わず幅広いユーザー様にご支持頂いたタイヤとなります。

グローバル商品と日本向けのタイヤの違いって実際どんな所?
主に日本とヨーロッパの違いは航続距離の違いや舗装の違いなどがございます。
日本の方が舗装がよくその分音に対してユーザー様がシビアです。
またスピードレンジも違う為100キロ前後での乗り心地静粛性能の優れたモデルが人気となります。
年間で走行距離も多く違う為摩耗性能が極端に高いコンパンドでなくても対応出来る分、日本向けに仕上げた方が日本で使用するには優れていると私は思いますので今回のエナジーセイバー4の発売はサイズラインナップも含めて非常に楽しみだなぁ~と感じております。
エナジーセイバー+は純正装着でも幅広く装着されているのでこれからも併売されていく事になると思います。
また続報有り次第お伝えしたいと思います!

ハスラータイヤ交換OPEN COUNTRY R/T

当店の前を通るイチョウ並木。
この時期毎度毎度の事ですが、すごい落ち葉になります。
今年は風の強かった先日の夜に一気に落ちました。
毎年掃いても掃いても終わらない落ち葉掃除が一気に終わりました(^ ^)
さて当店でももっと来店数の多い軽自動車であろうハスラーのオーナー様ご来店です。
ハスラー タイヤ交換
発売当初からハスラーのオーナー様にベストマッチなTOYOタイヤのオープンカントリーをお選び頂きました。
これとオールシーズンタイヤのベクター4シーズンは特にご要望を多く頂く二大巨頭です。

オープンカントリーが人気の理由はやはりハスラーの持つ個性的なルックス、そのSUVっぽさを引き立たせるデザインがまず第一にあるのかなと。
タイヤで車の印象ってかなり変わります。

これから履き替えをお考えの方、人とはちょっと違ったタイヤで個性的に仕立ててみませんか?
オーナー様お買い上げ誠にありがとうございます。

実はこういうのも得意なんです

タイヤってどんどん進化しているのですが、私が親父がこのお店を切り盛りしていて、お店が僕の遊び場だった約30年前からほぼ変わらないタイヤが存在します!

BFグッドリッチ オールテレン
現在の正式名称はALL-Terrain T/A KO2と言います。
マイナーチェンジはしながらも根本もデザインはほぼ一緒。
とにかく根強い人気のあるタイヤです。

SUVにはこれ!というど定番ですが定番になるっていうのはやっぱそれだけの理由があるんだと思います。
第一にまずかっこいい!

名前は知らないけどホワイトレーターのタイヤ!とご注文される事もしばしば。
あのゴツさから乗り心地が酷かったり音がすごいんじゃないと不安な方も多いかと思います。
多分はじめて履く人は覚悟している以上に乗り心地は案外普通に感じると思います。
僕もはじめて乗った時びっくりしました!
デザイン、走破性能、そして日常使いにベストバランスなタイヤだと思います。
小さい店長がでっかいタイヤも交換いたします!