ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

THREEHUNDRED

THREEHUNDRED es-05 アバルト595のスタイルアップ

アバルト595にTHREEHUNDREDの3ピースシリーズの中で一番個性的?なデザインのes-05
決して数出るホイールではないのですが、ネオクラックなデザインはもともとアバルトもご先祖があっての
今ですので、こういったクラシカルだけど今風っていうデザインはドンピシャなんですよね!
THREEHUNDRED es-05
渋く仕上がりました^ ^

それにしてもこんなに珍しいビコローレの同色が2台並ぶなんて、、、、
なんとも変態的な当店でございます^ ^
アバルト ホイール
ホイールを変えると車高も下げたくなるのが、車好きのサガ!
そんなタイミングで明日から土日で行うKWのサスペンションキットV3を装着したデモカーが
当店にやって来ます。

イベント告知 2022/6/25.26 KWのデモカー試乗会

ご試乗はもちろんどれぐらい車高が下がるのか、実車でご確認頂けます。
皆様のご来店をお待ちしております!

アバルトの16インチという選択肢 THREEHUNDRED CF-01

THREEHUNDREDからは初のフロフォーミングのホイール
CF-01
ブレンボキャリパー装着のアバルトの新たなる選択肢です。
THREEHUNDRED CF-01
16インチでブレンボキャリパーをかわすのは至難の技
バランスウェイトとの干渉が心配されるぐらいギリギリのクリアランスになりますが、
このホイールはあくまでアバルトにそしてブレンボキャリパー装着車に装着できることが前提で設計されているホイールです!
7Jと7.5Jと設定があるのも非常にありがたいところ!
店頭展示そして常時在庫で置いてますので、まずは実物見て見たい!
という方は是非ご来店ください。
タイヤ銘柄、サイズ選定もノウハウございますので是非ご相談くださいませ。

~~~今日の一枚~~~
今日の一枚って名前にしました^ ^
だけどなぜか2枚笑
私の青春はハイスタと共にあったと言って過言ではないほどよく聴いていた名盤がブックオフで安く売ってたので
ついついまた買ってしまいました(何回目だろ笑)
国内版と逆輸入版が日本で両方流通しているのでファンとしてはやっぱ両方持っていたいですよね笑

アルバムはアルバムの曲順で聴きたい!って思う最初から最後まで最高のアルバムであります!
はじめて再生した時の1曲目の衝撃はいまだに忘れられません。
hi-standard メイキングザロード一生聴いてると思います^ ^

THREEHUNDREDカーボンフロントスプリッター装着画像

アバルト595のフェイスリフト後、シリーズ4以降のフェイスマスクはとても迫力があります。
そしてその顔を彩るカーボンパーツがTHREEHUNDREDから各種ラインナップされております。
近々で発売されたパーツですとリップスポイラー直下に配置されるカーボンフロントスプリッター
いわゆるアンダースポイラーですね。
更に低くを実現するパーツです。

アバルトリップスポイラー
さりげないけど迫力の出るパーツです。

より低く魅せたい人にはうってつけ!
THREEHUNDREDカーボンパーツ
だけどこのパーツはすごくよく考えられていて、低くはなるのですが日常使いを非常に考慮された設計になってます。
当店をご利用頂いているアバルトオーナー様の中での1.2を争う車高の低いアバルトさんも着ける前と変わらない車高で日常使い出来ております。
より低くをさりげなく表現したい方にはフロントスプリッターおすすめであります!

~~~~雑記~~~~
前回からはじまったこの展開シリーズ化を目論んでおります笑
私の趣味であるCD収集から1枚を毎回ご紹介するという誰得な企画です笑
今回はブッダブランドの名盤病める無限のブッダの世界

日本語ラップ好きな方には今更な一枚ではありますが、実は最近やっとこさ入手してここの所ヘビーローテーションな一枚です。
ここの所日本語ラップの歴史を追う果てなき旅に出ております!
是非おすすめアーティストございましたらご来店時に教えてくださ~い(^.^)

ワンオフオーダー満載のスペシャルなホイールを制作しました

とーーーっても久しぶりのブログ更新になってしまいました。
おかげさまで日々忙しくさせて頂いております。
アバルトさんのカスタムのご依頼もたくさん頂きありがたい限りです。
今回ご紹介する作業はスペシャルなカスタムオーダー満載のホイールの制作のご紹介です
THREEHUNDRED es-04
オーダーオフセットをはじめ、特注色、ピアスボルトのカラーリングなども変更可能ですので、
他の人の違うものが欲しいというオーナーさんのご要望を形にすることが可能です。
THREEHUNDRED es-04
リムディスクの共にオーナー様からのご要望でブラッククリアを半艶で仕上げました。
ピアスボルトはチタンカラーとスペシャルなホイールが完成しました!

THREEHUNDREDのワイドボディーキットを身にまとったスペシャルなアバルトの足元にふさわしいホイールの完成であります。
アバルト オーバーフェンダー

フロントはブレンボキャリパー用のハイディスクでの制作
アバルト ホイール
後ろは新発売のSuper LowDiskでの制作で更に深くを追求!

アバルトカスタム
ボディカラーとも相まってすごい迫力のあるアバルトに仕上がりました!

ワイドボディにすると市販のホイールインセットでは対応できませんが、
このホイールでしたら、その車両に合わせて制作可能です。

ナローボディもオーバーフェンダーも足回りの仕様によって装着可能なインセットは異なります。
現車合わせでご相談承ります!
オーナー様ご遠方よりご来店頂き誠にありがとうございました^ ^

それぞれのニーズに合わせてスタイルアップします

さてさてスペシャルなアバルトさんがご来店
あまり見た事のないオーバーフェンダーでスタイルアップされている車両です
アバルト サスペンション交換
今ついている足回りがどうにもこうにも乗り心地が悪いとのことでご提案させていただいたのはKWのバージョン3
乗り心地、高速道路でのフラットな乗り味、ワインディングでのキレ
どれも高次元で満足できる足回りだと思います。

そして更にホイール&タイヤも新調いたします。
アバルト タイヤ交換
最近SuperLowディスクの追加されたTHREEHUNDRED es-04
オーバーフェンダーでSuperLowは反則級の深さになります
アバルト オーバーフェンダー
写真ではこの深さが伝わらないのがとても残念。
当店に常時あるデモカー301号に履いておりますので、深さが気になる方はぜひ遊びにきてくださいね。

迫力のあるオーバーフェンダーに目のいきがちな車両ではありますが、
色使いが非常に大人しく仕上がっているので、
アバルト 深リム
ラインナップにあるグリジオメタリコをご提案させていただきました。

ノーマルフェンダーでない車両もお越し頂ければ現車採寸にて、適切なオフセットをご提案可能です。
アバルト ホイール
適切とは車検対応サイズだったり、ピッチピチのパッツパツをご希望の方にはその適切なオフセットでご提案させていただきます^ ^

es-02というホイールについて

アバルト用の鍛造ホイールを多数展開するTHREEHUNDREDのesシリーズ
その最初期からラインナップされているホイールがes-02になります。

先日ご紹介した3ピースホイールに対してこちらは鍛造1ピースという軽量、高剛性を突き詰めたホイールになります。

純正と変わらない7Jというホイール幅
好きなオフセット、カラーが特注オーダー出来るという所が最大のメリット

どんなボディーカラーでもオーナーさんの好みに合わせて仕立てる事が出来ます。

それは車検対応サイズだったり、足回りの仕様に合わせてだったり、
ミリ単位で調整の効く鍛造ホイールって他の車種で探しても実はそんなにないんです。

124spiderにももちろんマッチするデザイン


もちろん鍛造1ピースということでサーキットなどの過負荷な状況下ではその性能を存分に発揮致します。

THREEHUNDRED es-02
いかがでしょうか?

ワイドお待たせしました!

こだわりの形でやっと実現致しました!
先日THREEHUNDREDのアワードを受賞したこちらのお車の進化は止まるどころか加速中であります!

当店の301号にも装着しているTHREEHUNDREDのNEWフェンダーキット
(こちらの商品はフェンダー交換タイプなので、ボディへの加工はほぼございません)

フロントはホイールで合わせると結構出るんです!

なのでまずは暫定的スペーサーにて出面を調整致しまして、
ここから次のステップに向けての確認を行います!

リヤもかなりマッチョな雰囲気に仕上がりました!

そんなワイドフェンダーキットを組んだ珍しい車両が今日はお店でばったり顔合わせ!

皆さま足元へのこだわりはかなり強め!

ミリ単位のせめぎ合いが続いております(*^^*)

さぁこれからがTHREEHUNDRED のSuper lowディスクので出番です!

アバルトが更なる深リム境地へ

ABARTHの専門パーツブランドとして今や知る人ぞ知る所となったTHREEHUNDREDさん
発足当初から縁あってお付き合いさせて頂いておりますが、そんな代表の山口さんと年末にこんな話をしていたんです。

新しいフェンダーキットを組んだ事で3ピースホイールに足元を新調したいと考えているんだけど、
今回のフェンダーキットの出面に合わせてホイールサイズを決めるとフロントは深く出来るけど、
リヤはほぼほぼ変わらないんで、フロントの方が深くてリヤの方が浅くなっちゃうんですよ。。
なんかいい方法はないですかねぇ~と私からお声がけさせて頂いたら
代表は「じゃあリヤ専用のSuper Low Disk作っちゃおう!!」
この一声で今回の計画が始動致しました笑
まあ私だけでなくオーナーさんの声を非常に大切にしているメーカーさんらしい思い切った行動であります。

そんで本日届いたこちらがアバルトのリヤキャリパーが逃げるようにだけ設計された
贅沢仕様のes-04のSuper Low Disk
THREEHUNDRED es-04
もうねただでさえアバルト専用のホイールをラインナップしてることがおかしいのに、
ブレンボ用、ノーマルキャリパー用、リヤキャリパー用で3ディスクも設定するなんてやっぱ頭おかしいです笑

ということでワイドフェンダーになって更に深いホイールが選べるようになりました!
アバルトホイール

ちゃんと計算しましたら前後共にパッツパッツの仕上がりになりました!
深リム

前後ほぼ同じ深さ!

ワイドフェンダーでなくノーマルフェンダーな方もこれからは前後異サイズで設定すれば更に深いリムが選べますよ!
シャコタン、ツライチ、深リムご希望のサソリオーナー様
こちらへサイズの記載は致しませんので、気になる方は是非当店に遊びにきてくださいね(^.^)

CF-01発進!

このお店をやっている事でみなさんよりちょこっとだけ早くTHREEHUNDRED新商品に出会えます!
特にホイールに関してはデモカーさんの足元をよく当店でお取り付けさせて頂くので、工場から上がってきて一番最初にその商品を見れるのはまさに私の特権だな!なんて思ってます!(^^)!

そして全国のアバルト乗り界隈でざわついている例のやつ!
THREEHUNDRED CF-01の第一号を本日お取り付け!
アバルト ホイール
皆さまの元に届くのはごめんなさいもうちょっとだけ先の話です。
まず完成品をTHREEHUNDREDのデモカーさんに取り付けて諸々確認作業やカタログ撮影などが行われます。

まあなにがそんなに今までのTHREEHUNDREDのホイールと違うのかっていうと、
鍛造でなくフロフォーミング製法である事、
ビックキャリパーを楽々かわす16インチであること、

今まで鋳造ホイールでこんなにバランスウェイトを楽々かわしてる16インチホイール見た事ないです。
タイヤ屋さん的にはお客様に安心してご提案できる新たな選択肢なのです!
もちろんフロフォーミングなので鍛造に比べて非常にお買い得!

また現在店頭にて展示させております。
THREEHUNDREDホイール
当店のオリカラのハイパーシルバー

そしてesロゴをあしらった新発売のセンターキャップも同時に店頭にてご確認頂ける等になっております!
esホイール

まだ確定ではないのですが、来年の早い時期には皆さまのお手元に届けれられようになりそうです!
サイズ展開も車検対応の7Jからサーキットユースの方が欲しがりそうな7.5Jと2サイズ展開になるようです。
また7.5Jに関して当店などTHREEHUNDRED conect+の店舗ではオーダーオフセットなど、
特注オーダーも受けられように今現在THREEHUNDREDさんの方で懸命に絶賛調整中です!(^^)!

とにかく気になってるかたはお店で現物見て触ってみてください!
結構な軽さと鋳造らしからぬエッジに驚愕してください(^.^)

週末の思い出

週末はおやすみをいただきまして、日頃当店でも取り扱わせて頂いております、アバルト専門のパーツブランドTHREEHUNDREDの年に一度でっかいお祭りに参加して参りました。

250台を超えるアバルトが袖ヶ浦フォレストーレースウェイに集まりました。

最高の運動会日和ではじまった1日

スポーツ走行も大盛り上がりでした。

ホスピタリティーも充実しているのがこのイベントのすごいとこ!

サウナーにファンの多いドーミーインさんがケータリングに大盤振る舞いのプレゼントに大大大バックアップ!

私も抽選でサウナのお供にぴったりのトートバックを頂いてしまいました^ – ^

たくさん集まったミーティングエリアには当店でカスタムさせて頂いたアバルトさんもたくさん。

久々にお会いする方からいつものな方までお店で会うとはまた違った嬉しさがありますね。
みなさまいつもありがとうございます。

メインイベントでは私も走らせていただきました。

残念ながらレースはウェットコンディション。
お互い無理のない範囲でのチキチキバトルを最高のギャラリーさんの前で楽しませていただきました。

8万キロを超えたご老体301号はそろそろ、リフレッシュが必要ですね。

それでも皆さんと楽しい時間を過ごさせていただきました。

THREEHUNDREDさんのブログの方でも告知されておりますが、今回のイベントでの参加特典でした、とってもゴージャスなこれまでのTHREEHUNDREDの歴史がぎゅっと詰まった本 The BOOKを当店でもTHREEHUNDRED商品ご購入時の特典としてお配りさせていただくこととなりました。

詳細はこちらからご確認いただけます

この機会に是非パーツのクオリティだけでなくその世界観もおもしろいTHREEHUNDREDの商品にふれてみてはいかがでしょうか?