ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

作業内容紹介

BMW92M3タイヤ交換ミシュランパイロットスポーツ4Sを装着

BMWM3ご来店です。
Mシリーズの車両は純正でランフラットタイヤが採用されていないモデルが多いです。
本気のMが求める運動性能にまだランフラットの技術が追いついてないという事なのでしょうか?

今回お取付させて頂いたのはミシュランパイロットスポーツ4S
現在のミシュランのフラッグシップモデルとなります。
しっかりとした乗り味をもちつつも非常に軽快なタイヤです。
お取付させて頂いたオーナー様からも高速でもとにかく直進安定性がよく運転がより楽になったとお声を頂きました。
ドイツ車あるあるなのですが、ハブとホイールの穴ピッタリで加工されているのでここが錆びると車体に取付時にちゃんとセンターが出ない恐れがございます。

当店ではタイヤ交換時に点検に必要に合わせてハブの磨きとカッパーグリスの塗布を行ってから装着させて頂いております。
オーナー様いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。

現在お得なっているランフラットタイヤの交換作業

BMW F30のタイヤ交換です。
BMWには純正でパンクしても走れるタイヤ、ランフラットタイヤが装着されております。


純正装着品以外にも現在ではリプレイス品が各メーカーからたくさん出ておりますが、オーナー様は純正品でお取付をご希望でしたので、F30純正装着のPOTENZAS001のスターマーキング付きの物でご用意しました。 
S001はリプレイス品とスターマーキング付き2種類の設定がありまして、スターマーキングにはクーリングフィンは不採用となっております。

タイヤ交換の際にホイールを車体から外すとハブが錆びている事があります。

外す時に外れづらいのはもちろんの事ですが、つける時にはうまく入って行きません。

せっかくバランスをしっかりとっても取付時がこれではしっかりセンターが出ないので錆びている時はワイヤーブラシで錆びを落とします。

錆止めでカッパーグリスを塗布します。

いいタイヤをつける事もそうですが取付もしっかりしないとせっかくのタイヤが台無しです。
現在ランフラットタイヤは非常にお得なキャンペーン中です。
是非この機会に当店で交換をご検討頂けますと幸いです。

ハスラーTOYOオープンカントリーにタイヤ交換

実は当店ハスラーのオーナー様のご来店結構多いんです。
タイヤを変えるだけで見た目も劇的に変わりますよ。

そんな中でもリフトアップもせず純正タイヤサイズでオフロードっぽさが出せるオープンカントリーはとても人気があります。
リフトアップ、ローダウン、そしてアルミホイールとハスラーカスタムも是非当店にお任せくださいませ。

POTENZAと共に令和の幕開け

ミスタータイヤマン三鷹店の令和はじまって最初のタイヤ交換は空冷ポルシェ911の930型からでございます。
なんとも幕開けに相応しいお車からで新元号新時代、身が引き締まります。
サーキット走行もお楽しみになられるオーナー様。
以前も当店でRE-71Rをご購入頂いているのですが、そのトータルバランスで優れたこちらのタイヤをリピートして頂きました。
前回の走行でも見事タイムアップ果たしたとの事でしたがこのタイヤの特性を理解した上での2回目は更ならタイムアップが望める事かと思います。
単純にSタイヤを履けばタイムが伸びるという訳でもなくファインチューンの足廻りであればやはりRE71Rが乗りやすくタイムももちろんですが、コントロール性能としても一番楽しく遊べるタイヤだと思います。

私自身このタイヤをもう何セット履き潰したかわかりません。
これからサーキット走行をはじめたいというかた。
タイヤのグレードアップをお考えの方。
扱い方もこちらで色々とアドバイス出来ることもございます。
POTENZAをご検討の方は是非遊びにきてくださいね。

大変長らくお待たせしました!

ロングセラーホイールTHREEHUNDRED es-04
飽きの来ないデザインとカスタム性の高さでアバルトオーナー様からとても多くご支持を得ております。
ご遠方よりご来店頂きご相談しながら仕様を決めたes-04がやっとこさ入荷です。

カッパーの中でも明るいモナコカッパーをチョイス頂きました。

そしてインセットも攻め攻めの深リムディスクをお選び頂きました。

7.5-17 オフセット21は以前301号にも装着していたes-04と同じ仕様です。

ブレンボキャリパーが支流となっております昨今ではございますがオーナー様のお車はシリーズ4の限定車でしたツリーズモのマニュアルでしかもCというシャレオツ仕様

ツーリズモなのでノーマルキャリパーでより深リムが目指せました!

KW Ver1で落とした車高にベストマッチしました。

今回のホイール取り付けにあたって足回りも色々と調整しております。
まずはリヤ車高を目一杯まで下げました。

ノーマルキャンバーだと完全にはみ出してしまうフロントもKW車高調であればストラットボルトが長穴加工されておりますので比較的簡単にキャンバー調整が可能です。

現状のキャンバーからちょうど1度プラスさせて頂きました。
ここを変える変えないでは全然仕上がりがかわってしまいます。


おかげさまでたくさんのアバルトにたくさんの車高調、ホイールを取り付けさせて頂き色々なノウハウが出来ました。
シャコタン、ツライチから車検対応の範囲でのカスタムまで幅広くオーナー様のニーズにあったご提案させていただいておりますのでみなさま是非遊びに来てくださいね。
オーナー様ご遠方よりご来店誠にありがとうございました^ ^

301ボディメンテナンス

走行距離もついに7万キロな当店のデモカーアバルト500 301号さん

以前コーティングしてからかなり時間が空いてしまったので、改めて磨きをかけてコーティングしました。
サーキット走行では特にお世話になっている黒岩君にお願いしました。
いつも車を綺麗にしている彼にかかれば度重なるサーキット走行でちょっとくたびれた感じになっていた301号もピカピカです。

寒い中一日がかりで作業してくれてありがとうございます。

磨きコーティング。気になる方はボソっと私マツモトまでお問い合わせくださいませ。
3/3のETCC参戦もこれで準備万端です^ ^

現行30アルファードを大人の雰囲気にスタイリングしました

まずこちらの完成写真から

現行アルファード(エグゼクティブラウンジ)に足回りをかえてのローダウン、そしてタイヤホイールセットを装着させて頂きました。

純正プラスアルファな乗り味そして適度なローダウンに最適なB6キットにて足回りを決めました。

ローダウン後にこの車に最適な大人のツライチセットを探り、お客様のご希望だったホイールをサイズ指定でオーダーです。

レオンハルトの新作LF-S1

カラーはマッドスモークブラッシュド
非常に複雑な金属加工を施されたディスクにぴったりの素地の透け感有り
そして光沢のない分大人っぽさを演出できるとても上品な仕上がりです。
とくにこのお車の持つ上質感を更に引き立たせるにはうってつけのホイール&カラーリングです。

綺麗に落ちたスタイルにピカピカリムが映えます

写真だとわかりづらいのですが実は前後で変わっているんです。

ハブの形状上リヤの方が深くリムが取れるのでリヤの方が深くなっております。

ローダウンベースで考えられたのでフロントも結構深く取れました。

せっかくのエグゼクティブラウンジ。ドレスアップしたせいでその上質さを損なっては元も子もありません。

ミニバン向けの最上級グレードのタイヤといえばやはりREGNO GRV-II
これにかぎります。

そのお車一つに対して一つのマッチングがすべて正解ではありません。
ユーザー様一人一人考えに対しての最適解をお話ししながらお店とお客様でその車をかっこよくしていけたらなと常々思っております。
今回も大変長らくお待たせしてしまいましたが非常に喜ん頂けて幸いでございます。
オーナー様当店をお選び頂き誠にありがとうございました。

男の選択!THREEHUNDRED es-04ノーマルフェンダーに8J

その方は突然現れました。
アバルト、ノーマルフェンダーに8Jを入れたい!
ご遠方からご来店頂き現車を交えながら仕様をお話しさせて頂きやっと形になったのでご報告させて頂きます。

THEEHUNDREDの3ピースホイールes-04をチョイス頂きました。
アバルトに8Jを収める事自体はあまり問題がないといえば問題ないのですが、出面そしてインナークリアランス、そしてなにより3ピースはいかにリムを深く取れるか?
色々考えることがございます。

そしてもちろんブレンボキャリパーを躱せるという事が大前提!

そこがマッチングをしっかり取れていてブレンボを躱せても深く見える専用ディスクを用意しているesシリーズはやはり強いです。

こだわりのカラーリングも当店ブログ以前ご紹介させて頂いたオーナー様の記事を見て頂きオーダー頂きました。

ゴールドクリアは大人のシブさと派手さが非常にいいバランスです。
勇気はいるカラーリングですが実際つけてみると本当に似合うんですこれが。

リヤはLOWディスクオフセットも前後で別に設定。

こだわりの形で仕上がりました。


オフセットチョイスもドンピシャでした。

車高は前段THREEHUNDREDロワリングスプリングで決まっていたのでその点はオフセット計算は楽でした。

実用性とスタイリングのバランスが取れた仕様です。


お客様のこだわりとご理解があってなせるスタイリングです。
たくさんお話ししてたくさんお待たせしました。
お待たせしたけどオンリーワンの形に出来てそして大変ご満足頂けて本当によかったです。
アバルトのインナーアウター側のクリアランス、車高にはかなりノウハウが出来ました。
何かお困り事ご相談事是非ご相談くださいね

マッチング無い車もできる限り対応します!

VW Up Gtiに15インチホイールを装着!
生産台数が少なかったり特殊なグレードだったり、ブレーキキャリパーを変更していたりと、ホイールの持っているマッチングデータだけではご対応出来ない事もたくさんございます。

例えばこちらのVW UPGti
195/40-17とかなり特殊なタイヤサイズの為、サーキットユースに使いたいとなるとスポーツタイヤの豊富なラインな方のある15インチにインチダウンしたいとのお声がありました。
ですがそんなデータどのメーカーも持っているわけもなく。
でもお客様はこのホイールが履きたい!とのご要望。
RAYS TE37ソニック

営業さんには色々無理言いましたがクリアランス確認に色々と協力してもらい装着可能な事を確認して発注。

お客様には未確認での装着不可でどうにもならないというリスクなくご対応出来ました。

出面も狙い通り!お客様も大満足!


希少車だからとかメーカーサイトにマッチングが出ていないからとドレスアップを諦めてしまっている方。
是非お問い合わせくださいね!

そしてまた

2月3日のフジスピードウェイで行われるK4-GP
こんな可愛い車も元気に走れる楽しいイベントです。

クラス毎に使用可能な燃料の量が決まっているので燃費走行を強いられるます。
ただ速ければいいではないだけのレースなので車の性能もそうですが戦略が重要です。
当日雪が降らない事を祈るばかりです^ ^