ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

作業内容紹介

アバルトにBMC OTAをお取り付けさせていただきました

週末
本日はなにやら黄色い一日でありました!

さて先日当店としてははじめてお取り付けさせて頂いた商品をご紹介します。
BMC OTA というエアクリーナーBOXのキットです。

通常のお取り付けですと、ダクトはエンジンルーム内に収めるのがセオリー
先日の箱根でオーナー様と色んなアバルトエンジンルームを拝見して、
せっかくならなるべく吸気温度を下げたいということで、
エンジンルーム内のカバーを加工して吸気ダクトの配置を変更してお取り付けとなります。

THREEHUNDREDのカーボンボンネットを装着していることもあるので、
サイドダクト付近に吸気口がくるように配置

洗車などでは少し気を使わないといけない配置にはなりましたが、せっかく取り付けるなら、
効果の方を優先!というレイアウトとなりました。
それにしてもこのOTAはダイソンも裸足で逃げ出すほどのすごい吸引力!
これは効果アリでしょう!
作業時間は1.5時間ほどですのでご予約頂けましたら、お持ち頂いての間の作業も可能です。
ご用命ございましたらご連絡よろしくお願いします。

~~~今日の一枚~~~
今日の音源ではなくDVDです。
今まさに開催中フジロックフェスティバルのDVDです。
現地に行けない私はyoutube配信とこのDVDでなんとも言えないいけない感情をおさえこんでおります。(見てれば見てるほどもっと行きたくなってる。。)
フジロック開催初年度97年から2007年までの歴史を追ったDVDになっております。

FUJIROCKERS ~THE HISTORY OF THE FUJI ROCK FESTIVAL~
伝説の初年度97年のレッチリのライブ映像から始まるというなんとも胸アツな展開。
ライブ映像ばかりでなく今の形に至るまでの主催者のコメントやオーディエンスの声が収録されてるフジロック好きにはたまらないDVDです。

ジャケットやリーフレットも凝ったつくりで、
毎年の出演アーティスト一覧のポスターが年代別に見れたりして
もうまさに感涙そして、なぜ自分がそこ行っていなかったんだ!?
と後悔させられまくりのまさにフジロックな内容であります。

以前一度だけどうしても自分の好きなバンドがあのGREENステージに立つという2015年に日帰りで遊びに行ったことがあるのですが、
フジロックって本当に独特でどのアーティスト、ステージもとにかく最高な雰囲気。それはアーティスト、主催者だけでなくオーディエンスが本当に音楽が好きで集まっている場所っていうとにかく素敵な体験でありました。
でもあそこに3日間もいたら私みたいな弱い人間は現実に戻ってこれなさそうなので日帰りでよかったとも思っております。
ここまで見ていて今年私がもっとも気になったアーティストはCriative Drug Storeさん。
近いうち音源買いあさりしそうであります!

NDロードスターサスペンションキットお取り付け ST-X

先週末当店で行いましたイベント時にご成約頂いたオーナー様が早速ご来店です。
2日たくさんのご来店そしてご成約誠にありがとうございました。
(イベントの様子はこちらから)

当日はサスペンションメーカーKWそしてセカンドブランドのSTの展示販売を行っておりました。
NDロードスターの場合KWですとV3からの設定となります。
NDロードスター車高調
減衰調整不要のオーナー様のご意見を頂きご提案出来るものとしてはSTのスタンダードモデルST-Xという事で
こちらをご成約頂きました。

KWと同じく黄色いバネが非常に映える足元
STサスペンション
KWとSTの主な違いはシェルケースの材質がステンレスでなくスチールであるということです。
諸々コミコミで20万ちょいでカッコイイスタイリングと乗り心地が両立できるなんて非常にお買い得なキットです。

正直これぞ正常な車高
NDロードスター 車高
というぐらい純正は高すぎるんですよね。
いやはや見違えました。
今回は純正値から前後40mmダウンでセットさせて頂きました。
いつもであればそのままアライメントに直行させて頂くのですが、
今回はお客様のご意向で一週間慣らしをしたあとに再度車高計測を調整を行い
アライメント調整作業行い作業完了となります。

オーナー様お暑い中ご来店誠にありがとうございます。

~~~今日の一枚~~~
さて先日のお休みは八王子にある超巨大なブックオフとハードオフがくっついた夢のような施設に潜入してきました。
CD棚の端から端まで見て回るだけでとっても楽しいひと時なんですね。
そんな中とっても懐かしいCDが目についてついつい購入してしました。

リップスライムのメジャー1枚目のアルバムFIVE
2001年発売のアルバム
当日私はバリバリ坊主のスポ根青春まっさかりの高校生
友達に借りてカセットウォークマン(MDなく)でめちゃくちゃ聴いてたのを思い出しました。
案の定家で聴いているとこの曲が終わると次この曲っていうのがすべてよみがえってきました(^.^)
家のCD棚の年代が2000年初頭で時が止まっております。笑

GRスープラタイヤ交換

当店では珍しいGRスープラのご来店です。
なんだかついこないだ発売されたばかりというイメージでおりましたが、
もうタイヤ交換時期を迎えているお車もあるのですね汗
GRスープラタイヤ交換
純正で採用されていたミシュランPilot Super Sportからの正常進化版Pilot Sport 4Sへと交換させて頂きました。

さてさてこちらのスープラさん純正で装着されていたタイヤを見ていると
BMWの承認マーク★マークつきなんですね。
ミシュランタイヤ
BMWとの共作ということですので、なんら不思議はないのですが、
タイヤ屋さん的には改めて共作なんだなと感じるポイントであります。

今回ご購入頂いたオーナー様、なんでも15年以上前に、当店にお父様とタイヤ交換で当店を訪れた事があるとのことであります。
GRスープラタイヤ交換
親子2世代に渡り当店をご利用頂きまして誠にありがたい限りであります。
やはり車好きのお父さんの英才教育は間違っていなかったようですね(^.^)

この度は当店をご利用頂き誠にありがとうございます。

細かいオーダーにも対応できる万能3ピース

おかげさまで発売から継続的にご好評頂いているTHREEHUNDRED es-04
鍛造ディスクを使った軽量な3ピースホイールです


オフセットはもちろん、ディスクカラーやリムカラーそしてピアスボルトに至るまでオーダーが可能なホイールです。
今回はコルサビアンコというホワイトに合わせて爽やかだけどゴージャスに見えるゴールドのピアスボルトにオーダーいただきました!

非常にかっこいいです!

最近のアバルトはほとんどがフロントにブレンボのビックキャリパーが標準装備という車両がおおいので、
ここのところのオーダーの傾向としては前後でディスク違いでリヤはより深くリムの取れるスタンダードディスクを仕様することが多いです。

やっぱり深い方がかっこいいのです!
車両の仕様に合わせてベストサイズをご提案させていただきます。
3ピースご検討中の方ご来店お待ちしております!

明日からお休み頂きます

お客様がご要望があれば、HANSなんかも取り寄せ可能です。
HANS
当店とお取り引きのある業者さんにはstand21をはじめアルパインスターなどなど各種レーシングギアメーカーのお取り寄せも可能です。
ここはあんま商売的な感じでないので、タイヤでいつもお世話になってる方にはお安くご提供させて頂きますよ^ ^

さて明日からの3日間16.17.18日は当店休業させていただきます。
リフレッシュして戻ってまいりますので、ご不便おかけいたしますが何卒よろしくお願いいたします。

さてお休み前はお預かりでの作業などが立て続き、、、本日無事すべてのお車をご納車しまして、気持ちよくお休みに入らせていただきます。

前後バンパーを取り外してのモーションコントロールビーム なるいわゆるボディーダンパーの取り付け作業だったり。
この商品某アバルトに関するyoutubeチャンネルで紹介されてから注文が殺到しているとかしてないとか^ ^

定番メニューになりつつあるアバルトのカスタムの一つサスペンションの交換

値上がり前の駆け込み需要で今月はとにかくたくさんお取り付けさせていただきました^ ^

ご来店お買い上げいただいた皆様ありがとうございます。
休み明けもよろしくお願いいたします^ – ^

サスペンション交換が続きます

ブログの更新が滞っております。。
現在人員不足で平日作業は私店長マツモト一人の日が多いです。
忙しい時期は過ぎたのですが、それでも作業が重なっていると、なかなか込み入ったご相談にゆっくりお話しを伺う時間が取れず申し訳ない思いです。

先日はKWの店頭イベントを行った当店ですが、KWに限らず今月はアバルトのサスペンション、足回りのカスタム作業が非常に多いです^ ^
サスペンションに求める性能は人それぞれ。
おかげさまでいろいろなアバルトに色々サスペンションを取り付ける機会も多く、カタログに書いてある事の先をサスペンション選びの段階からご相談出来るかと思います。

先日のイベントにてKW V1をご検討でご来店頂いたオーナー様

やっぱり乗っちゃうとV3の方が気になってしまったようで減衰調整可能なV3をお選び頂きました。

V1と比べてもステンレスのピカピカ部分が多く高級感ありますよね^ ^

車高も綺麗落ちて、ちょうどよい居住性能と飛ばした時の気持ち良さはKWならではの仕上げかなと。
ストリートからワインディング、高速道路でのフラットな乗り味をお求めの方には非常にオススメです!

かたや細々ですが、当店のオリジナルとして展開しているENDLESS製のサスペンションキット

こちらはストリートでの乗り味よりもサーキットを想定した高い入力の時にその威力発揮するスペックのサスペンションキット。

今回のオーダーからフロントのブラケットに少々変更を加えました。

サーキットでの使用を前提としている仕様ということで、フロントのキャンバーを2度から4度の間で調整出来るよう長穴加工やスタビリンクの取り付け一の微調整などを行いました。

縁石カットなどの高入力じの姿勢の収まりは絶品です^ ^
 
この商品きになる方は現在店頭にございますので是非遊びに来てください。
今月はまだまだお取り付け予定のオーナー様がパンパンです。

後付け空気圧センサーのお話し

最近特に輸入車では珍しくなくなってきた空気圧センサーのお話しです。
空気圧センサーに大きく分けて2種類のモニター方法があります。
昨今主流となりつつあるのが、4輪を独立でモニタリング出来るタイプのモニター方法です。

ホイールの裏側バルブの下側にこのようなセンサーを取り付けることで、
4輪を独立してモニタリングするので、現在どこのタイヤにどのぐらいの量の空気圧が入っているから個々にモニターすることが可能です。
このタイプが純正採用されている車種はメーターパネル上で4輪独立して今現在の空気圧を確認できたりします。

純正で採用されていない方でも後付けで取り付ける事が出来たりします。
簡易的なバルブキャップに取り付ける物から純正採用されているセンサーとほぼ同等の物まで幅広くあるのですが、
おすすめはこちらですね

TPチェッカー
P405Bスポーツモデル

実際パンクした時にいち早く気づきたいという方にはオーバースペックな商品になります(*^^*)

現在の空気圧のリアルタイムで表示できるメリットはまさにサーキットなどでのスポーツ走行かなと。
なんかグリップしないなぁ~
と感じた時に内圧が高くなりすぎてる!
などいちいち走行中断せずとも判断ができますし、
冬場のタイヤの温まりが悪い時には内圧を見てタイヤのウォームアップの指標にも使えます。
なおこちらのスポーツモデルはホイールの内部温度も表示可能となっております。
スポーツ走行する方には結構便利だと思います。
シガーソケット電源で取れるので、スポーツ走行時だけの使用も可能ですし、電源取って取り付けて~というかたにはその方法でも取り付け可能ですよ~

今年大活躍でした(空気センサーTPMS読み取り書き込み)

今年は寺人員不足など諸々で本当にドタバタとしているうちに12月が終了してしまいました。
終わって見れば一瞬でした。
さてそんな今シーズン大活躍した物をご紹介したいと思います。

何度かこのブログでご紹介しております。
空気圧センサーの読み取りと書き込みをする機械になります。
スタッドレスタイヤをホイールセットで取り付ける際に空気圧センサー(TPMS)が別途必要になるケースが最近多くなってきました。
今年はポルシェマカンのお客様がとても多かったのですが、純正センサーと同一のDATAを書き込んだ空気圧センサーを読み取り、書き込みをしてお取り付けすることで、次回から特に設定することなくセンサーを正常通り機能させる事が可能です。

各メーカー、各車種ごとのDATAを読み取り、書き込みことが可能です


空気圧センサーでのお困りごとございましたら是非お問い合わせくださいませ。

マットカーボンはじまる

THREEHUNDREDさんより新たなる試み
カーボンパーツのマットバージョンが新たにラインナップされました!

なにやらオーダーできるお店が限定されているとか!?
当店ではご対応可能となっております!
これからカーボンパーツを装着されていこうと考えている方は差別化のはかれるアイテムとなりそうです!
納期はそれなりにかかりますので余裕を持ってオーダーくださいますと幸いでm(_ _)m

当店ではまず124spiderのオーナー様にお取り付けです!

リップスポイラーとミラーカバーを装着いたしました!
124spider カーボンパーツ
今までのツヤツヤテカテカもかっこいいけど、マットもシックでいい感じ!

タイヤ屋さんっぽいお話

ここ一週間なんだかちょっと変わったタイヤ交換が続いております。

こちらはお知り合いの工場さんのお車の作業で私はあまり詳しくないのですが、
60.70年代のブラバムのホイールだそうです(*^_^*)
ヒストリックレーサーの足元はCR65というダンロップのバイアスレーシングタイヤ
いやはやすごいタイヤ、ホイールに触らせて頂きました。

さてさて続きまして最近復刻されたランクル70のタイヤ交換です。

こちらリング式ホイールという少しかわったホイールです。
今はほとんど使われていない方式のホイールですね。

リムが外せるのでチェンジャーを使わずに作業が出来るメリットはありますが、
いまやほぼ使われていない、チューブ方式のタイヤです。

復刻といってもここまでオリジナルに忠実とはびっくりです。
ちょっと昔のトラックとかに使われている方式なのですが、今はもうほとんど見る事もなくなりましたね。
失われつつある技術ですが、もちろんタイヤの専門店な当店ご対応可能となっております。
その他タイヤの事でお困り事ございましたら是非ご相談くださいな(*^^*)

さて週末差し迫った店舗イベントも何卒よろしくお願いします!
————————————————
イベント告知 10/31.11/1北欧フェス開催

冬タイヤ検討中の方は是非ご来店頂くとお得な二日間です!
また冬山遊びをされる方!THULEもお買い得な二日間です!
イベント詳細はこちらから
————————————————