ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

イタリア車

アバルト595Cスタイルアップ

おかげさまでアバルトオーナー様のスタイルアップのご相談を多数いただいております。
タイヤ屋さんである当店の得意分野はサスペンションを含めた足回りのトータルでのスタイルアップです。
ホイールは当店での一番人気はなんといってもTHREEHUNDREDのesシリーズではありますが、
ついでよくお声がけ頂くホイールメーカーはWorkさんです。
主に3ピースでのオーダーが多いのですが、
こちらのオーナー様はエモーションシリーズのD9Rの1ピースを
特殊PCDでのオーダーで4H-98で制作させて頂きました。
アバルトホイール
足回りはKWのサスペンションキットにて乗り心地を確保しつつローダウンさせて頂きました。
最近は17インチだけでなく16インチなどとにかくアバルトに装着可能なホイールの選択肢が増えております。
実は設定があることに気づいていないものもあるかもしれません!?
こんなデザイン、あんなデザインのホイールは履けるのか?
是非店頭で店長松本までご相談くださいませ

それぞれのニーズに合わせてスタイルアップします

さてさてスペシャルなアバルトさんがご来店
あまり見た事のないオーバーフェンダーでスタイルアップされている車両です
アバルト サスペンション交換
今ついている足回りがどうにもこうにも乗り心地が悪いとのことでご提案させていただいたのはKWのバージョン3
乗り心地、高速道路でのフラットな乗り味、ワインディングでのキレ
どれも高次元で満足できる足回りだと思います。

そして更にホイール&タイヤも新調いたします。
アバルト タイヤ交換
最近SuperLowディスクの追加されたTHREEHUNDRED es-04
オーバーフェンダーでSuperLowは反則級の深さになります
アバルト オーバーフェンダー
写真ではこの深さが伝わらないのがとても残念。
当店に常時あるデモカー301号に履いておりますので、深さが気になる方はぜひ遊びにきてくださいね。

迫力のあるオーバーフェンダーに目のいきがちな車両ではありますが、
色使いが非常に大人しく仕上がっているので、
アバルト 深リム
ラインナップにあるグリジオメタリコをご提案させていただきました。

ノーマルフェンダーでない車両もお越し頂ければ現車採寸にて、適切なオフセットをご提案可能です。
アバルト ホイール
適切とは車検対応サイズだったり、ピッチピチのパッツパツをご希望の方にはその適切なオフセットでご提案させていただきます^ ^

細かいオーダーにも対応できる万能3ピース

おかげさまで発売から継続的にご好評頂いているTHREEHUNDRED es-04
鍛造ディスクを使った軽量な3ピースホイールです


オフセットはもちろん、ディスクカラーやリムカラーそしてピアスボルトに至るまでオーダーが可能なホイールです。
今回はコルサビアンコというホワイトに合わせて爽やかだけどゴージャスに見えるゴールドのピアスボルトにオーダーいただきました!

非常にかっこいいです!

最近のアバルトはほとんどがフロントにブレンボのビックキャリパーが標準装備という車両がおおいので、
ここのところのオーダーの傾向としては前後でディスク違いでリヤはより深くリムの取れるスタンダードディスクを仕様することが多いです。

やっぱり深い方がかっこいいのです!
車両の仕様に合わせてベストサイズをご提案させていただきます。
3ピースご検討中の方ご来店お待ちしております!

WORK CR-01をABRTH595シリーズ4に装着

以前当店で採寸オーダー製作したWORKのCR-01
以前の記事はこちらから

深イイ話


この記事ではシリーズ3に装着させて頂いたのですが、
シリーズ4のオーナー様が同じ仕様にしたい!
というご要望でオーダーさせて頂きました!

ブレンボでないからこそ出来る深リムがあります!

シリーズ3のオーナー様に遊びに来て頂きご対面!

せっかくなので一緒にパチリさせて頂きました!
シャコタン深リムはいつの時代にも車好きにはたまらない仕様です!

週末イベントではサスペンション含めのトータルでのセットアップのご相談が可能ですので、なにやら雲行き怪しいですが、是非遊びに来てくださいねご来店お待ちしております!

常時在庫!POTENZA RE-71RS

4月4日に予定されている鈴鹿サーキットでの走行会に向けて続々とアバルトさんが準備にご来店頂いております。

アバルトに仕様する215/40-17POTENZA RE-71RSは常時在庫させて頂いております。
ここの所飛び込みでご来店、お取り付け希望も方もいらっしゃるので、最低でも8本店頭に在庫しております。

一緒にプラグとTHREEHUNDREDさんのアースケーブル一式を同時施工させて頂きました。

NGKのレーシングプラグこちらも最近よく出るので常時在庫させて頂いております。
アースケーブルは発売当初ほどの勢いはありませんが、ポツポツご用命頂いております。

RAYS ZE40タイムアタックエディションは限定生産品で現在はもう入手不可な希少ホイール

車体の赤ストライプともマッチしていますね。

これでサーキット走行の準備は完璧!

鈴鹿でお会いしましょう^ ^

POTENZA RE-71RSは当店で非常にご用命頂く理由の一つに価格というのもあります。
サーキット走行をする方がはかれることの多いタイヤでして、一旦買えば3年は交換の必要が普通はいらないのでが、年に2回3回と交換される方が少なくありません。

サーキット走行でのタイヤは消耗品です。
ですので交換スパンが短い分この銘柄のみかなりお値段を還元させて頂いたプライスをご提示させて頂いております。

ですので、サーキット行かないけど一度POTENZAブランド履いてみたかったという方にもかなり選びやすい価格帯でご提示できております。

タイヤ交換時期でちょっと冒険してみたい方?
是非一度お値段お問い合わせ頂ければと思います。
他サイズも十分がんばった金額でご提示させて頂きますよ^ ^

新生es-04発進

今までたくさんのアバルトに販売させて頂いている3ピースホイール
THREEHUNDRED es-o4
ディスクの材料が例の富山産へと切り替わったことでより攻めたデザインそして軽量へとリファインされました。
そんな新生es-04を早速オーダー頂きまして本日お取り付けさせて頂きました。
見る人が見ると違いがわかると思います^ ^

さて今回は足周りを含めてスタイルアップさせて頂きます。

というよりこれがないとおさまらない攻めのオフセットでのオーダーです。
ホイールに合わせて足回りの仕様を決めさせて頂きました。

リヤもキャンバーが足りないのでTHREEHUNDREDアライメントシムにてセッティング

そして出来上がったアバルトがこちらです

オーナー様がここまでカスタムしてきたカーボンパーツでの黒を基調としたコーディネイト
足元はド派手に見せていいんじゃないでしょうかとのご提案を快諾頂きキャンディーレッドでの仕上げとしました。

鍛造ディスクのes-04はキャンディなどクリア系の塗装を選ぶことでディスクの素地の加工跡が透けて見えます。

この色合いは昼と夜など光の当たり具合で表情が変わるんです。
そして写真だとその素晴らしさが伝わりづらかったりもします。
それもまた本当のかっこよさはオーナー様しか知り得ないって感じでいいのかなって思います^ ^

オーナー様は人生初シャコタンということです。
そんなお車を任せて頂き本当に光栄に思います。
ご提案させて頂いた物の派手派手にしてしまったので施工を終えたご自身のアバルトと対面して
非常に喜んで頂けて正直ほっとしました^ ^
オーナー様今後ともよろしくお願い致します!

プントにTHREEHUNDRED es-06を装着

THREEHUNDREDの鍛造1ピースホイールで唯一の18インチの設定のes-06
500系はタイヤの銘柄が選べないのでデザインは気に入っていても二の足を踏む方が多いののですが、プントならちゃんとハイグリップタイヤも選べます。
今回チョイス頂いたのはADVAN ネオバAD-08Rタイヤサイズは215/40-18になります。

18インチだからこそのフィンの長さが特徴的なes-06

写真では伝わりづらいのですがフィンが微妙に反っていて立体感のあるデザインは非常に美しいです。

またTHREEHUNDREDのホイールといえばオーダーオフセットが可能なので、スペーサーなしでのツライチもお手の物。

なにかと選択肢の少ないマイナー車の味方ですね!

オーナー様お買い上げご来店誠にありがとうございます。

アバルト用の鍛造ホイールと言えば

アバルトの販売台数が好調なおかげで最近では各社ホイールメーカーから専用設定のホイールも増えてきております。
その中でもやっぱりまだまだ鍛造ホイールの設定はかなり限られております。

その中でもかなりの先発そしてロングセラーなのが、THREEHUNDREDのes-02です。
このホイールは7Jの設定になりますが鍛造ホイールでなおかつオフセットが選べるというのが、とても利点であります。
純正オフセットで作る車検対応仕様から、ピタピタツライチ仕様まで選べます。

その中でも当店でのお客様で多い仕様は、車検対応仕様で制作してスペーサーでのツライチセッティングです!

必要な時には元に戻せるので車検などの際はスペーサーを抜くだけで対応できます。
今回はフロント5mmリヤ10mmのスペーサーでセット致しました。
ツライチにしたいけど車検が心配という方ご相談くださいませ^ ^

いきなりの降雪!タイムリーなタイヤ交換!

三多摩地区にお店を構える当店は本日お昼頃からいきなりの降雪!!

一瞬で当店デモカーも真っ白になってしまうほどなかなかの勢いでした。

そんな中たまたまではありますが、ご予約頂いていたタイヤ交換にご来店のチンクさん
FIATタイヤ交換
雪にも対応出来るオールシーズンタイヤ、ミシュランクロスクライメイトへの交換でした。
いきなりの雪でも慌てない!
決してレジャーに使わない車でもこのような形で雪に対応出来るタイヤができたのは非常に便利ですね。
オーナー様お買い上げありがとうございました。

FIATパンダにオールシーズンタイヤ

タイヤ交換の際に雪という考えがちらつくこの時期、夏タイヤの交換ではご指名が増える傾向にあります。
どうせ買うなら多少の雪なら走れるタイヤの方が便利ですからね。

パターンもクロスカントリーな感じでドレスアップとしても最近では人気のあるオールシーズンタイヤベクター4シーズン
パンダにはまさにうってつけなタイヤです。
その他ハスラーなどからもご指名の多いタイヤです。
ATタイヤまではじゃないけどオフを想定したタイヤをお探しの方
SUVじゃないからATタイヤの設定がないけどちょっとゴツゴツしたブロックタイプタイヤが欲しいという方にもおすすめであります。