ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

アバルト

鈴鹿へ向けて

明日鈴鹿サーキットで行われるTHREE HUNDREDさんのイベントに参加すべくこれより三重県へ向かいます!

F1ではなんどもお邪魔している鈴鹿サーキットですが走るのは初めて。

天気が良いと1コーナーの先に海が見えるようです!

初めてのサーキット、事故なく楽しみたいのと、いつもはお会い出来ない関西東海地方のオーナー様とたくさん交流出来たらなと思っております。

鈴鹿のS字で絶大な威力を発揮するであろう6点シートベルト導入いたしました!

私店長マツモトは14.15とお休み頂きます。お店は通常通り営業しております。何卒よろしくお願いします!

我が家にも春が来た!

先月なんとなく思いつきで買ってしまった桜の盆栽が我が家にはあります。
名を直太朗といいます。
昨日はぼちぼちで咲いていた花が今朝起きて水をあげようと思うとこんなにも咲いておりました。

家でいつでも花見ができます(^ ^)

さて4月14日に鈴鹿サーキットで行われるTHREEHUNDRED meetingSUZUKA

当店の301号さんも参加に向けてメンテナンスです。
油脂類交換と消耗品の交換。

新発売のブレーキパッドも導入です。
周囲で取り付けされている方からのお声もかなり上々なので私も楽しみです。

はじめての鈴鹿サーキット。
事故なく帰って来れるようしたいですね。

これで揃いました!

アバルトって社外のブレーキローターってかなり選ぶのに制約があるんですよね。
特にブレンボキャリパー装着車のみなさまはメーカーHPみても適合がない!
とお嘆きの方が多いかと思います。
いち早くブレンボキャリパー装着車の2ピースローター(ベルハットは純正を流用)をラインナップしたTHREEHUNDREDさんから早くも新作。

そしてシリーズ4から1ピースローターに変更になりまして、これまたメーカーHPを覗く適合確認がとれてなかったりと、アフターのローター選びが難しかったのですが、早速出してくれました。

サーキット走行されるかたにはドリルドローターよりもこちらの方がヒートクラック対策にもなるしおすすめです。

今年も無事終了!ETCC耐久レース

この時期恒例行事となっております。
ETCCという耐久レースに今年もいつもの皆さまと参加してきました。

フジスピードウェイのピットに20台を超えるアバルトばビッシリな光景は壮観です!
あいにくの雨となってしまった当日でしたがレースに天候は関係がないのです。
順位は関係ないんです。大事な事は事故なく最後にみんなで笑顔で終われる事!

はじめてのウェットに悪戦苦闘する方。
ドライでは感じられないアンダーステアオーバーステアそしてブレーキング時のABSの介入などなど非常に勉強になったなど人それぞれそれはそれの天候を一日楽しまれたようでございます。

そして私は301号で参戦!はじめてのRE-12Dでのウェット走行に不安を感じながらの恐る恐るのスタート。

レースなのでタイヤの冷えてるアウトラップから全開!
RE-71Rのウェットには非常に定評があるのですが果たして12Dはどうなのか?
71Rに比べてドライ時に発熱が遅いのはわかっていましたのでその分を加味して内圧調整をしっかりしておけばまったく問題ありませんでした。
操舵感が薄くなって怖い思いをすることなくブレーキングでは71R譲りのしっかりした感覚がお尻、ブレーキペダル、そしてステアリングを通してしっかり伝わってきます。
ドライ専用のタイヤということではなくサーキット走行にオールマイティーに対応できるタイヤである事がよくわかりました。
課題はドライ時でも同じでしたがケース剛性の違いからくるサスペンションの減衰調整を合わせきれなかったのでここはこれから内圧も含めてもう少し検証して行きたいなと思いました。

それにしても終始雨の中でアバルトチームは無事故

これもひとえにいつも練習の賜物!
そして電子デバイスのTTCの介入が非常に優秀です。

無事私たちチーム黄色は完走!
クラス二位というおまけまで頂いて最高の一日となりました。

毎年新しい参加者が増えて盛り上がりを見せるこのイベント!
今回走行会だけの参加だった方!是非来年は一緒にハラハラドキドキを共有しましょう!
参加された皆さまお疲れ様でございました。

当日の走行動画です。

es-02mag受注開始!

昨日はフジスピードウェイで行われた耐久レースに当店お客様方と参加してきました。
積もる話はたくさんあるなのですが、タイヤ屋さん的にまずご紹介しておきたい出来事と言えばこちら

THREEHUNDRED es-02
THREEUNDREDの中でも群を抜いて人気の高いes-02
こちらのホイールに新展開がございます。

大きく分けて5つほど今までのホイールと違う部分があります。

まずは何より軽量を追求したこのモデル。
素材が鍛造マグネシウム合金となっております。
軽量、そして高剛性を高い次元でバランスした最終的な仕上がりは1本あたり5.7キロ!
軽量マニアの方にはいかに軽いかがわかっていただけるかと思います。
もちろん軽いだけでなく強度テストもしっかりこなしておりますのでそのあたりはご心配いりませんよ。

軽すぎて片手でこの通り!

そしてデザイン面での変更も

スポークサイドへの切削加工は軽量化はもちろんですが見た目に与える印象が非常に軽快に見えるのが個人的にはグッドな点!
このあたりはストリートで使用する事も当然意識してデザインされているのでなによりやりすぎてない感がとても上品な仕上がりだと思います。
この写真ではわかりづらいのですが、センターに向けての終点部サイドの切削加工、センターホイール部のデザインこの変更によるフィンのデザインも変更されております。
なので同じ名前の素材違いと思ったらまったくそんな事はなくほぼ一からの新設計ホイールと思って頂いていいのではないでしょうか?
そして一番の変更点というより重要ポイントです!

裏側の刻印になります。
ついに7.5Jが発売でございます!
純正よりちょっとワイドに見える7.5J
ストリートユースにももちろん人気ですが、なにより215幅のタイヤを使用するサーキットユースなみなさまには朗報も朗報だと思います!
軽量面からも少しお値段の張る商品ではありますが、その価値は十二分にあると思います!
当店ではTHREEHUNDREDのホイールが中心とはなりますが、店頭にてその実物を見ていただけるようにしております。

今回受注開始の商品も早速店頭に先行的に展示させて頂いております。
是非お手にとってその軽さをご体感頂ければと思います。
■ es-02 mag(ABARTH500/595/695)
・17×7.5J ET35 4/98 CorsaBianco/NeroScorpione ¥89,000/1本
・17×7.5J ET35 4/98 GrigioMetallico ¥92,000/1本
今まで通り少し納期は頂きますがカスタムカラーも受付られるという事です。
ファーストロットは今月末から来月初旬。
ファーストロット狙いのオーナー様はお早めのお問い合わせお待ちしております。

301ボディメンテナンス

走行距離もついに7万キロな当店のデモカーアバルト500 301号さん

以前コーティングしてからかなり時間が空いてしまったので、改めて磨きをかけてコーティングしました。
サーキット走行では特にお世話になっている黒岩君にお願いしました。
いつも車を綺麗にしている彼にかかれば度重なるサーキット走行でちょっとくたびれた感じになっていた301号もピカピカです。

寒い中一日がかりで作業してくれてありがとうございます。

磨きコーティング。気になる方はボソっと私マツモトまでお問い合わせくださいませ。
3/3のETCC参戦もこれで準備万端です^ ^

男の選択!THREEHUNDRED es-04ノーマルフェンダーに8J

その方は突然現れました。
アバルト、ノーマルフェンダーに8Jを入れたい!
ご遠方からご来店頂き現車を交えながら仕様をお話しさせて頂きやっと形になったのでご報告させて頂きます。

THEEHUNDREDの3ピースホイールes-04をチョイス頂きました。
アバルトに8Jを収める事自体はあまり問題がないといえば問題ないのですが、出面そしてインナークリアランス、そしてなにより3ピースはいかにリムを深く取れるか?
色々考えることがございます。

そしてもちろんブレンボキャリパーを躱せるという事が大前提!

そこがマッチングをしっかり取れていてブレンボを躱せても深く見える専用ディスクを用意しているesシリーズはやはり強いです。

こだわりのカラーリングも当店ブログ以前ご紹介させて頂いたオーナー様の記事を見て頂きオーダー頂きました。

ゴールドクリアは大人のシブさと派手さが非常にいいバランスです。
勇気はいるカラーリングですが実際つけてみると本当に似合うんですこれが。

リヤはLOWディスクオフセットも前後で別に設定。

こだわりの形で仕上がりました。


オフセットチョイスもドンピシャでした。

車高は前段THREEHUNDREDロワリングスプリングで決まっていたのでその点はオフセット計算は楽でした。

実用性とスタイリングのバランスが取れた仕様です。


お客様のこだわりとご理解があってなせるスタイリングです。
たくさんお話ししてたくさんお待たせしました。
お待たせしたけどオンリーワンの形に出来てそして大変ご満足頂けて本当によかったです。
アバルトのインナーアウター側のクリアランス、車高にはかなりノウハウが出来ました。
何かお困り事ご相談事是非ご相談くださいね

サーキット走行のお手伝い

本日はフジスピードウェイのスポーツ走行ライセンス取得をされるオーナー様
ここ最近メキメキと上達されているオーナー様の走行のお手伝いでフジスピードウェイに行ってまいりました。
当店でいつもタイヤをお買い上げいただくオーナー様。
もちろんサーキット走行に適したRE-71Rを履かれております。

走行会以外でのはじめての走行に緊張した面持ちでしたが後方確認も前方車両のパスもスマートにこなしてはじめてのスポーツ走行を満喫出来たようでなによりです。

毎度毎度サーキット走行毎に車載映像、そしてデータロガーを見せて頂き次への課題を打ち合わせしてるうちにどんどんタイムアップそしてスポーツ走行時の立ち回りもどんどんスキルアップしているオーナー様

今日はタイムアップはならずでしたが、アベレージのラップタイムは確実に成長していました。
アベレージがあがってくれば自ずとタイムは上がってきます。

そしてそんなオーナー様は本日、大事な大事なお車を私店長松本に預けてくれてスポーツ走行1本分走行させて頂く機会を頂きました。

ギャレットタービンのTHREEHUNDREDのECUチューニングとTHREEHUNDREDのフラッグシップサスペンションであるProKitを装着された車両です。
私のデモカーと大きく違う点は上記2点。
これからのタイムアップはシビアになってくるので実際車がどのような時どのような挙動をしてどのような特性の足回りなのか?エンジン性能なのか?
を自分の体で覚えてこれからのディスカッションにそしてその他オーナー様への商品アドバイスへと繋げられるかと、せっかく頂いた貴重な30分。3つセッティングを試してその性能への理解が非常に深められた最高の30分にすることが出来ました。
オーナー様へはこの車の私なりに走らせてタイムの車載映像とロガーデータ。
そしてサスペンションキットの減衰力変更のセットに大してどういった変化があるのかという事を体感を交えてお話させて頂きこれからのスキルアップに伴うセッティングの幅のお話をさせて頂きました。
貴重なお車をお借りしてこれだけの事しか私には出来ませんが、オーナー様から非常に勉強になったと温かいお言葉頂き内心ホッと致しました。
たくさんのアバルトのサスペンションキットのお取り付けセッティング、そしてたくさんのオーナー様からのフィードバックを頂き少しは皆さまとって有益な情報を提供できるようになったのかな?と思うと共にまだまだ引き出しの足りなさを痛感する日々です。
ひとまずギャレットタービン装着車両の全オーナー様に言える事ですが、チューニングECUの効果は絶大です!

POTENZA RE12D使用経過のご報告

昨日当店のお客様と富士スピードウェイのスポーツ走行をご一緒してまいりました。

シュミレーターと日頃の練習の結果がここの所メキメキとタイムに現れているオーナー様。さて本日はどうでしょうか?

黄色のボディに黄色のハーネスがメチャクチャクールです!

スポーツ走行時のドライビングポジションを非常に重要なタイムアップに繋がるファクターだと思います。
どんなスポーツでも姿勢、フォームって重要ですよね。

さて私店長マツモトとデモカー301号の本日の課題ですが、

POTENZA RE12Dの評価や使い方への理解を深める事。
タイヤ変更に伴う足回りのセットアップの再検討。
そしてなによりその結果としてタイムを出す事。
以上なのですが、結果や如何に??

RE-12Dに履き替えて一番最初のタイヤだけでの印象ですが、とにかく縦方向の強い印象でブレーキングをいつもよりがんばって、小さく回って早く立ち上がるイメージを重要視しました。
フジでいうと第3セクターではいつもよりボトムを落としてでも立ち上がりを速く。
このイメージで過去ベストの8秒台が出ました。
今回もこのイメージを中心に前回温まり切らず低かった内圧を調整して走行。
フィーリングはよかったのですが、残念ながらベストラップ更新とは行きませんでした。
さてここでずっとに気になっていたのが100Rの出口でのアンダー気味で待つ時間が非常に長く感じている部分がありましてここを足回りの減衰調整を行い走行。
以前よりがんばることなく8秒台をマークすることができました。
それでもタイムタイムと意識がいっている為かなり荒い運転になってしまったことは大いに反省しなければいけない点だなと思います。
タイヤに合わせてもう少し足回りのアジャスト出来ればもっと楽に速く走れそうです。
一番最初に乗った時が非常に寒く中々タイヤが昨日するところまで持って行けずかなり苦労しましたが、使用しているうちに大分信頼感も出てきて高速コーナーも少しづつ頑張れるようになってまいりました。

さてこちらが昨日使用後に撮影したフロントタイヤの状況です。

フジスピードウェイを30分を4本1時間を1本。
合計3時間の走行です。
グリップレベルが落ちてきている感覚は今の所ないですし山的にもまだまだといった所です。
裏組みしないでも左右ローテーションができるのはとってもグッドなRE-12D使用経過報告でした^ ^

カッコヨク安全に!THREEHUNDREDハーネス6P

オシャレな箱がドドンと入荷して参りました!

THREEHUNDREDから新発売の6点ハーネスです。

サーキット走行をする上で3点シートベルトだと体が動いて運転に集中FIAの規格にも合致した本気のシートベルトでございます。もちろんHANSにも対応です。
このシートベルトは6点式ですので座席下部からも引っ張れるのでサイドベルトが腰骨の正確な位置で固定することが出来ます。
4点でありがちな締めあげていくとバックルが胸付近まで来てウルトラマンのカラータイマーみたいになっちゃうのが防げます。

そんなカラータイマーじゃなくてバックルもひねるだけで解除できる現在主流のタイプが採用されてます。

ブランドロゴも入ってとってもかっこよしです。

金額もお手頃なのでこれからサーキット走行の準備をはじめようという方。
4点シートベルトからのアップグレードをお考え中の方。
カラーバリエーションもイエロー、ブラック、レッド、ブルーと車や内装に合わせてチョイス出来るのもおすすめな点です!
備えあれば憂いなし!
私は黄色がイチオシです!