ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

てんちょの独り言

週末よろしくお願いします

イベント前日は何かやり忘れたことはないかな?とついつい遅くまでお店に残ってしまいやっぱり今日も午前様です(#^.^#)

さて明日からのPOTENZAスペシャルプライスデイ。
目玉商品になるであろう例のやつ本日第一便が到着いたしました。

ちなみに明日ももう一便大量入荷で皆様のご来店お待ちしております。

週末は大変混雑が予想されます。作業をご希望のお客様は何卒時間に余裕を持ってお越し頂けますようよろしくお願いします。

今週末は是非ご来店ください!

さて週末迫って参りましたPOTENZAスペシャルプライスデイ
当店単独でのイベント開催は実は初めてなのです。
これを機に定期的に当店らしい企画を打ち出していこうと意気込んでおりますので、皆さま是非お力添えの程よろしくお願いします。

気になる金額は当日までのお楽しみという事で数々のお問い合わせにもごめんなさいしておりますが、社長とケンカ一歩手前になるほど攻めさせて頂きましたので何卒ご期待の程よろしくお願いします( `ー´)ノ

さて当日はささやかではございますが、冷た~~いコーヒーやジュースなんかもご用意しておりますので、冷やかしでのご来店ももちろん大歓迎!ゆっくりしていってください。

数限りはございますが、ご来店のお客様へのプレゼント。
POTENZAをお買い上げの方にも素敵なプレゼントをご用意して皆さまのご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

ミスタータイヤマンPOTENZAスペシャルプライスデイの詳細はこちら

おしゃれは足元から

昨日は筑波コース1000にてアバルト仲間の皆さまと終日サーキット走行を楽しんできました。

気心知れている皆さまと愛溢れるチッキチキな模擬レース有り

ワイワイBBQ有りの

アバルトオーナーさんが経営する焼肉屋さんからの差し入れお肉最高でした!
その他にも見学に来られていたご夫妻からの旬真っ盛りのタケノコご飯の差し入れありとお腹までいっぱいの大満足な一日でした。

でもこの日はサーキット遊びもそうですが、ただただ自分の車を皆さんにチヤホヤしてもらいたくて笑
足元お色直しした私の301号さん
THREEHUNDRED es-03 バフフィニッシュ
スペック 8J-17 et43 4H-98

色々な方にカッコイイネ!と有りがたき言葉を頂き一日ニヤニヤの止まりませんでした。
このサイズを装着するにはやはり現車確認が絶対条件です。
お客様の車で行きあたりばったりをするわけにもいかないですし、改めて装着する事が出来て各所気になるところが確認できてよかったです。
500系に8Jの波が来るのか?
人柱としての役目は果たせたかな?と思っております。


オシャレは足元から。
愛車のホイールと私の最近お気に入りのフィンランドに行っていた際にたまたまVANSショップで見つけメタリカスリッポン。

機能美

本日もたくさんのご来店誠にありがとうございます。
春がどっと押し寄せたせいもありまして今年は特に春の履き替え時期がギュッと一点集中しておりまして、ご来店のお客様には大変お待たせしておりまして大変申し訳ありません。
来週には少し落ち着くかなと思っておりますが、特に週末のご来店は大変申し訳ございませんが、なるべくお時間に余裕をもってお越しいただけますと幸いです。
さて先日ちょいとご紹介させていただきました、当店デモカー301号の新しい足元。
店頭に到着してから結構時間がたってしまいましたがにやっとこ装着しました。
どうしても自分の車は後回しになってしまいます。。

THREEHUNDRED es-03
このホイールの一番生かしている逆ぞり感をより演出するためにアバルトではなかなかチョイスしづらい8Jというサイズに挑戦いたしました。

もちろんこのホイールの一番いいところでもある鍛造高剛性軽量という機能の部分を最大限に生かしたいので、街乗りからサーキットまで使い倒す所存です。
なのでもちろん8Jに215サイズを履いています。ここが今回のタイヤ屋さん的挑戦のみそだったりします。

バフフィニッシュでサーキット?
もったいないなんて言葉も聞こえてきそうですが、せっかくの機能に優れデザインも最高なes-03
サーキットで使わない訳にはいきません!
そして明日早速こいつの素晴らしいところを堪能すべくアバルト仲間の皆様とTC1000を走ってきます。
なんでも最後は模擬レースありの楽しい一日になりそうです。
明日は車の全体像や動画もご紹介できたらなと思います。

最強最速の例のヤツ POTENZA RE-12D

当店もささっとバックオーダー入れていたのですが初回ロットやっとこさ入荷となりました。

POTENZA RE-12D

まずは当店でサーキットユーザーの1番多いアバルトサイズ215/40-17での入荷です。

まずはじめに私も商品説明は受けていますが、実際のところどうなの?というところは私自身も使用していないですしまだ当店のお客様でも履いていないので憶測でのお話になってしまう部分もあるということを前提に以下をお読み頂ければと思います。

このタイヤははっきり言って万人にオススメ出来るタイヤではございません。これはまず最初にはっきり言えることです。

サーキットを走るユーザーさん以外にはただ金額が高くて摩耗の早いだけのタイヤですので、全くと言っていいほどオススメは出来ません。

あとよく聞かれる質問なのですが、71Rの後継モデル、という位置付けのタイヤとも違います。

71Rをサーキットも思いっきり走れる公道走行用のタイヤと位置付けるなら、12Dは公道も一応走ることの出来るサーキット用のタイヤというカテゴリーになります。

あくまで主戦場をサーキットにおいておりますので、耐摩耗性性能はもちろんの事、発熱していない状況での使用では少しグリップ不足を感じることもあるかもしれません。

ですのでタイヤ1セットでサーキットから街乗りまでこなしたい人にもまたあまりオススメ出来るタイヤではないかなと思っております。

じゃあこいつのいいところって何?ってところですが、そりゃもちろんサーキットを速く走れるグリップレベルのタイヤという事です。

これまた又聞き情報なので不確かな情報ではありますが、某JAF戦では05Dから12Dへと切り替わってかなりタイムアップしているとの噂です。

サイズ拡充している面から見ても今までの05Dに比べて一般ユーザーも意識してコントローラブルなタイヤに仕上げてきている事は間違いないと思います。

よりサーキット速く走りたい!目標のタイムがある!負けられない戦いがそこなはある!そんなユーザー様にオススメのタイヤになってます!

私自身も気になるタイヤ是非サーキットを走った感想を早く聞きたいなと思ってます。挑戦者からのお問い合わせお待ちしております!即納可です!

THREEHUNDRED商品諸々入荷

昨日はホイール、本日はメンテナンスパーツからパフォーマンスパーツ系の商品がTHREEHUNDREDより入荷して参りました。
発売から継続的人気を誇るリバウンドストップラバーも在庫補充。

そしてこちらは新商品ですね。これから人気間違い無し!
LEDライセンスランプ。

専用のカワカッコイイ箱に入って皆さまからのご要望を今か今かと待っております。
THREEHUNDRED LEDライセンスランプ
綺麗な色味で高寿命もちろん専用設計、エラーや警告ランプの点灯もございません。
是非こちらもご検討くださいませ。

さて更にそして主にサーキット走行をされるユーザー様から人気の商品が多数入荷です。

サーキット走行をされる前に是非ご自身のお車のメンテナンス、チェックをしてくださいね。
そんな私も4/8日曜日に筑波1000に久しぶりに走行に行く予定です。
THREEHUNDRED代表の号令の元、アバルト仲間が大集結!
1日15分5本とお腹一杯走れるこの企画。
ミニサーキットなのでトップスピードも低くこれから走ろうと思っている方、反復練習によるスキルアップを目指す方。まだ若干数ではございますが枠に空きがあるそうなので、気になっている方いらっしゃいましたら是非こちらよりお問い合わせくださいね。

スペシャルオーダー

今月来月とesシリーズがものすごい売れ行きです。
本日もまとめて3セット入荷!お待たせしているオーナー様今しばらくお待ちください。かならずご満足のいく物がやって参りますので何卒よろしくお願いします。入荷次第随時ご連絡させて頂きます。
そんなお客様にオーダー頂いているホイールに紛れ僕のオーダーしていたes-03があがって参りました。

バフフィニッシュで決めたes-03
ノーマルフェンダーで215/40-17で8Jで履けるのか!?
これを実践したく思い切ってオーダーしました。
計算上は問題ないはずなのですが、はたしてどうなることでしょう?
近日中に車両へ装着予定ですが、現在店頭にて展示しておりますので、是非ご来店の際は見てやってください。

黒のesロゴがメチャカッコヨシです!

戦うホイールとしてサーキットでも活躍してもらうこちらのes-03

少しでも汚れが落ちやすいようにとガラスコーティングしました。
新品でしたら施工の手間もかからないため1本3000円~と意外とリーズナブルですので、もしダストの多いパッドでお悩みの方是非お声がけください。

そしてさらにもう一発。こんなとんでもなサイズのes-03が本日入荷です。

9J+15って純正ホイール値から比べると約50mmですよ!汗

9Jまでくるとかなり逆反りしていてes-03のよりらしい部分が映えてきます。

このホイール色見てなんとなくハッと気づく方も多いかもしれません。
現在THREEHUNDREDさんで鋭意開発、製作中のABARTH用ワイドボディキット。
このワイドボディ装着車の足元を飾る予定のホイールがこちらになります。
ホイールのスペックからもわかると通り現在制作中のボディキットはかなり攻めた仕様になるようでございます。
5/6のTHREEHUNDRED meeting TSUKUBAにてお披露目が予定されているこちらのボディキット並びコンプリート車両。
どんな姿になるのか?私も非常に楽しみにしている一人です。
今まで発売、発表されてきた商品の一つ一つをとってもどれも手抜きのない性能に見た目素晴らしい商品ばかりのTHREEHUNDRED。
そんなブランドが生み出すわけですから生半可なものでなくいい意味で期待を裏切るほどのABARTHがその日にお目見えすることでしょう。
こちらもしばらくは店頭にて展示させて頂く運びになっております。
是非お近くにお越しの際はお気軽にお立ちよりくださいね。

タイヤ、ホイールのことならミスタータイヤマン三鷹店

最終日~さよならフィンランド~

本日飛行機に乗りまして明日の朝ついに日本に到着でございます。
1週間という長い期間に渡り滞在した北欧フィンランドを離れるのはさみしい気持ち半分、でもそれ以上に日本食が恋しくて恋しくて仕方ありません。
しかしやはり最後に何か一つ思い出というか爪痕を残して帰ろうと、生まれてはじめて異国の地を一人で散策いたしました。
フィンランド行きが決まってからず~~っと気になっていた今ヘルシンキで人気のサウナに潜入してきました!

ぱっとみサウナとは思えないおしゃれな作りの建物。

もうなんかお決まりですが、ちゃんと海へのアクセスが容易な作りになっております。

フィンランドでは日本のサウナよりも全体的に温度が低く長い時間気の合う仲間とおしゃべりを楽しむ場所。
といった雰囲気を感じました。
男女混浴で水着着用で入るシステムも日本とは違います。

帰り道ホテルまで約3キロの道のりをぶらぶらとしていると私の大好きな車のうちの一台シトロエンC6に出会いました

発表当初気になりすぎてカタログを取り寄せた唯一の車です。

しかもこれヒッチがついているまず日本では見れない仕様。

今回の旅のお話も一応今回で終了です。
NOKIANタイヤの視察という名目でのツアーではございましたが、その物を扱ういつもは会ってお話をする機会がない人や、同業他社の大先輩方と交流を持つことができいろいろなお話を聞けた事が実は一番の収穫だったなと思います。
同じ業種の方と話す機会がなかなかないので、本当にありがたい事でした。
さてこれからが一番大事な所です。お店に帰ってスタッフとお店をどうより良くしていくか考えたいと思います。

白い地獄~WHITE HELL~

こちらフィンランドは朝の10時です。
昨日は一日かけてNOKIANタイヤの来シーズン発売のスタッドレスタイヤの勉強会とノキアンタイヤが世界一の規模と誇る雪上テストコースの見学と試乗という待ちに待っていた日でした。

来シーズン日本にも上陸予定のHAKKAPELIITTA R3
ハッカペリッタR2の正常進化。
日本で今シーズンからの取り扱いでしたが、来シーズンには早速モデルチェンジとなります。

この写真はHAKKAPELIITTA R3 SUVの説明の一コマ。
SUVサイズのみサイドウォールにアラミド繊維を使用しています。
扁平率が高くサイドウォールをぶつけた際にダメージを受けやすいSUVサイズには防弾チョッキなどにも使用される高強度な素材を使って補強を施しています。

さて試乗の方ですが、NOKIAN的にというより法律的にあまりここでは言えない事まで体験させていただきました。
AUDI RS5での試乗です。

約400馬力ほどのこちらの車で乾燥路面、雪上路面、そして凍ったところとかなりの距離を走りました。


タイヤはもちろん新作R3です。
雪、氷の性能はフィンランド生まれフィンランド育ちのタイヤですので、まったく問題ないことは明らかでしたが、今回の新作はコンチネンタルなどと同じTRレンジのスピード規格になりました。(最高速190キロの規格です)

ゴージャスなRS5の集団で到着したゲート。
こちらがNOKIANのテストコースとなります。

こちらのテストコースには名前がございまして、その名も『WHAITE HELL』


モータースポーツ好きの皆様はもうお察しかと思います。
ドイツにあるニュルブルクリンク ノルドシュライフェ。
そのサーキットの長さもさることながら、とにかくチャレンジングなこのコースの別名が緑に囲まれた地獄ということでGREEN HELLと呼ばれているんです。
こちらをもじったのがこちらのテストコースです。

もちろん名前だけではございませんよ。
こちらのコースの規模およそ700ヘクタール

ディズニーランドとディズニーシーを合わせるとおよそ100ヘクタール
ディズニーリゾート7個分というとその大きさが伝わるかと思います。
私たちが試乗、見学したのは本当に一部ではございましたが、その大きさには正直度肝を抜かれました。

そして一番ビックリしたのは、こういった自社のテストコースは秘密だらけだったりするので、まず写真の撮影は固く禁じられているのですが、NOKIANタイヤは真逆でどうぞ好きなだけどうぞという、日本では考えられないスタンスでありました。

なんとこちらのスパイクタイヤを履いたAUDIではGOPROをつけることすら許可頂きました。
また後日公開できれば公開したいと思っております。

Q5での試乗はクロスカントリーコースでのパウダー、圧雪路面そして起伏のあるところをかなり自由に走らせてもらいました。

雪道での走行についてという面からもいろいろな事を経験、勉強になりました。

そしてこちらはなんと凍った湖の路面

これだけ広い場所なので思い切っていろいろな事を試すことができました。
広くてスピード感がなかったのですが、気づくと100キロオーバー
そんなところで急ハンドルを切っても舵感がかなりはっきりとしていたのはとても驚きでした。

そんな一日車、タイヤ漬けだった一日の最後は本場の本格サウナをみんなで堪能しました。
向こうのサウナはシャワーを浴びてサウナ→氷の張った池にダイブ→露天風呂でビールを飲みながらゆっくりして交流するそうです。

これでノキアンタイヤに関する事はすべて終了です。
これからヘルシンキに戻りまして日曜日のフライトで日本に戻ります。

東京はもう小春日和だそうでなんとも季節外れなネタになっている感は重々感じております。
もうしばらくお付き合いくださいませ。

サウナーの夢

昨夜イヴァロに到着しまして、ホテルの部屋を散策しておりますと、、、、ありました。

部屋専用のサウナです。
奥に見える鉄の箱の中にたくさんの石が入っておりまして、ここの水をかけることによって部屋の温度を上げる『ロウリュ』というタイプのサウナです。
フィンランドでは一般的なタイプのようですがこの石に水をかけた時の音がまたたまらず夜と朝と早速堪能させていただきました。
私ここ数年サウナにドハマりしておりまして、本場のサウナに感動している次第でございます。

これから湖に移動しノキアンタイヤの性能を体感試乗してまいります。

かなりの寒さが予想されます。ダウンにスノーボードのウェアを着込んで乗り切ります。