ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

タイヤ装着事例

いいタイヤあります!POTENZA S007のご紹介

タイヤの進化はレース業界だけに限らず本当に日進月歩の進化を遂げております。
電化製品と違い、数年単位での開発を経て発売される新型タイヤはそりゃ旧商品と比べて、飛躍的な進化を遂げております。
今回POTENZA S007をお買い上げ頂いたゴルフ5のオーナー様は旧モデルS001からの履き替えとなります。
golfタイヤ交換
10万キロを突破したお車にフラッグシップのS007
このお車への愛を感じずにはいられません。
実際S001からS007の違いって何って言われると難しいですが、すべての性能においてS007が上という認識で間違いありません。
でこのタイヤ何がいいの?っていうところですが、
まず普通に走って普通にいいです!
普通にいいというのは乗り心地も不快な所を感じないですし静粛性能もスポーツタイヤの中では全然気にならないレベル。
ただこのタイヤの真価はやはりスポーツ性能です。
私はこのタイヤをアバルトで箱根のワインディングで堪能した機会があったのですが、まあとにかく軽快の一言です。
スピード感としてはぶっ飛ばすという感じではなく気持ちよ~~く流すイメージ。
このスピードレンジでの自在感となによりギャップのいなしかたやステアリングが重くもなく軽くもない操舵感といい。
まあとにかく気持ちよかったんです(*^^*)
他のタイヤと比べてもちょっとお値段張りますがそれだけの価値ありなのは間違いなしです!
サーキットにはいかないけど走るの大好きなジェントルな皆さまに是非おすすめしたいタイヤです!
オーナー様お買い上げ誠にありがとうございました。

嬉しいご指名買いNOKIAN HAKKA BLUEシリーズ

今シーズンスタッドレスタイヤでNOKIANをお買い上げ頂いたプリウスのオーナー様、
夏タイヤを新調にご来店。
どうやらNOKIANの性能に大変ご満足頂けたようで夏タイヤも同メーカーのタイヤでとご指名頂きました。

ハッカペリッタからハッカブルーへ換装します。

お仕事でも使用されているお車ということで走行距離も伸びがちということで深溝で耐摩耗性能の高いノキアン は非常におすすめです。

冬タイヤはおかげさまで知名度の上がってきたノキアン ですが、夏タイヤはまだまだなかなか認知されていないというのが実情。。
こういったお客様からのご指名買いは非常に嬉しいです。
オーナー様誠にありがとうございます。

春到来

4月の定休日アップしております。すこし変則的となっております。
何卒よろしくお願いいたします。
4月の定休日

当店近くを通る三鷹通りは桜が満開になるととても綺麗な通りでして、今年は早かったのかもう満開から少しづつ散り始めといった所です。
そんな中遅まきながら我が家の4年目を迎える桜の盆栽は本日開花宣言となりました。

一年の短い期間しか楽しめないのですが、やはりどこの立派な桜よりも我が家の手塩にかけた桜が咲くのが一番美しく感じます^ ^

そんな春到来を受けてタイヤ屋さんは冬タイヤから夏タイヤへの履き替えシーズンがいきなりはじまりました。
それに合わせて夏タイヤの交換のご相談も多くなってまいりました。

こちらはBMW4シリーズに純正採用されているPOTENZA S001のランフラットタイヤを交換させて頂きました。
実はこのあたりのタイヤは国内生産でなくヨーロッパでの生産の物も多々あります。
他社のランフラットタイヤは長期欠品してご迷惑をおかけすることもあるのですが、ことBSは欠品して長期なくなるということに出くわすことはほとんどないですね。
サイズラインナップかなり幅広くカバーしております。

性能も履いて納得、満足な出来となっておりますので、ランラットタイヤの交換そろそろという方是非ブリヂストンご検討されてみてはいかがでしょうか?

常時在庫!POTENZA RE-71RS

4月4日に予定されている鈴鹿サーキットでの走行会に向けて続々とアバルトさんが準備にご来店頂いております。

アバルトに仕様する215/40-17POTENZA RE-71RSは常時在庫させて頂いております。
ここの所飛び込みでご来店、お取り付け希望も方もいらっしゃるので、最低でも8本店頭に在庫しております。

一緒にプラグとTHREEHUNDREDさんのアースケーブル一式を同時施工させて頂きました。

NGKのレーシングプラグこちらも最近よく出るので常時在庫させて頂いております。
アースケーブルは発売当初ほどの勢いはありませんが、ポツポツご用命頂いております。

RAYS ZE40タイムアタックエディションは限定生産品で現在はもう入手不可な希少ホイール

車体の赤ストライプともマッチしていますね。

これでサーキット走行の準備は完璧!

鈴鹿でお会いしましょう^ ^

POTENZA RE-71RSは当店で非常にご用命頂く理由の一つに価格というのもあります。
サーキット走行をする方がはかれることの多いタイヤでして、一旦買えば3年は交換の必要が普通はいらないのでが、年に2回3回と交換される方が少なくありません。

サーキット走行でのタイヤは消耗品です。
ですので交換スパンが短い分この銘柄のみかなりお値段を還元させて頂いたプライスをご提示させて頂いております。

ですので、サーキット行かないけど一度POTENZAブランド履いてみたかったという方にもかなり選びやすい価格帯でご提示できております。

タイヤ交換時期でちょっと冒険してみたい方?
是非一度お値段お問い合わせ頂ければと思います。
他サイズも十分がんばった金額でご提示させて頂きますよ^ ^

新生es-04発進

今までたくさんのアバルトに販売させて頂いている3ピースホイール
THREEHUNDRED es-o4
ディスクの材料が例の富山産へと切り替わったことでより攻めたデザインそして軽量へとリファインされました。
そんな新生es-04を早速オーダー頂きまして本日お取り付けさせて頂きました。
見る人が見ると違いがわかると思います^ ^

さて今回は足周りを含めてスタイルアップさせて頂きます。

というよりこれがないとおさまらない攻めのオフセットでのオーダーです。
ホイールに合わせて足回りの仕様を決めさせて頂きました。

リヤもキャンバーが足りないのでTHREEHUNDREDアライメントシムにてセッティング

そして出来上がったアバルトがこちらです

オーナー様がここまでカスタムしてきたカーボンパーツでの黒を基調としたコーディネイト
足元はド派手に見せていいんじゃないでしょうかとのご提案を快諾頂きキャンディーレッドでの仕上げとしました。

鍛造ディスクのes-04はキャンディなどクリア系の塗装を選ぶことでディスクの素地の加工跡が透けて見えます。

この色合いは昼と夜など光の当たり具合で表情が変わるんです。
そして写真だとその素晴らしさが伝わりづらかったりもします。
それもまた本当のかっこよさはオーナー様しか知り得ないって感じでいいのかなって思います^ ^

オーナー様は人生初シャコタンということです。
そんなお車を任せて頂き本当に光栄に思います。
ご提案させて頂いた物の派手派手にしてしまったので施工を終えたご自身のアバルトと対面して
非常に喜んで頂けて正直ほっとしました^ ^
オーナー様今後ともよろしくお願い致します!

プントにTHREEHUNDRED es-06を装着

THREEHUNDREDの鍛造1ピースホイールで唯一の18インチの設定のes-06
500系はタイヤの銘柄が選べないのでデザインは気に入っていても二の足を踏む方が多いののですが、プントならちゃんとハイグリップタイヤも選べます。
今回チョイス頂いたのはADVAN ネオバAD-08Rタイヤサイズは215/40-18になります。

18インチだからこそのフィンの長さが特徴的なes-06

写真では伝わりづらいのですがフィンが微妙に反っていて立体感のあるデザインは非常に美しいです。

またTHREEHUNDREDのホイールといえばオーダーオフセットが可能なので、スペーサーなしでのツライチもお手の物。

なにかと選択肢の少ないマイナー車の味方ですね!

オーナー様お買い上げご来店誠にありがとうございます。

BMW3シリーズランフラットタイヤ交換

BMWの3シリーズのオーナー様ご来店です。
ランフラットタイヤの交換です。

純正で採用されている、POTENZA S001のランフラットタイヤをリピートでご指名いただきました。

純正装着モデルですので、BMW承認のスターマーキング入りのモデルになります。

外したタイヤの側面から見た写真です。
車に装着されている状況だとこのあたりが一番目に入る部分です。
横から見るとまだまだ溝があるように見えますね。

外した状態で上から見ると実はもうスリップサイン手前まできております。

最近の車は特にタイヤも太くフェンダークリアランスも狭めなので、ちょっと覗いただけでは、正確な残溝確認が出来ません。
地べたに這いつくばって確認するのもなんですし、
是非お気軽にお近くお通りの際は当店のタイヤ無料チェックをご利用くださいね。

アバルト用の鍛造ホイールと言えば

アバルトの販売台数が好調なおかげで最近では各社ホイールメーカーから専用設定のホイールも増えてきております。
その中でもやっぱりまだまだ鍛造ホイールの設定はかなり限られております。

その中でもかなりの先発そしてロングセラーなのが、THREEHUNDREDのes-02です。
このホイールは7Jの設定になりますが鍛造ホイールでなおかつオフセットが選べるというのが、とても利点であります。
純正オフセットで作る車検対応仕様から、ピタピタツライチ仕様まで選べます。

その中でも当店でのお客様で多い仕様は、車検対応仕様で制作してスペーサーでのツライチセッティングです!

必要な時には元に戻せるので車検などの際はスペーサーを抜くだけで対応できます。
今回はフロント5mmリヤ10mmのスペーサーでセット致しました。
ツライチにしたいけど車検が心配という方ご相談くださいませ^ ^

いきなりの降雪!タイムリーなタイヤ交換!

三多摩地区にお店を構える当店は本日お昼頃からいきなりの降雪!!

一瞬で当店デモカーも真っ白になってしまうほどなかなかの勢いでした。

そんな中たまたまではありますが、ご予約頂いていたタイヤ交換にご来店のチンクさん
FIATタイヤ交換
雪にも対応出来るオールシーズンタイヤ、ミシュランクロスクライメイトへの交換でした。
いきなりの雪でも慌てない!
決してレジャーに使わない車でもこのような形で雪に対応出来るタイヤができたのは非常に便利ですね。
オーナー様お買い上げありがとうございました。

FIATパンダにオールシーズンタイヤ

タイヤ交換の際に雪という考えがちらつくこの時期、夏タイヤの交換ではご指名が増える傾向にあります。
どうせ買うなら多少の雪なら走れるタイヤの方が便利ですからね。

パターンもクロスカントリーな感じでドレスアップとしても最近では人気のあるオールシーズンタイヤベクター4シーズン
パンダにはまさにうってつけなタイヤです。
その他ハスラーなどからもご指名の多いタイヤです。
ATタイヤまではじゃないけどオフを想定したタイヤをお探しの方
SUVじゃないからATタイヤの設定がないけどちょっとゴツゴツしたブロックタイプタイヤが欲しいという方にもおすすめであります。