ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

タイヤ専門店

RE-71RSフライングゲット!

本日未明店頭に早速やってまいりました!
先日のオートサロンでデビューしましたPOTENZA RE-71RSです。
potenzare71rs

入荷したのは215/40-17です。
potenzare71rs
当店では当店デモカーのアバルト301号を含めよくご指名頂くサイズとなります。

店頭には現在同サイズでPOTENZAシリーズRE12D.RE71RS.RE-71Rとサーキット走行をお考えのユーザーさんにはたまらない並びが実現しております。
potenza
まずRE-71RはRSで発表されたサイズは廃盤になる運びですので、現在71Rをご使用の方は次回よりRE-71RSをお選び頂くことになります。
でもみなさんが一番気になる所はPOTENZA RE-12Dと比べてどうなんだ?
という所だと思います。

71シリーズと12Dで決定的に違う所は、
公道での走行を大前提としているか否かです。
71シリーズは公道走行、雨天走行、冷間時から安全に走れるよう設計されております。
公道を安全に走れる事が大前提にあった上でサーキットでのパフォーマンスを追求したモデルになります。

RE-12Dは公道を走れる最低限の性能を確保しつつサーキットでのパフォーマンスを追求したモデルになります。

単純なラップタイムの比較ですと、まだ比べた訳ではありませんが、12Dに軍配があがるものかと思います。

また上記のようなタイヤの性格ですので71シリーズはナンバー付き車両でサーキットまで自走で行って自走で帰ってくるような使用法に合わせて作っているタイヤですので、ノーマルからライトチューンぐらいの車両を想定しているタイヤになります。

12Dは86レースやジムカーナなどのJAF戦で使用する事が大前提にあるので絶対的なグリップは高いですが、本当のスイートスポットを使用するのはなかなか腕のいる所かなと思います。
ちなみに私は現在3セット12Dを使用しておりますが、まだまだこのタイヤのすべてを出し切った〜というような走りはまったくできておりません。。
またこのタイヤは71シリーズに比べて高価になります。

さてせっかく3種類あるので3種類を色々と見比べてみました!
こうやって新品を同サイズで3種類並べられる事なんてなかなかないですからね!
RE-71Rの溝

おおよそ5mm

RE-12Dの溝

おおよそ4.5mm

そして新製品RE-71RSの溝

おおよそ7mm

とかなり深溝になりました!
RE-71Rに比べて耐摩耗性のも上がっているとのことですので、これは当然のことなのかと思います。
今回の左右非対称パタンもこれは私の見解ですが、やはりファインチューンからノーマルに近い車両での使用が大多数のユーザーさんになる71シリーズ。
キャンバーが足りず外側ばかり摩耗する車両も多くみられますのでそういった部分への配慮があるのではないかと思います。
71Rより更にタイムアップが期待できるタイヤだからと言って決して玄人向けにチューニングされたという訳ではないと思います。
むしろ12Dとの差別化がより出来たのではないのかな?
と思います。
しばらくはこの状態で展示できるものと思いますので気になる方はぜひ店頭に足をお運びください。

当店車両にも近日装着予定ですのでまた走行インプレッション等お届け出来たらなと思います。

ランフラットのタイヤ交換もお任せください。

BMW E90のオーナー様タイヤ交換でご来店です。
このお車に純正装着された事でランフラットタイヤという物が一般的に周知されたような気がします。

今でたくさんのメーカーから銘柄を選べるようになったランフラットタイヤ。
ミシュランのプライマシー3のランフラットタイヤをお選び頂きました。
金額も同じ銘柄のランフラットでない物と比べるとそんなに遜色のない金額になりました。


空気圧モニター(RPA)をリセッティングして作業完了です。
BMWに限らず専門店としてタイヤの事ならばなんでも相談に乗れるよう日々努力しております。
お困りごとございましたら是非ともご相談ください。

NOKIANタイヤならランフラットタイヤのスタッドレスにも対応します。

着々と冬が近づいて来ているなと感じる今日この頃。
平日休日問わずぽつりぽつりと冬の準備でご来店のお客様が増えてきました。


今年これから明らかに品薄が予想されるBMW X3のオーナー様も早めの準備で第一希望のタイヤをご用意することが出来ました。
X3はBMWの中でも専用サイズを採用しているのでランフラットのこのサイズというとほぼX3専用となります。
当店ではBMWのお客様が非常に多いのでメーカー在庫状況は逐一チェックしておりますが、正直今年は品薄な状況が続いております。なるべくお早めの準備が吉でございます。

そんなオーナー様にご指名頂きましたのがNOKIANハッカペリッタR3のランフラットタイヤです。

タイヤサイズは225/60-17
ベースグレードのサイズでコストも抑えられます。
(このラベルのランフラット表記がFlat Runというのがなんかちょっとおもしろいです)

スピードレンジも国内向けより気持ち高い170km

雪道の性能は大丈夫だろうけどそれ以外のとこはどうなの?
という部分も国内で使用でまったく問題ございません。

東北の方へお出かけのご予定も多々あるというオーナー様の使用方法には期待を裏切らない性能であります。

NOKIANは各輸入車メーカーの方からも推奨されるスタッドレスタイヤとなっております。
その性能はメーカーお墨付き。
設定サイズも国内メーカーに無い大口径から国産車サイズまで多岐に渡ります。
その性能が気になる方は是非店長マツモトまでお問い合わせお願い致します。
ミスタータイヤマン 三鷹店のNOKIANハッカペリッタR3の価格はこちらから

BMW X1 ランフラットタイヤ交換

BMW X1のオーナー様ご来店です。
BMWは純正でパンクしても走行が可能なランフラットタイヤが装着されております。
パンクしても一定の速度で一定の距離を安全に走行することが可能なランフラットタイヤ。
これからもっともっと普及していきそうですね。

お選び頂いたタイヤはPOTENZA S001のランフラットタイヤ。
乗り心地の改善された第三世代のこちらのタイヤは非常にご好評頂いております。
お値段もメーカーからの見直しがあり比較的安価なところもグッドな点でございます。

外した履いていたタイヤには見事に釘が刺さっておりました。

車内モニターにこのように空気圧の以上を知らせてくれます。

車内のi-drive上から空気圧のリセッティングをして警告灯を消して作業完了です。

BMWに関わらず色んな車種に最近は空気圧センサーが付いている車両では空気圧のリセッティングをしないと空気圧が正常でも警告灯が店頭してしまう事がございます。
当店ではタイヤ交換した際にリセッティングさせて頂いております。
様々車種とお付き合いさせて頂いているのでメーカー問わずお困りごとあれば是非お問い合わせください。

タイヤの事ならミスタータイヤマン三鷹店

BMW1シリーズランフラットタイヤ交換作業

暑い日が続きますね。体力勝負な所もあるタイヤ屋さん、この時期の外仕事中々応えます。。
ですが、最近お客様からスタッフへの差入れとポカリスエットをはじめとする冷たい飲み物を頂く事が多々ございます。
お気遣い頂き本当にありがとうございます。
おかげ様で先月、先々月とスタッフ全員病欠なくみんな元気にタイヤ交換しています。
さて本日ご来店のお客様

BMW1シリーズのオーナー様です。
パンクをしていまい、丁度交換時期、そして現在お買い得になっているという事もありまして、パンクを機に4本新品のランフラットタイヤに交換させて頂きました。
ピレリのチントゥラートP7(RFT)タイヤサイズは205/55-16です。

現在ピレリのランフラットタイヤがお買い得になっておりますので、是非この機会にそして連休のお出かけ前に気持ち良く新品交換、ご検討されてみてはいかがでしょうか?
BMWオーナー必見のお買い得情報はこちらから

オーナー様お買い上げ誠にありがとうございました。当店はランフラットタイヤのような特殊なタイヤも在庫しておりますので、即日でご対応出来てなによりでした。

ランフラットタイヤの交換は是非タイヤ専門店のミスタータイヤマン三鷹店で

BMW X1ランフラットタイヤ交換(ピレリチントゥラートP7)

BMWX1のオーナー様ご来店です。ランフラットタイヤの交換は是非当店にお任せください。
かなりの台数のBMWの施工実績がございます。
銘柄のチョイスからお取り付けまで、必ずご満足頂けるご対応をさせて頂きます。

こちらのオーナー様は純正で装着されていた物と同じピレリチントゥラートP7のランフラットタイヤをお選び頂きました。

さてこれは結構比較的新しい年式でもあるあるなお話しなのですが、BMWのセンターハブ、結構錆びている車多いです。ご自身でスタッドレスタイヤに交換しようとした際にボルトは外れているのに車体から中々外れない。と苦労された経験のある方も中にはいらっしゃるかもしれません。

せっかくタイヤを新しくしてバランス調整をしてもこの錆のままだときちんと車体に取り付ける事は出来ません。

綺麗に磨いて錆止めにカッパーグリスを塗布します。
(もちろんサービスで行わせて頂いております)

足元きっちり仕上げてこれからの行楽シーズンの遠乗りもバッチリですね。

ご来店お買い上げ誠にありがとうございました。

タイヤの事ならタイヤの専門店ミスタータイヤマン三鷹店

BMW3シリーズ(E90)ランフラットタイヤ交換

今日はとっても暑い一日でしたね。
本日は平日なのに朝からたくさんのご来店ありがとうございました。気づいたらもうこんな時間でした。
さてこちらの写真ですが、

ランフラットタイヤ 交換
RFTこのタイヤの表記はこのタイヤがランフラットタイヤであることを表しております。

現在BMWはほぼすべての車種にランフラットタイヤが標準装備されております。
こちらの323iのオーナー様もランフラットタイヤからランフラットタイヤへ交換です。
BMW ランフラットタイヤ
乗り心地にも定評のあるPOTENZA S001のランフラットタイヤをリピートして頂きました。
E90の不思議な話を一つ。323iと325iの一部車種にだけ装着されているサイズ。
225/50-16。
通常E90の16インチといえば205/55-16なのですが、上記一部車種のみ225/50-16が装着されております。これだけならば特に不思議ではないのですが、205/55-16と同じホイールサイズのままタイヤのみ太くなっているところに非常に違和感を覚えます。
こちらのオーナー様も205/55-16へ変更させて頂きました。

もしステアリングが重い、または轍でハンドルが取られる感覚があると感じている方。
BMW タイヤ交換
205/55-16への変更も可能ですので是非ご相談くださいね。

オーナー様ご来店お買い上げ誠にありがとうございました。

タイヤ交換はミスタータイヤマン三鷹店

BMW3シリーズ(E90)ランフラットタイヤ交換

冬から夏タイヤの交換で毎日営業開始から終了までたくさんのお客様にご来店頂きごはんを食べる時間すらなく忙しくさせて頂いております。
とってもありがたいことではございますが、そのせいで週末は作業時間にお待ち時間が出てしまいお客様には大変ご迷惑をお掛けしております。
誠に申し訳ございません。スタッフ一同総力を決して作業に取り組ませて頂いております。
何卒お時間に余裕を持ってご来店頂けますようよろしくお願い致します。

タイヤ装着事例のご紹介です。
BMW323(E90)のオーナー様ご来店です。
当店はランフラットタイヤが昨今のように普及する以前より積極的に取り扱いさせて頂いておりますので、ランフラットタイヤの作業も安心してお任せ頂ければと思います。
BMW タイヤ交換
今回お選び頂いたタイヤはBS POTENZA S001のランフラットタイヤです。
こちらのタイヤは新技術満載のランフラットタイヤで、ランフラットでないS001と遜色ない乗り味が一番の売りでございます。
今現在BMW等ランフラットタイヤ装着車種にお乗りで乗り心地が固いというオーナー様には是非とも試して頂きたいタイヤでございます。

BMW タイヤ交換
Mスポーツのような前後異サイズであるF.225/45-17R.255/40-17などのサイズも設定ございますのでご安心くださいませ。
オーナー様ご来店お買い上げ誠にありがとうございました。
ミスタータイヤマン三鷹店のランフラットタイヤの価格はこちらから

BMW X1ランフラットタイヤ交換 

ここの所交換時期を向かえているのか、X1のオーナー様のご来店がとても多くなっております。

こちらのオーナー様も溝の浅くなった夏タイヤを新しく交換でご来店頂きました。
ご注文頂いたタイヤはBMW純正でも使用されているランフラットタイヤピレリチントゥラートP7です。
タイヤサイズは225/45-18です。

現在この225/45-18というサイズがその他BMWでも使用する超がつくほどのメインサイズとなっておりますが非常に品薄な状況が続いておりまして、入荷までにお時間を頂いてしまう場合もございます。
なるべくご注文に余裕を持って頂けますと幸いでございます。

お買い上げ誠にありがとうございました。

ミスタータイヤマン三鷹店のランフラットタイヤの価格はこちらから

BMW3シリーズ(F30)ランフラットタイヤ交換

先日の雪、河口湖、山中湖方面すごかったようですね。
一山超えれば東京です。
東京ではいざ雪が降った時にスタックして通行の妨げとなってしまう冬の準備をしていない車を雪が降るとよく見かけます。
いざという時お車を使用される方は是非冬の準備をよろしくお願いします。

ですが、本日は夏タイヤの話題です。
BMW 3シリーズ(F30)のオーナー様ご来店です。

ほぼすべてのラインナップにランフラットタイヤを標準装備しているBMW。
3シリーズももちろんランフラットタイヤが純正で装備されております。
今回お選び頂いた商品はブリヂストンのPOTENZA S001のランフラットタイヤ。
F30には純正でこちらが装着されている車種が多いですね。


第3世代のランフラットタイヤとなるPOTENZA S001。
乗り心地も改善されて、もうわざわざ通常のタイヤを選ばなくてもネガティブな部分はないんじゃないかなと私は思います。
ご来店お買い上げ誠にありがとうございます。

さてこちらは余談です。

ネットからの拾いものの写真です。
E30M3顔のアルトハッスル!
とってもかっこよすぎです!