ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

02月

新生es-04発進

今までたくさんのアバルトに販売させて頂いている3ピースホイール
THREEHUNDRED es-o4
ディスクの材料が例の富山産へと切り替わったことでより攻めたデザインそして軽量へとリファインされました。
そんな新生es-04を早速オーダー頂きまして本日お取り付けさせて頂きました。
見る人が見ると違いがわかると思います^ ^

さて今回は足周りを含めてスタイルアップさせて頂きます。

というよりこれがないとおさまらない攻めのオフセットでのオーダーです。
ホイールに合わせて足回りの仕様を決めさせて頂きました。

リヤもキャンバーが足りないのでTHREEHUNDREDアライメントシムにてセッティング

そして出来上がったアバルトがこちらです

オーナー様がここまでカスタムしてきたカーボンパーツでの黒を基調としたコーディネイト
足元はド派手に見せていいんじゃないでしょうかとのご提案を快諾頂きキャンディーレッドでの仕上げとしました。

鍛造ディスクのes-04はキャンディなどクリア系の塗装を選ぶことでディスクの素地の加工跡が透けて見えます。

この色合いは昼と夜など光の当たり具合で表情が変わるんです。
そして写真だとその素晴らしさが伝わりづらかったりもします。
それもまた本当のかっこよさはオーナー様しか知り得ないって感じでいいのかなって思います^ ^

オーナー様は人生初シャコタンということです。
そんなお車を任せて頂き本当に光栄に思います。
ご提案させて頂いた物の派手派手にしてしまったので施工を終えたご自身のアバルトと対面して
非常に喜んで頂けて正直ほっとしました^ ^
オーナー様今後ともよろしくお願い致します!

遊びだからこそ真剣に!

昨日は私店長マツモトはお休みを頂きましてお客様達とサーキット走行に行ってまいりました。
場所は埼玉県本庄サーキット。
サーキットを走られない方は特に聞いた事のないサーキットかと思います。
1キロちょっとのいわゆるミニサーキットというやつです。
私がサーキット走行をはじめた10年以上前、仲間と足しげく通ってサーキット走行のいろはをたくさん失敗して経験して学ばせて頂いたサーキットであります!

いつもはフジに筑波に袖ケ浦などなど大きなサーキットをご一緒することの多い皆さまとあえての本庄サーキット。

こんな小さいサーキット皆さん興味ないのかなと思ったらたくさんの方が集まってくれました。
これは私の持論であり、経験してきた事なのですが、小さいサーキットで出来ないことが大きいサーキットで出来る訳がない!
高低差もなければ高速コーナーもないサーキットなので、ブレーキしてターンという本当に基本中の基本だけど一番難しい部分を反復練習するには絶好のサーキットです。

またここはメンバーとしてライセンスを取得すると同乗走行をすることが可能な稀なコースです。

今回好意でプロドライバーの黒岩巧選手が遊びに来てくれて、運転したり横に乗ってのレクチャーをしたりとお客様がたもかなり収穫の多い一日になったようです。
免許を持っていればだれでも運転は出来ますが、ことサーキット走行というと求められるスキルは非常に高いものになっていきます!
ぽっといってぱっと速く走れるなんてことはありません。
プロの人たちもたくさん練習してスピンしてクラッシュして速さを身につけていきます。
ですが、私たちはアマチュアなので、速く走る事もそうですが、いかに安全に楽しく走るかという事がとても重要だと思います。
壊さず自分の車で自走で帰る!これが一番重要です!
大きなコースではハイスピードになって余裕がどんどんなくなります。
大きなコースで出来ない事がここでは出来るので、
これからも定期的に皆さんと楽しく末永く遊べるよう、企画していきたいなぁ~
なんて本日考えておりました(*^^*)

最後はみんなでレンタルカートでチキチキバトル

非常に有意義で最高に楽しい一日でした!
さて明日は定休日!
今度は大きなコースフジスピードウェイに出撃してきます!

大人の選択 THREEHUNDRED マットカーボンシリーズ

今日は作業的には比較的のんびりな一日でしたが、朝から夜までお客様とたくさんお話をした一日でした。
なんだか久々に話まくってあごが疲れました^ ^
タイヤ屋さんのハイシーズンが過ぎたので商品の話からたわいもない話までお客様とじっくりゆっくりと時間をとってお話をできるようにな時期になりました。

さて本日ご紹介させていただきますお車は
一風かわったボディカラーから、コンセプトを決めてコツコツと仕上げてるシブいアバルトさんをご紹介させていただきたいと思います。

このボディカラーに合う大人な仕様というコンセプトで始まったカスタムは
足元をTHREEHUNDREDes-07をブラッシュドリムでクラシカルな要素を入れて仕上げました。

カーボンパーツはまだ発売してまもないTHREEHUNDREDの新シリーズマットカーボンにてコーディネイトしていきます。

まだ商品ラインナップがすべて揃っているのではないので到着した商品からお取り付けさせて頂いております。

このマットカーボンの質感がこのお車のコンセプトにドンピシャでした!

フロントもリップスポイラー、バンパーインサートをお取り付け。


これからも進化が止まりません!
また進化したらご紹介させていただきます^ – ^

ガレージSALE FIAT ABARTHプント用18インチホイールセット

お客様のからの委託販売商品のご紹介です。
品物は店頭にて展示しておりますので、ご来店頂けましたら現物のご確認が可能です。

FIAT ABARTH プントにぴったりサイズのホイールセットです。
OZ スーパーツーリヅモGT
7.5-18 et35 4H100になります。

タイヤサイズは215/40-18
タイヤ銘柄はBSのフラッグシップPOTENZA S007になります。

残溝もありますのでひとまずそのまま履くことが可能です。

ガリ傷はひどい汚れなどなく全体的に綺麗です。


ちょっとだけOZロゴが薄くなってしまっているところなどがあります。

  
こちらのお品物の販売価格は100000円となります。
ご来店お問い合わせお待ちしております。

プントにTHREEHUNDRED es-06を装着

THREEHUNDREDの鍛造1ピースホイールで唯一の18インチの設定のes-06
500系はタイヤの銘柄が選べないのでデザインは気に入っていても二の足を踏む方が多いののですが、プントならちゃんとハイグリップタイヤも選べます。
今回チョイス頂いたのはADVAN ネオバAD-08Rタイヤサイズは215/40-18になります。

18インチだからこそのフィンの長さが特徴的なes-06

写真では伝わりづらいのですがフィンが微妙に反っていて立体感のあるデザインは非常に美しいです。

またTHREEHUNDREDのホイールといえばオーダーオフセットが可能なので、スペーサーなしでのツライチもお手の物。

なにかと選択肢の少ないマイナー車の味方ですね!

オーナー様お買い上げご来店誠にありがとうございます。

BMW3シリーズランフラットタイヤ交換

BMWの3シリーズのオーナー様ご来店です。
ランフラットタイヤの交換です。

純正で採用されている、POTENZA S001のランフラットタイヤをリピートでご指名いただきました。

純正装着モデルですので、BMW承認のスターマーキング入りのモデルになります。

外したタイヤの側面から見た写真です。
車に装着されている状況だとこのあたりが一番目に入る部分です。
横から見るとまだまだ溝があるように見えますね。

外した状態で上から見ると実はもうスリップサイン手前まできております。

最近の車は特にタイヤも太くフェンダークリアランスも狭めなので、ちょっと覗いただけでは、正確な残溝確認が出来ません。
地べたに這いつくばって確認するのもなんですし、
是非お気軽にお近くお通りの際は当店のタイヤ無料チェックをご利用くださいね。

アバルト用の鍛造ホイールと言えば

アバルトの販売台数が好調なおかげで最近では各社ホイールメーカーから専用設定のホイールも増えてきております。
その中でもやっぱりまだまだ鍛造ホイールの設定はかなり限られております。

その中でもかなりの先発そしてロングセラーなのが、THREEHUNDREDのes-02です。
このホイールは7Jの設定になりますが鍛造ホイールでなおかつオフセットが選べるというのが、とても利点であります。
純正オフセットで作る車検対応仕様から、ピタピタツライチ仕様まで選べます。

その中でも当店でのお客様で多い仕様は、車検対応仕様で制作してスペーサーでのツライチセッティングです!

必要な時には元に戻せるので車検などの際はスペーサーを抜くだけで対応できます。
今回はフロント5mmリヤ10mmのスペーサーでセット致しました。
ツライチにしたいけど車検が心配という方ご相談くださいませ^ ^