ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

THREEHUNDRED

今年もアツかった!海の日は山へ! THREEHUNDRED Test Drive Day HAKONE

3連休最終日の海の日に箱根大観山にてTHREEHUNDRED Test Drive Day HAKONEが開催されました。
過去2回の模様
2017編

2016編

そして3年目の本日も海の日は山へと登ったのでした。

大観山PA付近はすごい霧です。これもなんだか毎年恒例な気がします。
到着直後からそそくさとイベント準備をするスタッフの皆様のお手伝いをしながら皆様のご来場をお待ちしておりますと、もうすぐにこんな光景が広がります。

イベントに貸し切っているスペースがサソリ一色^ ^

入りきれなかったのか大観山パーキングに駐車しているアバルトもちらほらとお見かけしました。
入れ替わり立ち代わり総勢何台のご来場だったのか去年、一昨年を明らかに上回る数のご来場であった事は確かでございます。
しかもなんと北は秋田山形!そして南は兵庫県となんともご遠方からのご参加の方もいらっしゃいました!

受付兼展示ブース。
こちらも大盛況でした。

お客様達にお手伝い頂きホットドッグ80食をご提供するという使命を頂いた私。

一人ではまったくどうにもなりませんでした皆様お手伝い頂き誠にありがとうございます。

次期デモカーへの装着イメージです。

ブラッシュドされた鍛造1ピースな18インチのフィンな奴にド派手なキャンディーレッド。
デモカーの出来上がりが今から楽しみですね^ ^

今年はとにかく124Spiderのご来場が多かったように思います。

チューニングECUのアップデートパッケージも大好評でしたが、今回はじめてTHREEHUNDREDのチューニングECUを施工される新規のオーナー様もたくさんいらっしゃいましたね。

そして今年もっとも感じたのはTHREEHUNDREDのホイールブランドであるesシリーズを装着されたABARTHがとにかく多かったです。

私が確認しただけでデモカー以外で15台以上はいらっしゃいました。当店で施工させていただいたオーナー様とのたくさん再会できまして嬉しい限りでございました。
暑い中たくさんのご来場誠にありがとうございました。


イベント前日コストコに買い出しに行った際にソーセージのささやきにそっと耳を傾けるTHREEHUNDRED原田氏

中古委託品ABARTH500系サスペンションキット入荷です。

オーナー様が乗り換えの為委託品としてお預かりさせていただいております。
早い者勝ちです。お早めに^ ^

・THREEHUNDRED サスペンションキット ¥250000(委託商品の為消費税はかかりません)
(上記商品代金です。お取り付けの際は別途お取り付け工賃を頂きます)
走行距離1500キロとほとんど新品の状態です。
バネレートはF.7 R.4キロですので、これからサーキットも走ってみたいとサーキット走行視野に入れている方にもお勧めできる仕様になっております。
ハイクオリティな足回りをお買い得価格で手に入れてみてはいかがですか?

 

THREEHUNDREDカーボンパーツ中古委託品多数出ました。

オーナー様が諸事情で車を乗り換える事なりまして、オーナー様のご意向で当店にて愛着あるパーツの数々をお預かりさせていただきました。
早い物勝ちとなっております。
お問い合わせお待ちしております。


SOLD OUT
・THREEHUNDREDカーボンドアハンドルカバー ¥12500


SOLD OUT
・THREEHUNDREDカーボンリヤエンブレムカバー ¥4500


SOLD OUT
・THREEHUNDREDカーボンフロントエンブレムカバー ¥12250


SOLD OUT
・THREEHUNDREDカーボンゲートハンドルカバー ¥12500


SOLD OUT
・THREEHUNDREDカーボンフェンダーエッジ ¥7000

以上になります。

実用性も問題無し!

最近雰囲気ががらっと変わった当店のデモカーABARTH500 301号

THREEHUNDREDからリリースされたエアロパーツを身に纏いまして大分凛々しくなりました。

しかし皆様がきになる所はやっぱり実用性の部分かと(⌒-⌒; )

いつもはもちろんここまで攻めませんが確認の為コインパーキングにて輪留とのクリアランス見てみました。
高さまちまちですが、低いものならまったく問題ないですね。
幅もホイールベースも狭いアバルト。正直あまり気にしないと言えば気にしない部分ではございますが、エアロをつけた事によって行けなくなってしまった場所などはまったくございません。
装着してからしばらく経ったので使用感のご報告でございました。

さて来る7/16日
THREEHUNDRED Test Drive Day HAKONE
THREEHUNDREDの新作ホイールes-06が早速店頭に到着致しました。

THREEHUNDREDの次期デモカーへ装着予定のこちらのホイール。
私のアバルトに詰めれば箱根にお持ちしお披露目する事になりました。
色は当日までのお楽しみです^ ^

アツい1日でした!

昨日はTHREEHUNDRED代表の号令のもと、筑波サーキットにて ABARTHオーナー様達とサーキット遊びを楽しんで参りました。

もちろんこのABARTH500 301号での参加となったわけですが、今回はたくさんのアップデートあり。
クーリング効果抜群のカーボンボンネットを始め各種エアロパーツ。
そして来週行われるTHREEHUNDRED Test Drive Day HAKONEの目玉である現在 THREEHUNDREDチューニングECUをご利用の方向けのアップデートプログラムを一足先にサーキットという最高の条件で確認いたしました!

今回のアップデートでの最大の目玉は高回転域での伸び。回転数的にもより上が伸びるようプログラムされております。ピックアップも今までと比べてまったく遜色ないので、これから更にタイムアップ目指す方には非常におすすめのDATAである事を確認する事が出来ました。
是非現在ご使用中の皆様THREEHUNDRED Test Drive Day HAKONEではテストインストールも可能でしょうからご自身のマシンでその性能をご体感頂ければと思います。

今回のこのサークル活動と名うった裏?イベント。

ここで面白かった事は精査してTHREEHUNDREDのイベントにフィードバックされております。
みんなでやって楽しかった事ははどんどん取り入れて常に新しいイベントとなるTHREEHUNDREDの各種イベント。是非お時間許される方は参加してみてください。毎回あれだけのABARTHが集まるのにはそれだけ理由がありますよ^ – ^

現行デモカーの298

やはり生で見るとこのワイドボディの迫力には圧倒されます。

この新しいリップスポイラーやサイドスカートにアクセントにボディ同色のストライプ。
かなり引き締まって見えるようになります。
もちろん当店でも施工受付可能となっております。
これからボディキット装着をお考えの皆様。ただでさえオンリーワンなアバルトになるワイドボディキットですが、更に自分好みにカスタムされてみてはいかがですか?

個人的にこの日一番の収穫だったのはこれ!

ABARTH Punto EvoにTHREEHUNDREDの鍛造ワンピースホイールes-03
めちゃくちゃ似合います。

215/45-17のタイヤ幅に7.5Jはベストチョイス。

ブレンボキャリパー対応&4H-100で7.5Jって実は選択肢少ないんですよ。
しかもデザイン良し&鍛造ホイールっていったらそれこそ更に選択肢が狭まります。
こういった対応が可能なのもesホイールシリーズならでは!

この日のサークル活動の締めくくりはスタンディングスタートでの10周の模擬レース!
オーディエンスが盛り上がる最高のレースをしよう!とみんなでチキチキバトル!
あくまでもお遊び!インに入ったら締めない。無理なブレーキングでの突っ込み厳禁!
抜きつ抜かれつの最高のエキサイティングな10周でした^ – ^
車載動画でのその雰囲気が少しは伝わるでしょうか?お暇な時にご覧ください。

ご参加の皆様1日お疲れ様でした^ – ^

待望の、、、、THREEHUNDREDカーボンリヤウィング装着(作業工程あり)

ここの所日に日に変貌を遂げている当店のデモカーABARTH500.301号
私の元に嫁いで来た時はこんな感じでしたね。

当時のTHREEHUNDREDにラインナップされていたパーツがすべて装着されていた301号。

それからもコツコツいろんな所にアップデートを重ねて今日がこちら。

先日リリースされたTHREEHUNDREDボディキットのワイドフェンダー以外はすべて装着されております。
タイヤ屋さんとしてはやはりノーマルフェンダーでの限界に挑戦したいという気持ちがありこの使用になりました。ワイドボディにいくには勇気がという方、まず当店のデモカーを一度見に来て下さいますと幸いでございます。
さて最後に装着したこれまた単体でもこれからオーダーの多く頂きそうな発売まえから注目度の高いTHREEHUNDREDカーボンリヤウィングをご紹介させていただきます。

ABARTHの持つ全体的になイメージを崩す事なくスタイリッシュな仕上がりなこちらのリヤウィング。
汎用品とは違うその車に合わせて設計製造されたウィングさすがの仕上がりです。


マウント一つ取ってもこだわりの納得の仕上がりです。

装着すると覗きこまないと見えない所にこだわりを感じるブランドロゴ。

さてその装着工程のご紹介です。
まずはボディのセンター出しです。これがづれているとせっかくの専用設計の意味が全くなくなってしまいます。
なんども確認してしっかりセンターだしを行います。

ウィングとマウントを組み付けた状態でセンターを合わせた部分でマウントを仮に固定します。

この位置は絶対にずれないように施工しなければいけない部分ですね。

そして小さい穴から徐々に大きな穴へとドリルで新調に作業いたします。

空けた穴にはこの専用の部品を埋め込みます。

初めて見たこの部品。埋め込んでから上からビスを差し込むとスライドして中で開く仕組みになっています。

そしてネジを締め込んでいくとこの開いた部分とボディをしめ込めるという優れもの。
ユーザーさんにはなかなか見えない所までこだわりがいっぱい詰まってるんです。
大事な愛車に最低限の加工を施すだけで装着できるこれはこのウィングを選ぶだけの十分なメリットだと私は思います。

かなり大きく見た目の変わってNEW301号。

冷やかし大歓迎!皆様のご来店お待ちしております^ – ^

このハイクオリティを是非ご体感ください!THREEHUNDRED カーボンボンネット

商品到着から色塗るかそのままか色々と思案した結果今回のエアロパーツ装着に伴いその美しいカーボンの仕上がりをそのまま生かす方向となりました。

THREEHUNDRED カーボンボンネットついに装着です。

軽量な事はもちろんですが純正ヒッチを使えるその剛性、精度の高さはまさにTHREEHUNDREDクオリティです。

見た目はもちろんの事ですがサーキットなどで実走テストで試されたエンジンルーム内の熱風を抜く為のダクトはもちろん実用性にも優れた設計となっております。

ちゃんと雨よけのかっこいいカバーもついてますよ。

サイドダクトもとってもクール!

その軽さ並びにクオリティの高さ是非店頭にてご体感くださいませ。


先日はじめてお邪魔した町の銭湯の番台にいた看板猫。
情緒活気溢れるまた通いたくなるいい銭湯発見しました!
以上サウナ好き店長マツモトがお送りしました。

ABARTH124Spiderにおすすめのカスタム

今週はとっても124Spiderのオーナー様からのお問い合わせが多いです。

皆様結構気になっている124Soiderの純正車高。
車のイメージからするともうちょっと低い方が絶対かっこいい!
ということで純正サスペンションを使用しTHREEHUNDREDの魔法のバネ、ロワリングスプリングで綺麗に車高落とし、ロー&ワイドなイメージを演出すべくホイールは純正比0.5JアップのこちらもTHREEHUNDREDの鍛造1ピールホイールes-o3にてバッチリキマリました!

で実際どれぐらい下がるの?っていうところ前後拡大でご紹介させていただきます。

日常生活に支障をきたさない適度なローダウンになります。

純正タイヤをそのまま使用しているので純正ホイールを使用いた場合でも車高は同じようなイメージです。
es-03のなかでもイメージカラー的存在のネロスコルピオーネ。ブレーキキャリパーの赤とベストマッチです。

そしてこちらも大人気マフラーテールフィニッシャー。
お好みで出面も変えられるにくいやつ。

124Spiderもたくさんの台数をこなさせて頂きホイールインセットや車高のデータも色々溜まってまいりました。
3ピースで限界ギリギリを攻めるもよし、車検対応の中でかっこよくしたい。
なんでもご相談くださいね。

301バージョンアップ(第一段階)

先日少しお見せしていた301バージョンアップ計画(第一弾)
先日リリースされたばかりのTHREEUNDREDワイドボディキット。
詳細はメーカーHPにて

オーバーフェンダーはちょっと敷居高いな。。
と感じているオーナー様も多いかと思います。
今回のワイドボディキットと同時リリースされたそれ以外のエアロパーツを当店デモカーに装着いたしました。

もちろんオーバーフェンダーと合わせて開発されたパーツですのですべて装着された方が一体感はあると思いますがオーナー様のお好みに合わせて装着したい部分だけ装着することも十二分に可能なデザインになっております。

もちろん製品クオリティはTHREEHUNDREDさんならではのピカイチな仕上がりとなっております。
ご来店頂けましたら店頭にデモカーございますのでその仕上がりをご自身でご確認いただく事が可能です。
是非一度遊びに来てくださいね(⌒-⌒; )

店頭でご覧になれます

THREEHUNDREDのオリジナルホイールブランドesシリーズ。
アバルトの為に設計デザインされた鍛造1ピース&鍛造ディスクを用いた表情豊かな3ピースホイール。
THREEHUNDRED es-03
アバルトの集まるイベントに行かないとなかなか実物をお目にかかる機会も少ないかなと思います。
当店では店頭にて多数展示しております。
もちろん当店デモカーにも装着しておりますので実際の装着イメージも湧くと思います。

ご自身の愛車にどんなのが似合うのか?車検対応オフセットは?ギリギリまで攻めるならどこまでできる?ブレンボキャリパーでも装着可能なホイールは?
なんでもご相談くださいね^ – ^