ミスタータイヤマン三鷹店

東京都の調布市と三鷹市の境を通る東八道路沿いにあるタイヤホイール専門店

TEL.0424-82-8231

〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-15-6

アバルトホイール

軽さに驚け!!THREEHUNDREDから新作ホイールits coming soon

明日のTHREEHUNDRED Track Day SODEGAURAに間に合いました!
当店デモカー301の新たなる足元を飾る新作ホイール!
THREEHUNDRED es-03 CORSA

大人気のアバルト用に設計開発された軽量、高剛性の鍛造1ピースホイール
ロングセラーのホイールがブラッシュアップされてこれから新しくラインナップされます。
見比べて頂くとかなりの部分が変更されています。

オレンジカラーでロゴを入れて爽やかな見た目になりました!
フルーチェみたいな色使いですね^ – ^

そんな戦う爽やかホイールで明日はTHREEHUNDRED Track Day SODEGAURAに参加させていただきます。

当店からes-03 es-03CORSAを現地に持ち込みますので、是非その違いを現地で触ってみて見比べてみてください!
軽さに驚け!!^ ^

なお明日は当店は通常通り営業しております。
何卒よろしくお願いします。

新生es-04発進

今までたくさんのアバルトに販売させて頂いている3ピースホイール
THREEHUNDRED es-o4
ディスクの材料が例の富山産へと切り替わったことでより攻めたデザインそして軽量へとリファインされました。
そんな新生es-04を早速オーダー頂きまして本日お取り付けさせて頂きました。
見る人が見ると違いがわかると思います^ ^

さて今回は足周りを含めてスタイルアップさせて頂きます。

というよりこれがないとおさまらない攻めのオフセットでのオーダーです。
ホイールに合わせて足回りの仕様を決めさせて頂きました。

リヤもキャンバーが足りないのでTHREEHUNDREDアライメントシムにてセッティング

そして出来上がったアバルトがこちらです

オーナー様がここまでカスタムしてきたカーボンパーツでの黒を基調としたコーディネイト
足元はド派手に見せていいんじゃないでしょうかとのご提案を快諾頂きキャンディーレッドでの仕上げとしました。

鍛造ディスクのes-04はキャンディなどクリア系の塗装を選ぶことでディスクの素地の加工跡が透けて見えます。

この色合いは昼と夜など光の当たり具合で表情が変わるんです。
そして写真だとその素晴らしさが伝わりづらかったりもします。
それもまた本当のかっこよさはオーナー様しか知り得ないって感じでいいのかなって思います^ ^

オーナー様は人生初シャコタンということです。
そんなお車を任せて頂き本当に光栄に思います。
ご提案させて頂いた物の派手派手にしてしまったので施工を終えたご自身のアバルトと対面して
非常に喜んで頂けて正直ほっとしました^ ^
オーナー様今後ともよろしくお願い致します!

ADVAN RZ-IIをABARTH595にインストール

なにやら人気商品のようで入荷まで二ヶ月もお待たせしてしまいました。
ADVAN RZ-II
レーシングハイパーブラックというカラーになります。
アバルト ホイール
黒ベースにハイパーシルバー仕上げですね。
とても輝きが綺麗です!
リムは切削仕上げです。
写真だとちょっとわかりづらいですね。

お取り付けさせて頂いた車両はアバルト595シリーズ4です。
アバルト ホイール
THREEHUNDREDのロワリングスプリング  ハーフダウンにて適度なローダウンを行なっております。

7.5Jはやはり迫力がでます。

フロフォーミングなので鋳造の中でも軽量なのもおすすめなホイールです。

価格もお求めやすいのも嬉しい所!

ADVANはモデルラインナップも多いのでお好みのデザインをお選び頂くことができます。
————————————————
イベント告知 10/31.11/1北欧フェス開催

冬タイヤ検討中の方は是非ご来店頂くとお得な二日間です!
また冬山遊びをされる方!THULEもお買い得な二日間です!
イベント詳細はこちらから
————————————————

無事納めさせて頂きました

実は先日のイベントの際に品物は入荷していたのですが、肝心のお車の方が入庫できずお取り付けが先送りになっていたホイールがやっとお取り付けできました。
オーナーさま大変お待たせいたしました。

こだわりの3ピースをTHREEHUNDRED es-07で制作いたしました。
オーナー様こだわりのクラシカルなイメージを体現するにはまさにうってつけなネオクラ系のデザインのes-07
しかもこだわりのブラッシュドリム!
シルバー塗装じゃなくてブラッシュドしちゃってます!


この質感は写真だとちょっと伝わらないなぁ〜っていう感じです。
実物の方が断然いい感じ!

車高は事前にKW Ver1にて調整済み
KW アバルト
調整後の実車計測にてインセットを選びました。
もちろんフロントよりもリヤの方が大きくリムが取れるので前後別ディスクでの制作になります。

そしてこの佇まいが完成いたしました。

派手にしすぎたくない!というオーナー様のご意見にはリムをブラッシュドにすることでお答えすることができました。
THREEHUNDRED es-07
ホイール選びの難しいビコローレですが、非常にまとまったと思います。
オーナー様大変お待たせして申し訳ありませんでした。

ただ非常にご満足頂けたようで本当によかったです^ ^

アバルト595Cをおしゃれにカスタム

実は私がやりたかった事をお客様に実現して頂けました^ ^
ボディカラー白のオープンでシャコタンアバルトにしたら絶対かっこいいなってここの所密かに思っていたんです。
アバルト KW
まさにな一台へ仕上げて行きます。
ここの所ご指名率の高いKW Ver1で車高調整を行います。

ホイールはワークシーカーです。
前後ホイール変更前に確認をしオフセットをオーダーいたしました。
ツライチ
今回はスタイル最優先で現車でキャンバー調整を行いつつ究極のツライチを目指してゆきます!
車高も何度もやり直しギリッギリを狙いました!
お客様にやりすぎ!と言われないかお渡しまでヒヤヒヤです汗

そして出来上がったスタイルがこちらです^ ^
アバルトカスタム
仕上がりに非常にご満足頂けましたよかった^ – ^

ここまで下げてもアバルトはオーバーハングも短く、ホイールベースも短いので意外とどこでもいけちゃうのも一つの魅力です。

走りがメインのお客様が多い当店ではございますが、こういったスタイルをご提案することも実は得意にしております!
アバルトは特にホイールカスタム制作をたくさんさせていただいておりますので、その辺りのノウハウもあるんじゃないと思います!
ギリッギリ!パツッパツをご希望のお客様のご相談もお任せくださいませ!
オーナー様ご来店お買い上げ誠にありがとうございます!

アバルトの足回りをトータルコーディネート

明日から二日間はとにかくアバルトさんのご来店が多くなる二日間です。
が本日もアバルトのオーナー様ご来店です。
ご注文頂いて商品が入荷致しましたので、お取り付けになります。
RAYSグラムライツエクストリーム
レブリミットエディション

とってもお求めやすい価格なのも魅力的ですが、質感は鋳造なれどさすがはRAYSな仕上がり塗装となっております。
リムの赤塗装とかかなりいい感じです。

そして車高調はなんだか最近特にご用命の多いKWVer1
アバルト KW
減衰力固定式ですが、これこれでとってもおすすめなサスペンションキットです。
乗り心地よくてちゃんと車高が落ちるのがポイントです。
そして色使いがカッコイイ!

今回はホイールが比較的控えめオフセットのホイールなので、スペーサー無しでかっこよく見えるようキャンバーは純正とほぼ同等で仕上げております。
アバルト レイズ
7.5Jなどすこし攻めたホイールの方にはキャンバー調整出来るのもこの車高調メリットですかね。

車高とホイールだけでかなりお車の見た目は変わります。
ABARTH RAYS
オーナー様もとてもご満足頂けてなによりでございました(*^^*)

さて明日からイベント詳細はこちらに詳しく掲載されております!

いよいよ明日からミタカ2Days!

当日の模様は合間を見ながらtwitterなどで発信できたらなと思います。
皆さまのご来店をお待ちしております!

ノーマルフェンダーに8J THREEHUNDRED es-03

以前当店にて施工させていただいた、トリブートフェラーリのオーナー様が久々に遊びに来てくださいました。

こちらのお車にTHREEHUNDREDの鍛造ブランドes-03をインストールさせて頂きました。

存在感のある足元はなんと8Jです!

ノーマルフェンダー無加工でも8J履けますよ。
よくお問い合わせ頂くのでここに書いておきます!
こちらのお車のインセットは8J-17et30となります。

ノーマルから20mm
車検ギリギリサイズと言われる7.5-17 et35よりも更に10mm
外に行きます!
あとはどういうことかわかりますよね^ ^

8Jになるとこのホイールは逆ゾリスポークが際立ってくるのです。

車高調でスタイルもきっちり決まった足元にこのホイールは抜群に似合ってますね。
8J挑戦者お待ちしております^ ^

アバルト595にOZ フォーミュラHLTをツライチで

OZのフォーミュラHLTをアバルト595に装着させて頂きました。

この写真を見てあれ?と思った方もいらっしゃると思います。
OZのホイールマッチングデータ上ブレンボキャリパー装着車は適合不可になっております。
キャリパーの縦ではなく手前のフェイス部分での干渉の恐れがある為装着できないのですが、その分をスペーサーで逃してあげれば装着は可能なんです。

さてここでもう一つ問題があります。

スペーサーは入れたいのですが、このホイールに使用するホイールは専用の小径ボルトというちょっと特殊な形状をしております。
頭が六角でなくメスネジ構造になっているのですが、要は通常の六角ボルトだとホイールのボルトホールが狭くて使用できないんです。
こういった頭のロングボルトってないんですよ。
オーナー様ご要望はこのホイールを今まで使用しているフロント11mmリヤ16mmのスペーサーをそのまま使用しての装着です。
そこで考えた方法が

スタッドボルト化です。
前後スペーサーに合わせてボルト長をチョイスして社外のメス型のナットを探してきまして無事装着の運びとなりました。
理想のホイールを理想のスタイルでお取り付けすることができました。

通常だったらつきませんでお話が終わってしまうところですがせっかくご相談頂いたお話、なんとかできないものかとお時間は頂きましたがご対応することができました。